茨城キリスト教大学

児童教育専攻

文学部児童教育学科 児童教育専攻

子どもの成長と一緒に歩める精神を育み
心を深く理解できる児童教育のプロへ

小学校や特別支援学校に通う子どもたちと真正面から向き合える教員の養成を、児童教育専攻は教育の目的とします。心理学的な手法や体験型授業を重視するカリキュラムは、子どもと同じ目線に立ち、言葉として表されない心も理解できる力を育むため。子どもに寄り添いつつ一人ひとりの成長を自らの喜びにできる精神と、日々の小さな変化に気づく繊細な観察眼を持ち、科学的な根拠に基づく的確な指導ができる、児童教育のプロとしての総合力を育てます。

>

児童教育学科 児童教育専攻の特徴

実体験を子どもに伝えられるよう体験型の授業を重視

自然環境や表現活動について、手を動かし肌で感じた体験を、教育現場で生かせるよう体験型授業を重視しています。例えば「労作体験 」では学内で作物を育て、その経験を小学校で自然の不思議と生命の尊さを教える際に生かします。

教員採用試験の合格をめざし専門スタッフが万全の支援

教員採用試験の合格をめざす学生のサポートに力を入れています。教職歴の豊かな専門スタッフが試験対策を行い、丁寧に指導します。ほかにも小論文対策講座、2次試験対策指導、卒業生による報告会などのプログラムを充実させています。

特別支援学校教諭の養成課程は県内の私立大学で設置第1号

ICは、特別支援学校教諭一種免許状を取得できる課程を、県内で初めて設置した私立大学。児童教育専攻で学んだ卒業生が、すでに特別支援学校の教員や各学校に設置された特別支援学級の担当として活躍しています。

児童教育専攻の学びについて

学びのポイント

音楽、美術、体育、児童文化など、全身を使って学ぶ授業を重視。作物を育てる「労作体験」や自然のなかで学ぶ「野外活動」では、児童教育の諸活動も体験。こうした体験型の科目と併せて、カウンセリングの手法も修得し、子どもの心の理解を深めます。理論と実践をバランス良く学んでいきます。

取得資格

  • 小学校教諭一種
  • 特別支援学校教諭一種*( 知的障害者・肢体不自由者・病弱者)
  • 学校図書館司書教諭
  • 日本語教育施設の教員資格
  • 学芸員
  • 社会福祉主事(任用)
  • 社会教育主事(任用)

※本専攻で特別支援学校教諭一種を取得する場合、小学校教諭一種と併せて取得することになります。特別支援学校教諭のみの取得はできません。

登校することが待ち遠しくなるほど
楽しい小学校生活を
児童に用意できる教師になる

心理学の考え方やカウンセリングの手法を活用して子どもへの理解を深めるために、非行と家庭との関わりを研究テーマにしました。

池田 歩実 さん 児童教育学科 児童教育専攻 3年
茨城県立 佐和高校 出身

多様な人と接し
身近な人を支えることの
大切さを実感した4年間

「教育実習を経験し教師への道を確信する」
学べば学ぶほど、児童の成長を支えることの難しさを感じていましたが、教育実習先で子どもたちを目の前にした瞬間、視界が開けました。それからの4週間は、楽しさと驚きと感動の連続。実習の直前まで、教師になることへの不安を感じていた私が、実習を終えて小学校を去る時には、「絶対に教師になる」という意欲に満ちていました。私を一気に成長させてくれたのは、教育実習で出会った子どもたちです。

花崎 美卯 さん 児童教育学科 児童教育専攻 4年
茨城県立 日立第二高校 出身

教師をめざす人にとって
最適な環境で学ぶことができます

学生と教員の距離が近く、サポートが充実していることに魅力を感じています。 同じ目標を持つ友人とともに、 熱意ある先生方の指導のもと、意欲的に学んでいます。たくさんの人と関わり、豊かな人間性を身につけて将来に生かしたいと思います。

