茨城キリスト教大学

学部・大学院

学部・大学院

学部

英語教育
プログラム

本当に話せる英語を身につける
伝統の英語教育

ICは創立以来、国際感覚にあふれる人材の育成に力を注いできました。 国際感覚を磨くためには、他国の文化や人々とふれ合い理解するとともに、 自国の文化や自分の価値観も伝えられなければなりません。その最も基本となるツールが英語。 ICでは、生きた英語を学ぶ機会を豊富に提供することによって、 世界とコミュニケーションをすることができる「話せる英語力」を育成しています。

英語教育プログラムの特徴

実践的英語力が身につく環境

実践的英語力が
身につく環境

ICでは、学部・学科を問わず、生きた英語を一人ひとりのレベルに合った方法で学びます。会話やコミュニケーション活動を豊富に取り入れ、正しい発音を習得するため独自の「発音検定」も実施。英語教員をはじめ、英語を使って社会で活躍する多くの卒業生が、その英語力を高く評価されています。

異文化理解とコミュニケーション

異文化理解と
コミュニケーション

「話せる英語力」、それは英語で文化を語れることです。ICでは、異文化への理解を深められるよう、海外での異文化体験を全学教養科目に設置するとともに、海外からの留学生をサポートする「バディシステム」を導入し、他国の文化と出会い、コミュニケーションを取る機会を豊富に用意しています。

チャットアワー

チャット
アワー

「チャットアワー」は、英語を母語とする教員や留学生と、楽しく英語でおしゃべりできる時間。ランチタイムや空き時間などを利用して、日常的に生きた英語にふれることができます。リラックスした雰囲気の中で、英語での会話に親しむうちに、授業で教わらないような楽しい表現もたくさん学べます。

幅の広い学部・学科を横断し、「なぜ?」を学ぶかを重視しながら、「求める」ことのできる人へと成長。

ICは幅広い人材を有する総合大学であり、同時に、小規模でアットホームな雰囲気があるからこそ、全学的な協力体制を構築できます。他学部・他学科の学生たちとも知り合い、お互いに刺激を与え合える環境づくりの意味も込めて、幅の広い学部・学科を横断する全学教養科目を設けています。「教養教育」を通じて、学生がそれぞれの学科内にとどまることなく、広く大学全体を自分の世界だと感じられるようなキャンパスをめざしているのです。

藤田 悟 全学教養課程 センター長

実りある学生時代にするために、多くの経験を積み重ねましょう。

学生時代の体験は、これからの人生にとってかけがえのないものとなります。ぜひ、貴重な時間を有効に使い、国内外を問わずさまざまな体験をしてください。本学ではそんなみなさんを支援する態勢が整っています。

上野 尚美 文学部長

みなさんにはなんにでも積極的に取り組む姿勢を期待しています!

人間のための心理と福祉、食物と健康について学修し、社会に貢献する人材が求められています。大いに学び、専門性と実践力を培っていきましょう。みなさんにはなんにでも積極的に取り組む姿勢を期待しています!

渡辺 敦子 生活科学部長

高い志と深い隣人愛をもって、大人への道をともに歩みましょう。

成熟期に入った看護学部は、より質の高い教育を広めるべく、さらなる高みをめざそうとしています。高い志と深い隣人愛をもって、大人への道をともに歩みましょう。きっと輝かしい未来と、新しい看護学が見えてくると思います。

山本 真千子 看護学部長

組織の経営に求められる広い視野と、人間性豊かな創造力を身につけていってください。

経営学部で学べる多様な専門科目や、それぞれ個性的な各種企業の経営者のお話、またグローバル化や地域問題といった話題を通じて、組織の経営に求められる広い視野と、人間性豊かな創造力を身につけていってください。

栁沼 壽 経営学部長