茨城キリスト教大学

地域・社会貢献

地域・社会貢献

地域とともに歩む

その名にあるとおり、ICはキリスト教をルーツに持つ大学です。博愛の精神があふれる教えは、脈々といまに受け継がれています。大切にしているのは、地域とともに歩むこと。大学のもつ教育と研究の成果を積極的に地域に還元していく。この考えはまた、ボランティア活動に積極的な風土を培ってきました。多くの学生が、ごく普通にいろいろな地域のボランティアに取り組んでいます。そんな取り組みの一つひとつを通して、学生と大学は地域とともに成長していくのです。

ボランティア活動

ボランティア活動

ICでは学生たちが自発的にボランティアに参加しています。人から「ありがとう」と言われることが、これほどの歓びとは知らなかったと多くの学生が口をそろえます。ボランティアはきっと、講義とは違った大切な何かを残してくれるでしょう。人の役に立つ歓びを、ぜひ味わってみてください。

ボランティアについて

地域連携センターでは、学生たちにボランティアに関する情報を提供しています。ボランティアの内容は、教育、保育、福祉、イベント、町おこしなどさまざまな種類のものがあります。ボランティアをやりたいけど、うまく探せないという方は、スタッフに気軽に声をかけてください。自分にあった活動を見つける手助けができるかもしれません。

ボランティア申し込み

ボランティアには地域連携センターが窓口となるものと、直接団体に申し込むものがあります。詳しいボランティアの情報は学生支援ポータル「IC-UNIPA」に随時掲載しています。

地域社会貢献の取り組み

生涯学習

生涯学習

春期と秋期に、本学の特長を生かした講座を開講する公開講座。学び残しや学び直しのために学生とともに学ぶ制度の聴講生制度。茨城キリスト教大学は生涯学習の拠点、地域に開かれた学びと交流の場として、地域の方々の生涯学習をお手伝いします。

地域連携センターについて

地域連携センターの活動

地域社会との連携、地域活動のほかに、公開講座・県民大学など各種講座運営、聴講生に関すること、広報誌「みどりの」編集・発行、地域・教育ボランティアに関することを担当しています。

取扱窓口時間

平日 8:45〜16:45
※昼休み時間もオープンしています。
土曜日 8:45〜11:50
※日・祝及び大学指定の休日等は閉室となります。
※学内行事等の事由で閉室日・閉室時間が変更になる場合があります

本学と地域との架け橋となるよう努めてまいります。

本センターは、2016年度より新たに「地域連携推進室」から「地域連携センター」へと名称を変更し、私が初代センター長を拝命いたしました。地域連携センターは、これまで築いてきた地域との関係を大切にしながら、今まで以上に本学と地域との架け橋となるよう努めてまいります。

中島 美那子 地域連携センター長