茨城キリスト教大学

文化交流学科

文学部文化交流学科

グローバル&ローカルな視野を兼ね備えた国際人になる。

現代は国際化が進み、地元と諸外国が同じ一つの世界として等しくとらえられるようになってきました。そんな今の社会において活躍するために求められるのが、多様な価値観を受け入れることのできる広い視野です。文化交流学科では、この素養を育むために、国内外のさまざまな文化に直接ふれ、多くの価値観を体験していきます。

>

文化交流学科の特徴

外国へ足を運び、異文化を体感する

実際に外国を訪れ、そこで暮らす人々の生活スタイルや価値観を体感したり、アジア地域で子どもたちに日本語や日本の文化を伝えるボランティア活動を行ったりしながら、他国の文化を吸収し、自国の文化を見つめ直します。

地域の今を学び、情報を自ら発信する

茨城県内のさまざまな企業・自治体などで活躍する人々から地域の今を学ぶ、地元に根ざしたICならではの授業を展開。学生たちも、広報誌を編集して自ら情報発信するなど、地域社会と積極的に交流を図っています。

地域社会の活性化や観光について学ぶ

茨城県北部地域の地理や歴史の変遷などを学び、地域活性化の方策について考える「ひたち学」や、観光を楽しむノウハウから観光業に就くための実践的な知識・技術まで学べる観光の授業など、特徴ある科目を設置しています。

資格取得について

取得資格

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史)
  • 日本語教育施設の教員資格
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会教育主事(任用)
  • 社会福祉主事(任用)

めざせる資格

総合旅行業務取扱管理者

文化交流学科の学びについて

学科の特徴

多種多様な文化や人とふれ合い、視野を広げること、これが文化交流学科の学びです。本学科では、海外に目を向けるグローバルな視点と、地域社会を見つめるローカルな視点をバランス良く育み、多様な価値観に対応し、国や地域を越えて活躍できる真の国際人を育てます。

学びのキーワード

異文化間コミュニケーション、海外ボランティア、海外事情、地域貢献、観光学、町おこし、日本と海外の歴史と文化、日本語教育

当たり前が当たり前じゃないと
気づいたことで、価値観が柔軟に。

文化交流体験や海外ボランティアなど、異文化にふれる機会が豊富な学科です。個性豊かな先生や授業が楽しくて、学びの幅や興味・関心がどんどん広がっていきます。自分自身も国内外のボランティアやイベント、インターンシップを体験し、異文化や人々とのふれ合いの中で、価値観の変化や自分の成長を実感しました。

大越 京也 さん 文学部 文化交流学科 3年
茨城県立茨城東高校 出身

カンボジアでのボランティア活動は
自分を見つめ直すための貴重な経験。

ボランティアでカンボジアを3回訪問しました。毎回新たな出会いや発見があり、視野が広がりました。この経験がきっかけで日本語教員への興味が湧き、研究テーマであるファストファッションの問題やフェアトレードについても知ることができました。

小泉 朱里 さん 文学部 文化交流学科 3年
茨城県立日立第二高校 出身

子どもの頃からふれてきた「童歌」の
背景や役割、あり方の変化について研究。

「口承文芸である<昔話>について研究」
2年次後期に「童歌」について調べた時に、もっと知りたいと思い、同じ口承文芸であるドイツの昔話を研究している細谷先生のゼミを選択しました。ゼミでは、まず3・4年合同のグループで、“昔話とは何か”という定義を調べて発表。その活動を通じて、型や法則があることや、外国の昔話との違いも知ることができます。その後は各自で決めたテーマについて研究していきます。

掛札 瑞穂 さん 文学部 文化交流学科 4年
茨城県立日立第二高校 出身
【細谷 瑞枝ゼミ:ドイツ文学、口承文芸研究】

地域の現場にも学びながら
柔軟な考えを身につけられます。

「地域の課題を、論文や実地から研究」
異文化にふれ、多様な価値観を知り、さまざまな考え方ができる人になりたいと思って入学。岩間ゼミでは「震災後の地域復興」「東京のスラム街における宿泊所の変遷」など、各自で決めたテーマに基づき、論文研究や地域調査を実施し、結果や改善策などをレジュメにまとめて発表します。最初に先生が例を示して、興味を研究につなげていく方法を教えてくださるので、無理なく進んでいけます。

