茨城キリスト教大学

児童教育専攻

文学部児童教育学科 児童教育専攻

子どもの心に寄り添い、その成長を全身で応援できる教育者に。

教育現場では、子どもの心に寄り添い、彼らと同じ目線に立てるやさしさや感性を備えた教員が求められています。児童教育専攻では、体験型の授業や、心理学的手法を重視した学びによって、心と頭と身体をバランス良く練成。 子どもの健全な成長をうながすことのできる教育者へと育てていきます。

>

児童教育学科 児童教育専攻の特徴

教員採用試験対策は万全!

教員採用試験合格に向けて、教職歴豊かな専門スタッフを配置した教職指導室できめ細かく指導。併せて、教員採用試験対策講座、小論文対策講座、卒業生の試験体験報告会、2次試験対策指導など、充実したプログラムを用意しています。

特別支援学校教諭一種免許状の取得が可能!

本専攻では2011年4月、県内私立大学では初の特別支援学校教諭一種免許状を取得できる課程を開設。この資格を取得すると「特別支援学校」教員としての採用に加え、各学校に配置された「特別支援学級」などで活躍できるようになります。

地域の子どもたちと交流して学ぶ

日立市教育委員会と連携し、小学校で学生が教員のアシスタントとして学習をサポートする活動を行っています。教育現場で地域の子どもたちと交流しながら、学習指導方法や子どもとの接し方などを学ぶことができます。

資格取得について

取得資格

  • 小学校教諭一種
  • 日本語教育施設の教員資格
  • 社会福祉主事(任用)
  • 幼稚園教諭一種
  • 学芸員
  • 特別支援学校教諭一種 (知的障害者・肢体不自由者・病弱者)
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事(任用)

児童教育学科 児童教育専攻の学びについて

学びのフィールド

音楽、美術、体育実技、児童文化など、全身を使って学ぶ授業を重視するとともに、作物を育てる「労作体験」や自然の中で学ぶ「野外活動」など、体験型の授業を豊富に取り入れています。また、子どもの心の理解を深めるために、カウンセリングの手法も学びます。

学びのキーワード

小学校教育、豊富な体験型授業、学校カウンセリング、幼児理解と教育相談、各教科の実践的な指導、教育心理、小学校英語教育、特別支援教育

教員になるということに
大きな自信を持てる学科です。

子どもが大好きな人ばかりで、学びの意欲が高く、切磋琢磨し合える学科です。知識と経験の豊富な先生方に師事できることはとても光栄で、熱心な指導のおかげでスキルアップできます。教職指導室など、教員採用試験対策もばっちり。まったくダメだったピアノも、放課後も先生に学びながら練習して弾けるようになりました。

古澤 翔太 さん 文学部 児童教育学科 児童教育専攻 4年
茨城県立土浦第三高校 出身

児童一人ひとりに向き合いながら
しっかり配慮ができる人をめざして。

「特別支援教育を専門的に学べる環境」
特別支援教育に興味があって、先生のゼミで専門的に学びたいと思いました。私は「知能検査」を研究対象として、検査結果からその子に合った支援や学習指導の方向性のヒントを得ることをテーマにしています。こうしたゼミでの取り組みも生かし、将来は出会った児童の状態を把握した上で、一人ひとりとしっかり向き合いながら適切な配慮ができるようになりたいです。

菊池 優貴乃 さん 文学部 児童教育学科 児童教育専攻 4年
茨城県立水戸第二高校 出身
【平田 正吾ゼミ:障害児心理学】

カリキュラム

1年次

教職論や教育原理などの講義を通じて、 教員になるための基礎知識や心構えを学びます。

基幹科目

音楽Ⅰ・Ⅱ 1.美術Ⅰ・Ⅱ キリスト教教育論

専門科目

教職論 教育原理 教育課程論 教育心理学Ⅰ・Ⅱ
道徳教育の理論と方法 特別活動の理論と方法
教育方法論 2.児童文化Ⅰ 児童文化Ⅱ
言語教育Ⅰ・Ⅱ 数学教育 自然科学教育
地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 教育統計学

