茨城キリスト教大学

[看護学部看護学科]高度な知識・技術を持ち、心の通ったケアを行える看護職者に。

看護学部看護学科

高度な知識・技術を持ち、心の通ったケアを行える看護職者に。

社会では今、病院だけでなく、高齢者施設での看護や在宅での支援といった、身近な看護へのニーズが高まっています。求められるのは、心の通ったケア。看護学科では、少人数教育による丁寧な指導を通じて高度な専門知識・技術と、豊かな人間性を兼ね備えた看護の専門職者を育てます。

>

看護学科の特徴

少人数教育で看護学プラスαの力を養う

看護学の基礎を学ぶ「科学的思考基礎演習Ⅰ」では、少人数のグループに分かれ、自ら調べて発表し、課題を解決する能力を養います。複数の領域の教員が指導にあたるため、多角的な視野も身につけることができます。

地域と連携し、地域に貢献する看護学を学ぶ

学外実習は、水戸赤十字病院、日立製作所日立総合病院など地域を代表する医療機関や、保健所、市町村保健センター、高齢者施設などで実施。また、在宅看護や原子力災害など、地域性をふまえた授業も行います。

養護教諭一種免許状も取得できるカリキュラム

養護教諭は学校の「保健室の先生」として、児童や生徒の健康管理、心の悩み相談、保健教育を行います。本学科では「養護教諭一種免許状」の資格取得が可能。看護師の資格を併せ持つ先生としての活躍が期待されます。

資格取得について

資格取得

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格[選抜制]
  • 養護教諭一種[選択制]
  • 社会福祉主事(任用)

看護学科の学びについて

学科の特徴

1・2年次では、人間の生命の尊さを理解し、看護の基本的な知識・技術・態度を身につけます。3年次からは学外実習で実践的な看護技術を磨くとともに看護観を深め、健康問題の原因解明と解決方法などについて、広い視野から考えられる能力を養います。

学びのキーワード

  • 看護学
  • 病院実習
  • セルフケア
  • グループワーク
  • 産業保健
  • 公衆衛生
  • メンタルヘルス
  • 保健室の先生

患者さまが「どうしてほしいか」を
常に患者さまの立場で考えられるように。

「入院中の子どもの権利について研究」
「集中治療室に入院している子どもの権利を守る看護」をテーマに研究に取り組んでいます。医療機器に囲まれた夜も明るい病棟での制限された生活、面会制限で家族がいない状況は、子どもの成長発達の妨げになっています。治療に加え、成長発達の面でも何ができるか、病院で3週間の事例研究を行いました。正解のない難しいテーマですが、これからも常に考えていきたいと思っています。

征矢 芽久 さん 看護学部 看護学科
2019年3月卒業
茨城県立水戸第二高校 出身
【松澤 明美ゼミ:小児看護学】

患者さまの心に寄り添い、
望む人生を送る手助けができるように。

患者さまに心の通ったケアができるように、さまざまな視点で物事を見る力を養える学科です。低年次からの実習で現場を知ることは、自分なりの看護のあり方を発見することにもつながります。今後は患者さまに寄り添ったケアのための関わり方も学んでいきたいです。

滝 冬香 さん 看護学部 看護学科 4年
茨城県立日立第一高校 出身

学んだことを実践することで
知識や技術が身につくと感じます

中学生の頃から看護師や助産師という職業に興味を持っていました。看護学科は仲間とともに学びを深めていけます。課題に協力して取り組み、助け合いながら理解できます。今後は自分が興味を持つ領域を深く学び、人の心に寄り添える看護師をめざします。

荒井 奈那 さん 看護学部 看護学科 3年
茨城県立 土浦第二高校 出身

研究を深めて、将来は保健師として
育児不安のあるお母さんたちを助けたい

「実習での体験から研究テーマを選択」
保健師経験のある先生のもとで学びを深めたいと考え、このゼミを選びました。実習の際、保健師さんたちが豊富な知識と経験によってさまざまな母子のリスクを予測しているのを目の当たりにしました。そこで、保健師が予測する母子のリスクにはどのようなものがあるのか興味を持ち、支援はどのように行っているのかを研究しています。ゼミでの学びは、 将来、保健師として働くための準備にもなると考えています。

柴田 夏季 さん 看護学部 看護学科 4年
茨城県立 日立第一高校 出身
【叶多 博美ゼミ:公衆衛生看護学】

カリキュラム

1年次

1週間かけて行う早期看護体験実習で看護の仕事に対する視野を広げます。

人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進
人体構造機能学A・B 生化学
栄養・代謝学 感染と防御(微生物学)
健康支援と倫理・社会
医療倫理 社会保障制度論
保健医療福祉行政論 保健医療看護経済学