熊谷 康太 さん 文学部 児童教育学科 児童教育専攻 3年
茨城県立 多賀高校 出身

講義で学んだ知識を実践することで、
学びをより深めています

「心理療法を実際に体験して、気づきを得る」
藤原先生の講義で教育心理学に興味を持ち、教育現場でも実践できるようになりたいと考えて、このゼミに入りました。 私たちの言動は深いところで心理状態と結びついていることを知り、とても興味深く感じています。 芸術療法、遊戯療法などの心理療法を実際に体験し、学びを深めながら、不登校やいじめなどのテーマについて研究し発表を行っています。

冨山 佳菜 さん 文学部 児童教育学科 児童教育専攻 3年
茨城県立 太田第一高校 出身
【藤原 善美ゼミ:臨床心理学、教育心理学】

カリキュラム

1年次

基幹科目
音楽Ⅰ・Ⅱ 美術Ⅰ・Ⅱ
キリスト教教育論 基礎演習
専門科目
教職論 教育原理 教育課程論 教育心理学Ⅰ・Ⅱ
道徳教育の理論と方法 特別活動の理論と方法
教育方法論 教育行政学 書写 児童文化Ⅰ・Ⅱ
言語教育Ⅰ・Ⅱ 数学教育 自然科学教育
地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 特別支援教育 教育統計学
資格科目Ⅱ
1.特別支援教育原論[1年次]

特別支援教育の制度やシステムを理解する科目です。その定義や理念、教育の特徴、関連する法律などを学んだうえで、特別支援学校での教育や小学校での支援システムについての課題を考えます。授業はグループワークを基本とし、学生同士の議論を通して特別支援教育への理解を深めます。

2年次

専門科目
児童文化Ⅰ・Ⅱ 言語教育Ⅰ・Ⅱ 数学教育 自然科学教育
地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 特別支援教育 音楽Ⅲ・Ⅳ 小学校音楽科教育法
美術Ⅲ・Ⅳ 小学校図工科教育法 1.小学校体育科研究
小学校体育科教育法 小学校国語科研究 小学校国語科教育法
小学校社会科研究 小学校社会科教育法 小学校英語教育Ⅰ・Ⅱ
小学校算数科研究 2.小学校算数科教育法 小学校理科研究
小学校理科教育法 小学校生活科研究 小学校生活科教育法
小学校家庭科研究 小学校家庭科教育法 外国語(英語)教育法
介護等体験 野外活動 教育史 学習心理学 教育統計学
資格科目Ⅱ
発達障害児教育論
1.小学校体育科研究[2年次]

児童期における心身の発育状況、運動能力の発達の推移、安全な運動の実施方法など、運動学習・運動指導に関する基礎的な知識や、小学校体育科で取り扱う運動の実施方法を運動実践を交えて学びます。この授業を通して、授業を計画する力、運動のポイントを押さえた指導をするための視点を身につけます。

2.小学校算数科教育法[2年次]

小学校で教える算数科の全体を理解し、授業づくりのための具体的な方法や指導案の作成法を学びます。さらに作成した指導案に基づいた模擬授業を行い、指導の実際を体験するとともに、良い点や改善点を討論。この経験により、将来教壇に立った時に授業をより良くする技術を身につけます。

3年次

基幹科目
労作体験Ⅰ・Ⅱ 児童教育演習Ⅰ・Ⅱ 児童体育Ⅰ・Ⅱ
専門科目
児童文化Ⅰ・Ⅱ 言語教育Ⅰ・Ⅱ 数学教育
自然科学教育 地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 特別支援教育
介護等体験 野外活動 教育史 学習心理学
初等教育実習Ⅰ・Ⅱ 保育方法の研究
総合的な学習の時間の教育法 生徒・進路指導の理論と方法
教育相談の基礎 児童教育特講A・B
資格科目I
保育内容総論 保育内容教育法・健康 保育内容教育法・人間関係
保育内容教育法・環境 保育内容教育法・言葉
保育内容教育法・表現Ⅰ・Ⅱ 幼児理解 教育相談
資格科目Ⅱ
特別支援教育総論 知的障害児の教育Ⅰ・Ⅱ 知的障害児の心理・生理・病理
肢体不自由児の教育 肢体不自由児の心理・生理・病理 病弱児の教育
病弱児の心理・生理・病理 重度重複障害児教育論 感覚障害児教育論
言語の発達と障害 発達障害児の心理検査法 障害児福祉論 世界の障害児教育
資格科目Ⅲ
学校経営と学校図書館
学校図書館メディアの構成
学習指導と学校図書館
情報メディアの活用
読書と豊かな人間性