資格科目Ⅱ

特別支援教育総論 3.特別支援教育原論

美術Ⅰ・Ⅱ
1.美術Ⅰ・Ⅱ [1年次]

実技制作を主とした授業です。「図工科」を子どもとともに取り組むことを想定しています。ひとつの課題を完成させていく中で、さまざまな選択を思いつき、取捨選択を試みます。完成のみならず、できあがる過程の豊かさを感受してもらいたいと願う授業です。

児童文化Ⅰ
2.児童文化Ⅰ[ 1〜4年次 ]

世界中のどの文化、社会でも、人は人を育ててきました。この授業では、絵本や紙芝居、児童文学や詩、手遊び・歌遊びといった児童文化にふれることによって、学生自らがたっぷりと心を耕し、これから出会う子どもたちの主体的な育ちやそのための環境について考えます。

特別支援教育原論
3.特別支援教育原論[ 1年次 ]

特殊教育から特別支援教育へと成立・展開した過程やその背景要因を理解することにより、特別支援教育の基礎理念を学びます。また、国際生活機能分類(ICF)や発達障害者支援法など関連する動向についても学ぶことにより、特別支援教育の現代的課題について理解を深めます。

2年次

介護等体験や水泳実習へ。教材研究では、 小学生の立場に立って指導する具体的な方法を考えます。

基幹科目

労作体験Ⅰ・Ⅱ 基礎演習

専門科目
1.児童文化Ⅰ 児童文化Ⅱ 言語教育Ⅰ・Ⅱ
数学教育 自然科学教育 地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 教育行政学
音楽Ⅲ・Ⅳ 小学校音楽科教育法 美術Ⅲ・Ⅳ
小学校図工科教育法 小学校体育科研究 小学校体育科教育法
小学校国語科研究 小学校国語科教育法
小学校社会科研究 小学校社会科教育法
小学校算数科研究 小学校算数科教育法
小学校理科研究 小学校理科教育法
小学校生活科研究 小学校生活科教育法 
小学校家庭科研究 小学校家庭科教育法 
介護等体験 2.野外活動 教育史 学習心理学 教育統計学
資格科目Ⅱ
児童文化Ⅰ
1.児童文化Ⅰ[ 1〜4年次 ]

世界中のどの文化、社会でも、人は人を育ててきました。この授業では、絵本や紙芝居、児童文学や詩、手遊び・歌遊びといった児童文化にふれることによって、学生自らがたっぷりと心を耕し、これから出会う子どもたちの主体的な育ちやそのための環境について考えます。

野外活動
2.野外活動[ 2〜3年次 ]

子どもと自然との接点が失われつつある昨今、教育現場では授業に野外活動を積極的に取り入れる傾向が見られます。教員としてしっかり子どもに寄り添い指導できるよう、実際に野外で実習を経験。さまざまな体験から、効果的な準備・運営方法などを学習します。

発達障害児教育論
3.発達障害児教育論[ 2年次 ]

現在、日本の学校教育においては、自閉スペクトラム症や限局性学習症、注意欠如・多動症などの、いわゆる発達障害に対する指導や対応が求められています。本講義では、こうした一連の発達障害の特徴とともに、基本的な教育・支援法について、最新の知見を紹介しつつ学びます。

