茨城キリスト教大学

日本のカウンセリング研究、発祥の地

カウンセリング研究室

日本のカウンセリング研究発祥の地

本学のカウンセリング研究室(通称カ研)は、わが国のカウンセリング研究発祥の地であると同時に、地域社会におけるカウンセリングの拠点としても知られています。プレイルームや面接室では、地域に住む人や本学学生に対し、専任のカウンセラーがさまざまな悩みの相談に応じています。相談は、継続して行なわれる場合も多く、利用者の40%が一般の方です。こうした実践的な活動を通じて、地域の福祉向上に貢献する一方、従来のカウンセリングにとどまらず、トランスパーソナル心理学など新しい心理学やカウンセリングの理論・方法を開拓することにも挑んでいます。

カウンセリング研究室での相談を希望される方に

相談内容

  • 学生生活全般(学業、成績など)
  • 進路や将来について(退学、休学、転科、就職活動など)
  • 対人関係(友人、異性、サークル、アルバイト、家庭、職場関係など)
  • 性格の悩み
  • 不安、緊張・パニック、気分の落ち込み、不眠など
  • 家庭、子育てに関する悩み
  • より健康に生きるための相談
  • その他(スーパービジョン、コンサルテーションなど)

相談の進め方

心理専門のカウンセラーが、1回あたり約50分程度、話を伺います。初回の面接では、ご相談の内容やこれまでの経緯などをうかがいます。その後、担当カウンセラーを決定し、面接が始まります。小さなお子さんには、プレイセラピー(遊戯療法)などを含む面接を行います。なおご相談の内容によって、より適切な施設や機関をご紹介することがあります。

相談までのながれ

申し込み方法

予約制です。電話でお申し込みいただくか、カウンセリング研究室をお訪ねください。カウンセラーと日時を調整し、お越しいただく日程を決定します。なお、医療機関を受診されている方は、主治医とご相談の上、お申込みください。初回面接の際、診療情報提供書のご提出をお願いすることがあります。
TEL 0294-52-3215 内線 3280


相談の種類と料金

  • 本学学生および学園関係者  すべて無料
  • 初回のご相談  無料
  • 高校生までのお子さんのご利用  2000円
  • 一般の方のご利用  4000円 
  • スーパービジョン、コンサルテーション  4000円
  • カップル、家族面接   5000円

文書の発行や検査の実施については、別途、お尋ねください。
医療機関ではありませんので、健康保険の適用はできません。


カウンセリング選任スタッフ

岩﨑 眞和(本学教員、臨床心理士)
北川 恭子(本学職員)
黒澤 泰(本学教員、臨床心理士)
櫻井 由美子(本学教員、臨床心理士)
中島 美那子(本学教員、臨床発達心理士)
藤原 善美(本学教員、臨床心理士)
望月 珠美(本学教員、臨床心理士)

カウンセリング研究室について

カウンセリング研究室の活動

カウンセリング研究室では、本学に在籍する学生をはじめ、すべての学園関係者のさまざまなこころの悩みや相談に応じています。また地域社会に広く開かれた相談機関として、近隣にお住まいのお子さんからご高齢の方を含む、さまざまな世代やニーズをお持ちの方々に対する相談援助活動も行なっています。お話は、選任の心理専門カウンセラーがうかがいます。来室したことも含めて、相談内容および個人情報は厳守します。どうぞ安心して利用してください。

開室時間

  • 月〜金曜日  9時~16時30分
  • 土曜日    ご希望の方は、直接、研究室にお問い合わせください。
日曜、祝日、年末年始10日間はお休みです。大学が長期休暇中は、特別日程になります。