廣木 沙紀 さん 文学部 文化交流学科 3年
茨城県立日立第一高校 出身
【岩間 信之ゼミ:都市地理学、地域活性化、観光】

カリキュラム

1年次

文化交流に関する基礎を学びます。「文化交流体験」などの実習も、1年次から履修できます。

基幹科目
1.文化交流入門 基礎演習Ⅰ 文化人類学A・B 社会学A・B
歴史学A・B 人文地理学Ⅰ・Ⅱ
文化交流を実践する
体験する
2.文化交流体験 海外事情 文化交流実習
表現する
身体と表現 編集技法
国際共生
3.海外ボランティア
地域貢献
ボランティア論 ひたち学 4.地域貢献研究
特別研究
特殊講義A・B 特別演習A・B 語学演習A・B
キャリア教育
インターンシップA・B
1.文化交流入門[1年次]

『4年間学ぶための基礎知識を身につける』
学科の全体像と文化交流に必要な基礎知識、特に地理、歴史、文化・芸術の3分野を学びます。留学生と一緒に行うグループ活動やプレゼンテーションは最初の異文化体験になるでしょう。

文化交流体験
2.文化交流体験[1~4年次]

『国内外各地に赴き、多様な文化を理解する』
教員引率のもとで学内での事前研修と10日前後の文化体験を行います。行く先は年度により違いますが、現地の学生と交流するなどさまざまな文化にふれることができます。

海外ボランティア
3.海外ボランティア[1〜4年次]

『異文化の中で生きるセンスを身につける』
カンボジアの田園地帯の中等学校で日本語・英語の授業を行います。コンビニもない地での生活、学ぶ意欲が強い子どもたちとの出会い、現地大学生との共同作業など、すべてが良質な異文化体験です。

4.地域貢献研究[1〜4年次]

『地域活性化事業の意義と課題を理解』
地域の文化を継承する方や活性化に尽力する方を外部講師として招き、茨城県北部地域の課題や理想の将来像を考える参加型の授業です。大学が進める各種の地域貢献事業とも連動しています。

2年次

文化交流に関わる知識、および スキルを向上させます。また、「民俗学」や「考古学」などの、文化を学ぶ上で基礎となる学問を学びます。

基幹科目
基礎演習Ⅱ・Ⅲ
文化人類学A・B 社会学A・B
歴史学A・B 人文地理学Ⅰ・Ⅱ
文化交流を実践する
体験する
1.文化交流体験
海外事情 文化交流実習
表現する
身体と表現 編集技法
国際共生
2.海外ボランティア
地域貢献
ボランティア論 ひたち学 3.地域貢献研究
日本語教育
日本語学A・B 日本語教育演習A・B
外国語指導技術 言語学A・B
文化を学ぶ
自然地理学Ⅰ・Ⅱ 地誌
民俗学 比較文化論A・B 比較社会論A・B
比較教育論A・B 比較宗教論 比較言語論
日本の歴史と文化 考古学Ⅰ・Ⅱ 西洋史 東洋史
日本史A・B ヨーロッパの歴史と文化A・B
中国の歴史と文化A・B 東南アジアの歴史と文化
韓国の歴史と文化 4.インドの歴史と文化
イスラムの歴史と文化 フランスの歴史と文化
ドイツの歴史と文化 北アメリカの歴史と文化
アジアの宗教 キリスト教思想A・B
日本文学 アジアの文学 欧米の文学
アジアの映画 欧米の映画 女性学
法学 生活と政治 生活と国際経済
特別研究
特殊講義A・B 特別演習A・B 語学演習A・B
キャリア教育
インターンシップA ・B 情報処理関連資格対策講座
日本語教員試験対策講座(入門)
文化交流体験
1.文化交流体験[1〜2年次]

『国内外各地に赴き、多様な文化を理解する』
教員引率のもとで学内での事前研修と10日前後の文化体験を行います。行く先は年度により違いますが、現地の学生と交流するなどさまざまな文化にふれることができます。

海外ボランティア
2.海外ボランティア[1〜4年次]

『異文化の中で生きるセンスを身につける』
カンボジアの田園地帯の中等学校で日本語・英語の授業を行います。コンビニもない地での生活、学ぶ意欲が強い子どもたちとの出会い、現地大学生との共同作業など、すべてが良質な異文化体験です。

3.地域貢献研究[1〜4年次]