3年次

日立市内の小学校で 約1ヵ月間の初等教育実習。現場をとおして、 自己のさらなる成長を図ります。

基幹科目
児童体育Ⅰ・Ⅱ 児童教育演習Ⅰ・Ⅱ
専門科目
1.児童文化Ⅰ 児童文化Ⅱ
言語教育Ⅰ・Ⅱ 数学教育 自然科学教育
地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 介護等体験 2.野外活動
教育史 学習心理学 3.初等教育実習Ⅰ・Ⅱ
学校カウンセリングⅠ・Ⅱ 4.小学校英語教育Ⅰ・Ⅱ
児童教育特講A・B
資格科目I
保育内容総論 保育内容研究・健康
保育内容研究・人間関係
保育内容研究・環境
保育内容研究・言葉
保育内容研究・表現Ⅰ・Ⅱ
保育方法の研究 幼児理解と教育相談
資格科目Ⅱ
知的障害児の教育Ⅰ・Ⅱ 感覚障害児教育論
知的障害児の心理・生理・病理
肢体不自由児の教育 言語の発達と障害
肢体不自由児の心理・生理・病理
病弱児の教育 発達障害児の心理検査法
病弱児の心理・生理・病理 障害児福祉論
重度重複障害児教育論 世界の障害児教育
資格科目Ⅲ
学校経営と学校図書館
学習指導と学校図書館
読書と豊かな人間性
学校図書館メディアの構成
情報メディアの活用
児童文化Ⅰ
1.児童文化Ⅰ[ 1〜3年次 ]

世界中のどの文化、社会でも、人は人を育ててきました。この授業では、絵本や紙芝居、児童文学や詩、手遊び・歌遊びといった児童文化にふれることによって、学生自らがたっぷりと心を耕し、これから出会う子どもたちの主体的な育ちやそのための環境について考えます。

野外活動
2.野外活動[2〜3年次]

子どもと自然との接点が失われつつある昨今、教育現場では授業に野外活動を積極的に取り入れる傾向が見られます。教員としてしっかり子どもに寄り添い指導できるよう、実際に野外で実習を経験。さまざまな体験から、効果的な準備・運営方法などを学習します。

初等教育実習Ⅰ・Ⅱ
3.初等教育実習Ⅰ・Ⅱ[ 3年次 ]

小学校で4週間にわたって教育を実践。多くの実習生が紆余曲折しながらも、現場の先生方や子どもたちに支えられて邁進し、感動的な最終日を迎えます。その後の大学生活で課題を着実に克服しながら、ボランティアとして実習校への協力を続ける学生も多数います。

小学校英語教育Ⅰ・Ⅱ
4.小学校英語教育Ⅰ・Ⅱ[ 3〜4年次 ]

小学校で行われている英語教育の現状と課題を把握し、カリキュラムの組み方や指導法を学ぶとともに、教材についての理解を深めます。また、子どもの年齢に応じた言語習得状況を理解した上で、実際にプランを立てて、授業を行うことも体験します。

4年次

これまでの学びをとおしての教職実践演習に加え、 希望に応じて特別支援教育実習や幼稚園実習を行います。

基幹科目(表)
児童教育演習Ⅲ・Ⅳ
専門科目
1.児童文化Ⅰ 児童文化Ⅱ
言語教育Ⅰ・Ⅱ 数学教育 自然科学教育
地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 2.小学校英語教育Ⅰ・Ⅱ
児童教育特講A・B 学校カウンセリング実践
教職実践演習(小学校・幼稚園) 教育実践研究A・B
卒業研究 教育史 学習心理学
資格科目Ⅰ
初等教育実習Ⅲ
資格科目Ⅱ
特別支援教育実地演習 特別支援教育実習
資格科目Ⅲ
学校経営と学校図書館
学校図書館メディアの構成
学習指導と学校図書館
情報メディアの活用
読書と豊かな人間性
児童文化Ⅰ
1.児童文化Ⅰ[ 1〜4年次 ]

世界中のどの文化、社会でも、人は人を育ててきました。この授業では、絵本や紙芝居、児童文学や詩、手遊び・歌遊びといった児童文化にふれることによって、学生自らがたっぷりと心を耕し、これから出会う子どもたちの主体的な育ちやそのための環境について考えます。

小学校英語教育Ⅰ・Ⅱ
2.小学校英語教育Ⅰ・Ⅱ[ 3〜4年次 ]