4年次

基幹科目
児童教育演習Ⅲ・Ⅳ
専門科目
児童文化Ⅰ・Ⅱ 言語教育Ⅰ・Ⅱ 数学教育
自然科学教育 地域社会研究Ⅰ・Ⅱ 特別支援教育
教育史 学習心理学 教育相談実践 教職実践演習
教育実践研究A・B 卒業研究
資格科目Ⅰ
初等教育実習Ⅲ
資格科目Ⅱ
特別支援教育実地演習 特別支援教育実習
資格科目Ⅲ
学校経営と学校図書館
学校図書館メディアの構成
学習指導と学校図書館
情報メディアの活用
読書と豊かな人間性
児童教育専攻

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
小学校教諭一種 - 介護等体験
福祉施設5日間

体育実技(水泳実習)
日立市かみね市民プール 計8日間
介護等体験
特別支援学校 2日間


初等教育実習Ⅰ・Ⅱ
実習協力校(小学校)20日間(事前に一日観察実習あり)
-
特別支援学校教諭一種 - - - 特別支援教育実習
特別支援学校10日間
(履修要件あり)

進路・就職

卒業後の道

充実した教員採用試験対策プログラムを活用しながら、教員という夢に向かって学んだ学生たちは、その多くが、卒業後、茨城県内の小学校や特別支援学校で活躍しています。教員採用試験でも例年確実に実績を残しており、学科開設以来、多数の教員を輩出しています。

めざせる職種・業界

  • 小学校教員
  • 特別支援学校教員
  • 各種学校講師
  • 児童養護施設職員
  • 教育相談員
  • 心理判定員
  • 教育関連企業 など

就職実績(2021年5月1日現在)

%
  • 教育、学習支援業
  • 卸売業、小売業
  • 地方公務
  • サービス業
  • 医療、福祉
  • 金融業、保険業
  • その他
就職者80
就職希望者80

主な就職先(2021年3月卒業生)

  • 日立市立諏訪小学校
  • 日立市立宮田小学校
  • ひたちなか市立田彦小学校
  • ひたちなか市立東石川小学校
  • ひたちなか市立高野小学校
  • 水戸市立石川小学校
  • 水戸市立梅が丘小学校
  • 水戸市立上中妻小学校
  • 大子町立依上小学校
  • 土浦市立真鍋小学校
  • つくば市立竹園西小学校
  • 守谷市立御所ケ丘小学校
  • 牛久市立おくの義務教育学校
  • 茨城県立勝田特別支援学校
  • 茨城県立北茨城特別支援学校
  • 茨城県立つくば特別支援学校
  • 茨城県立霞ケ浦聾学校
  • 児童養護施設石崎学園
  • 公益財団法人東海村文化・スポーツ振興財団
  • ひたちなか市役所 ほか

卒業生の声

児童教育専攻卒業生の声

ボランティア活動の経験と
変わることのない感動

子どもが持つ力を引き出すため
教育の現場で活用できる
心理学を身につけてほしい

学校では、教師によるカウンセリング・マインドを持った対応が求められています。

藤原 善美 児童教育学科 児童教育専攻 教員
専門:臨床心理学/教育心理学

あたりまえの中に“疑問”を見つける力を身につけよう

本専攻では、小学校教員に必要な資質、能力をバランスよく身につけることができます。また、現場を知り尽くす教員たちが教育実習や教員採用試験に向けた万全のサポートを行っています。

斎藤 遼太郎 文学部 児童教育学科 教員

子どもたちの多様な個性に寄り添う方法を修得しよう。

本専攻では多様な子ども一人ひとりに寄り添うための方法を学びます。「心理学的手法」を重視した学びや、自然の中での体験型の授業が充実していることが特徴で、それらを通じて「頭と心と身体」のバランスのとれた教育者を育成します。

斎藤 遼太郎 文学部 児童教育学科 教員

児童教育学科の教員一覧

児童教育学科 児童教育専攻の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。