『地域活性化事業の意義と課題を理解』
地域の文化を継承する方や活性化に尽力する方を外部講師として招き、茨城県北部地域の課題や理想の将来像を考える参加型の授業です。大学が進める各種の地域貢献事業とも連動しています。

インドの歴史と文化
4.インドの歴史と文化[2〜4年次]

『インドの歴史と文化に関する知見を広げる』
思想から社会構造、日常生活や食文化にいたるまで、魅惑のインド世界に時空を超えてナビゲート。世界を見る目、認識、さらには生き方を広げるような知的冒険に満ちあふれた授業です。

3年次

国際共生、観光、地域貢献、日本語教育などの専門科目をとおして、文化交流をより深く学びます。

基幹科目
文化論演習Ⅰ・Ⅱ 地球市民論
文化交流を実践する
体験する
1.文化交流体験
海外事情 文化交流実習
表現する
身体と表現 編集技法
情報社会論 ジャーナリズム研究
国際共生
2.海外ボランティア
海外フィールドワーク 国際協力A・B
異文化間コミュニケーション
国際関係論A・B

観光
観光学 観光地理学
旅行業A(約款・法令)
3.旅行業B(ホテル経営)
観光英語 観光実務
地域貢献
ボランティア論 ひたち学
4.地域貢献研究 5.地域メディア研究
地方行政学
日本語教育
日本語学A・B 日本語教育演習A・B
外国語指導技術 言語学A・B
文化を学ぶ
民俗学 比較文化論A・B 比較社会論A・B
比較教育論A・B 比較宗教論 比較言語論
日本の歴史と文化 考古学Ⅰ・Ⅱ 西洋史 東洋史
日本史A・B ヨーロッパの歴史と文化A・B
中国の歴史と文化A・B 東南アジアの歴史と文化
韓国の歴史と文化 6.インドの歴史と文化
イスラムの歴史と文化 フランスの歴史と文化
ドイツの歴史と文化 北アメリカの歴史と文化
アジアの宗教 キリスト教思想A・B
日本文学 アジアの文学 欧米の文学
アジアの映画 欧米の映画 女性学
法学 生活と政治 生活と国際経済
特別研究
特殊講義A・B 特別演習A・B 語学演習A・B
キャリア教育
インターンシップA ・B
情報処理関連資格対策講座
日本語教員試験対策講座(入門)
7.日本語教員試験対策講座(実践)
1.文化交流体験[1〜4年次]

『国内外各地に赴き、多様な文化を理解する』
教員引率のもとで学内での事前研修と10日前後の文化体験を行います。行く先は年度により違いますが、現地の学生と交流するなどさまざまな文化にふれることができます。

海外ボランティア
2.海外ボランティア[1〜4年次]

『異文化の中で生きるセンスを身につける』
カンボジアの田園地帯の中等学校で日本語・英語の授業を行います。コンビニもない地での生活、学ぶ意欲が強い子どもたちとの出会い、現地大学生との共同作業など、すべてが良質な異文化体験です。

旅行業B(ホテル経営)
3.旅行業B(ホテル経営)[3〜4年次]

『国内外のホテルの特徴・特色を知る』
ホテルの歴史と役割、ホテルで働く人たちの業務内容について学びます。日本と海外のホテルを比較しながらホテル業の現状についても知り、日本と海外の文化の違いについても理解を深めます。

4.地域貢献研究[1〜4年次]

『地域活性化事業の意義と課題を理解』
地域の文化を継承する方や活性化に尽力する方を外部講師として招き、茨城県北部地域の課題や理想の将来像を考える参加型の授業です。大学が進める各種の地域貢献事業とも連動しています。

地域メディア研究
5.地域メディア研究[3〜4年次]

『マスコミ全般の見方を修得する』
民主主義と言論の自由を守るための報道の役割と重要性について学ぶとともに、ものの見方や考え方を養います。社会生活を送る上で、物事を判断する能力を高めることにつながる授業です。

インドの歴史と文化
6.インドの歴史と文化[2〜4年次]

『インドの歴史と文化に関する知見を広げる』
思想から社会構造、日常生活や食文化にいたるまで、魅惑のインド世界に時空を超えてナビゲート。世界を見る目、認識、さらには生き方を広げるような知的冒険に満ちあふれた授業です。

日本語教員試験対策講座(実践)
7.日本語教員試験対策講座(実践)[3〜4年次]