小学校で行われている英語教育の現状と課題を把握し、カリキュラムの組み方や指導法を学ぶとともに、教材についての理解を深めます。また、子どもの年齢に応じた言語習得状況を理解した上で、実際にプランを立てて、授業を行うことも体験します。

児童教育専攻

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
小学校教諭一種 - 介護等体験[必修]
福祉施設5日間

体育実技(水泳実習)[必修]
日立市かみね市民プール 計8日間
介護等体験[必修]
特別支援学校 2日間


初等教育実習Ⅰ・Ⅱ[必修]
日立市内の小学校20日間(事前に一日観察実習あり)
-
特別支援学校教諭一種 - - - 特別支援教育実習[必修]
特別支援学校10日間
(履修要件あり)
幼稚園教諭一種 - - - 初等教育実習III[選択]
幼稚園10日間
(事前に一日観察実習あり)

[必修]:上記の資格取得に必修となる実習。
[選択]:上記の資格取得に選択となる実習。

進路・就職

卒業後の道

本専攻では、小学校教諭と特別支援学校教諭あるいは幼稚園教諭の免許状が卒業と同時に取得できるカリキュラムを編成しています。学生たちは、充実した教員採用試験対策プログラムを活用しながら、日々、教員という同じ夢に向かって互いに切磋琢磨しながら学んでいます。こうした本専攻の伝統ともいえる学習環境により、1982年の学科開設以来、多くの教員を輩出しています。

進路イメージ

  • 小学校教員
  • 各種学校講師
  • 心理判定員
  • 幼稚園教員
  • 児童養護施設職員
  • 教育関連企業
  • 特別支援学校教員
  • 教育相談員
  • 大学院進学 など

就職実績(2017年5月1日現在)

%
  • 教育、学習支援業
  • 卸売業、小売業
  • 公務
  • 医療、福祉
  • 生活関連サービス業
  • 製造業
  • 建設業
  • 運輸業、郵便業
  • その他
就職者64
就職希望者67

主な就職先(2017年3月卒業生)

  • 日立市立塙山小学校
  • 日立市立金沢小学校
  • 東海村立中丸小学校
  • ひたちなか市立高野小学校
  • ひたちなか市立勝倉小学校
  • 那珂市立菅谷小学校
  • 水戸市立浜田小学校
  • 水戸市立内原小学校
  • 茨城町立長岡小学校
  • 鉾田市立鉾田小学校
  • 鹿嶋市立鹿島小学校
  • 石岡市立葦穂小学校
  • 行方市立玉造小学校
  • かすみがうら市立下稲吉東小学校
  • 取手市立白山小学校
  • 稲敷市立高田小学校
  • 古河市立上辺見小学校
  • 足利市立南小学校
  • 郡山市立富田小学校
  • 茨城県立常陸太田特別支援学校
  • 茨城県立水戸特別支援学校
  • 茨城県立内原特別支援学校
  • 茨城県立土浦特別支援学校
  • 全日本空輸㈱
  • 警視庁
  • 那珂市役所 ほか

卒業生の声

児童教育専攻卒業生の声

児童の学年に適した接し方や一人ひとりの個性に合わせた指導のしかたを、日々研究。基本はやはり、愛情と笑顔です。

愛と勇気を持って、
楽しく実行していく力を育みましょう。

この学科では「心と頭と手」という全人教育の理念を掲げています。子ども、地域の人々、社会、自然などに対する豊かな感性を育て、体系的で専門的な知識を伝え、さらに学んだことを勇気を持って実行できる力を育むことをめざしています。そのため、専門科目とともに、音楽や美術、体育、労作などの体験も通じて、繊細で豊かな感受性を培っていきます。知識や技能に「心」を通わせることで、やさしさと強さを兼ね備えた人間性が身につくのです。

藤原 善美 文学部 児童教育学科 教員

児童教育学科の教員一覧

児童教育学科 児童教育専攻の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。