『合格レベルの日本語教育能力を身につける』
毎年10月に行われる「日本語教育能力検定試験」合格に向けて専門知識を学び、勉強のしかたを身につけます。過去の問題や模擬試験を解いて、最新の出題傾向をつかみ、試験本番に備えます。

4年次

卒業研究などでの研鑽をとおして、4年間の学びを集大成して成果を発表します。

基幹科目
文化論演習Ⅲ・Ⅳ 卒業研究
文化交流を実践する
体験する
1.文化交流体験
海外事情 文化交流実習
表現する
身体と表現 編集技法
情報社会論 ジャーナリズム研究
国際共生
2.海外ボランティア 海外フィールドワーク
異文化間コミュニケーション 国際協力A・B
国際関係論A・B
観光
観光学 観光地理学 旅行業A(約款・法令)
3.旅行業B(ホテル経営) 観光英語 観光実務
地域貢献
ボランティア論 ひたち学 地域貢献研究
4.地域貢献研究 5.地域メディア研究
地方行政学
日本語教育
日本語学A・B 日本語教育演習A・B
外国語指導技術 言語学A・B
文化を学ぶ
民俗学 比較文化論A・B 比較社会論A・B
比較教育論A・B 比較宗教論 比較言語論
日本の歴史と文化 考古学Ⅰ・Ⅱ 西洋史 東洋史
日本史A・B ヨーロッパの歴史と文化A・B
中国の歴史と文化A・B 東南アジアの歴史と文化
韓国の歴史と文化 6.インドの歴史と文化
イスラムの歴史と文化 フランスの歴史と文化
ドイツの歴史と文化 北アメリカの歴史と文化
アジアの宗教 キリスト教思想A・B
日本文学 アジアの文学 欧米の文学
アジアの映画 欧米の映画 女性学
法学 生活と政治 生活と国際経済

特別研究
特殊講義A・B 特別演習A・B
語学演習A・B
キャリア教育
日本語教員試験対策講座(入門)
7.日本語教員試験対策講座(実践)
情報処理関連資格対策講座
1.文化交流体験[1〜4年次]

『国内外各地に赴き、多様な文化を理解する』
教員引率のもとで学内での事前研修と10日前後の文化体験を行います。行く先は年度により違いますが、現地の学生と交流するなどさまざまな文化にふれることができます。

海外ボランティア
2.海外ボランティア[1〜4年次]

『異文化の中で生きるセンスを身につける』
カンボジアの田園地帯の中等学校で日本語・英語の授業を行います。コンビニもない地での生活、学ぶ意欲が強い子どもたちとの出会い、現地大学生との共同作業など、すべてが良質な異文化体験です。

旅行業B(ホテル経営)
3.旅行業B(ホテル経営)[3〜4年次]

『国内外のホテルの特徴・特色を知る』
ホテルの歴史と役割、ホテルで働く人たちの業務内容について学びます。日本と海外のホテルを比較しながらホテル業の現状についても知り、日本と海外の文化の違いについても理解を深めます。

4.地域貢献研究[1〜4年次]

『地域活性化事業の意義と課題を理解』
地域の文化を継承する方や活性化に尽力する方を外部講師として招き、茨城県北部地域の課題や理想の将来像を考える参加型の授業です。大学が進める各種の地域貢献事業とも連動しています。

地域メディア研究
5.地域メディア研究[3〜4年次]

『マスコミ全般の見方を修得する』
民主主義と言論の自由を守るための報道の役割と重要性について学ぶとともに、ものの見方や考え方を養います。社会生活を送る上で、物事を判断する能力を高めることにつながる授業です。

インドの歴史と文化
6.インドの歴史と文化[2〜4年次]

『インドの歴史と文化に関する知見を広げる』
思想から社会構造、日常生活や食文化にいたるまで、魅惑のインド世界に時空を超えてナビゲート。世界を見る目、認識、さらには生き方を広げるような知的冒険に満ちあふれた授業です。

日本語教員試験対策講座(実践)
7.日本語教員試験対策講座(実践)[3〜4年次]

『合格レベルの日本語教育能力を身につける』
毎年10月に行われる「日本語教育能力検定試験」合格に向けて専門知識を学び、勉強のしかたを身につけます。過去の問題や模擬試験を解いて、最新の出題傾向をつかみ、試験本番に備えます。

文化交流学科サブビジュアル

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
中学校教諭一種
高等学校教諭一種
- 介護等体験[必修]
福祉施設 5日間
介護等体験[必修]
特別支援学校 2日間
中等教育実習Ⅰ・Ⅱ[必修]
中学校または高等学校 最低15日間
学芸員 - - 博物館実習[必修]
博物館 実習日数は実習先により異なる
-
日本語教育施設の
教員資格
- - 日本語教育実習[必修]
日本語学校・日本語ボランティアサークル・学内実習日数は実習先により異なる
-

[必修]:上記の資格取得に必修となる実習。

進路・就職

卒業後の道

本学科で身につけた多様な価値観を受け入れ、他者を理解する素養は、観光・ホテル、マスコミ業界をはじめ、幅広い分野で必要とされます。また、取得した資格を生かして博物館や美術館の学芸員、あるいは教員として活躍することも可能です。教員は、中学・高校だけでなく、日本語教育を主専攻で履修できるため、国内外で教える日本語教員への道も開かれています。

進路イメージ

  • 観光業
  • 日本語教員
  • 一般企業
  • 公務員
  • NGO・NPO職員
  • 中学校教員(社会)
  • 高校教員(地理歴史)
  • ジャーナリスト
  • 学芸員
  • ホテル業
  • 出版業     など

就職実績(2019年5月1日現在)

%
  • 卸売業、小売業
  • 情報通信業
  • 金融業、保険業
  • 製造業
  • 建設業
  • 運輸業、郵便業
  • 生活関連サービス業、娯楽業
  • 教育、学習支援業
  • その他
就職者65
就職希望者66

主な就職先(2019年3月卒業生)

  • 東日本旅客鉄道㈱
  • ルートインジャパン㈱
  • 帝産観光バス㈱
  • ㈱常陽銀行
  • ㈱筑波銀行
  • 茨城県信用組合
  • 水戸信用金庫
  • 茨城トヨタ自動車㈱
  • 茨城ダイハツ販売㈱
  • ㈱モビリティランド
  • ㈱ポッカクリエイト
  • ㈱日立物流東日本
  • ㈱伊勢甚本社
  • ㈱LIXILビバ
  • ㈱棟匠
  • ㈱旭物産
  • リコージャパン㈱
  • ㈱タナカ
  • ㈱日立ICTビジネスサービス
  • 検査開発㈱
  • アイ・イー・シー㈱
  • ㈱カスミ
  • P&Gプレステージ合同会社
  • つくば外語学院
  • 茨城県農業協同組合中央会
  • 常陸農業協同組合
  • 茨城県警察 ほか

卒業生の声

文化交流学科卒業生の声

外国人と接するこの仕事は毎日が異文化交流!

学びをとおして人生を豊かにするためのヒントを得よう。

文化交流学科の学びの対象は国内外に及びます。担当している「ひたち学」や「地域貢献研究」では地域の文化を再認識できます。ふるさととは何なのか、単に住んでいるところなのか。それらを考えることで、人生をより豊かにするためのヒントを得ていきます。「民俗学」や「社会学」では実際の生活に即しながら、広い視野をもって学びます。現地に赴き、聞き書きや観察など体験型の学びも重視します。

清水 博之 文学部 文化交流学科 教員

社会の問題を「自分のこと」として感じ、自ら動く楽しみを。

「文化交流学科」と名づけられていますが、ここはいろいろな基礎学問を学べる場。たとえば「地理学」は、経済や政治、歴史、民俗、地形、気象など、すべての社会科学を地表上に投影した総合的な学問です。普段は当たり前だと思っている事象にも、実はさまざまな背景があり、互いに影響し合っています。地理学は、物事の「つながり」を空間的に読み解く、とても面白い学問です。

岩間 信之 文学部 文化交流学科 教員

自分のレールを、自分で自由に敷いていける学科です。

文化交流学科では、海外の文化に関する授業を多く開講しています。教室で行われる講義スタイルの授業に加えて、「文化交流体験」という、東南アジアやヨーロッパで学ぶ機会も用意。現地で実物にふれることは、何よりの学習になります。ほかにも韓国や中国、東南アジアの協定校へ交換留学をする制度もあるので、在学中に幅広い視野を身につけてもらいたいと考えています。

宮﨑 晶子 文学部 文化交流学科 教員

文化交流学科教員一覧

文化交流学科の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。