健康現象の疫学と統計
公衆衛生学
看護学の基本
1.早期看護体験実習 看護学概論
2.援助技術論A(日常生活の援助技術)
科学的思考基礎演習Ⅰ(看護学へのアプローチ)
科学的思考基礎演習Ⅱ(コミュニケーションと人間関係)
3.科学的思考基礎演習Ⅲ(ヘルスアセスメントの基礎)
看護関係法規
看護学の発展
国際看護論演習
早期看護体験実習
1.早期看護体験実習[1年次]

『さまざまな健康状態にある対象者を知る』
医療機関、保健機関、福祉施設での見学実習や振り返り学習を通じて、さまざまな健康状態にある地域の人々を対象とした看護の広がりと多様性を学びます。早期から看護学への関心を高めます。

援助技術論A(日常生活の援助技術)
2.援助技術論A(日常生活の援助技術)[1年次]

『対象者の生活行動の生理的意義などを理解』
すべての看護行為に共通する基礎的技術を学びます。また、さまざまな発達段階や健康レベルにある対象者の日常生活行動の援助技術や、健康状態の診断、治療に伴う援助技術についても学びます。

科学的思考基礎演習Ⅲ(ヘルスアセスメントの基礎)
3.科学的思考基礎演習Ⅲ(ヘルスアセスメントの基礎)[1年次]

『ヘルスアセスメントの意義を考える』
看護の対象者の健康状態を正しく判断するための基礎的知識と技術を身につけます。人体の構造と機能、心の働きに関する知識をもとに、問診、視診、打診、聴診などの技術や評価方法を学びます。

2年次

演習で、科学的思考によるアプローチの方法を学び、病院での基礎看護学実習に生かします。

人体の構造と機能、疫病の成り立ちと回復の促進
人体構造機能学演習 食物健康実習 病理病態学
薬理学 疾病治療論A(成人・高齢者)
疾病治療論B(小児・母性・精神)
健康支援と倫理・社会
カウンセリング技術
健康現象の疫学と統計
疫学
看護学の基本
看護倫理 科学的思考基礎演習Ⅳ(ヘルスアセスメントの応用)
1.援助技術論B(診療に伴う援助技術)
精神保健(発達段階と場に応じたメンタルヘルス)
2.健康教育論(理論・実践) 基礎看護学実習
看護展開の基礎
科学的思考基礎演習Ⅴ(看護実践力の基礎) 成人看護学概論
高齢者看護学A(高齢者の健康と障害)
3.小児看護学A(健康な小児の生活支援) 
母性看護学A(リプロダクティブヘルスケア)
精神看護学A(心の基本理解と健康) 公衆衛生看護学概論
在宅看護学A(在宅療養者・家族の理解)
看護展開の応用
4.成人看護学A(セルフケア)
公衆衛生看護活動展開論A(発達・健康課題と看護)
学校保健 公衆衛生看護学実習A(活動展開の基礎)
看護学の発展
国際看護論演習
援助技術論A・B
1.援助技術論A・B[1~2年次]

『対象者の生活行動の生理的意義などを理解』
すべての看護行為に共通する基礎的技術を学びます。また、さまざまな発達段階や健康レベルにある対象者の日常生活行動の援助技術や、健康状態の診断、治療に伴う援助技術についても学びます。

健康教育論
2.健康教育論[2年次]

『保健行動を促すための理論を理解する』
保健行動を促すための基本的な理論を学び、人々が主体的に健康づくりに取り組むための支援のあり方について考えます。演習では企画書の作成などをとおして看護職に求められる能力を養います。

小児看護学A・B
3.小児看護学A・B[2~3年次]

『小児の健康保持・増進のための支援を考察』
子どもの成長発達や、子どもと家族の健康をより促進させるための看護援助のあり方について学びます。また、健康障がいのある子どもと家族の問題解決に必要な援助方法についても学びます。

成人看護学A(セルフケア)
4.成人看護学A・B[2~3年次]

『急性期、回復期などの経過別看護を理解』
大人を対象として、最適な健康を維持・増進するための看護援助を学びます。Aでは糖尿病患者が行う自己血糖測定の演習などを行い、Bでは救命救急や手術を受ける患者の看護について学びます。

3年次

高齢者・成人・母性・精神・小児・在宅などの各領域に関する看護学実習を実施します。

健康現象の疫学と統計
保健統計
看護展開の応用
科学的思考基礎演習Ⅵ(看護実践力の応用)
1.成人看護学B(ペリオペレイティブケア・クリティカルケア)
高齢者看護学B(高齢者の健康障害と看護)
2.小児看護学B(小児の健康障害と看護) 母性看護学B(ペリネイタルケア)
精神看護学B(心を病む人の理解とセルフマネジメント)
在宅看護学B(在宅療養を支える看護)
公衆衛生看護活動展開論B(公衆衛生看護技術)
公衆衛生看護活動展開論C(組織活動・社会資源)
成人看護学実習 高齢者看護学実習 小児看護学実習
母性看護学実習 3.精神看護学実習 在宅看護学実習
看護学の発展
国際看護論演習
成人看護学A・B
1.成人看護学A・B[2~3年次]

『急性期、回復期などの経過別看護を理解』
大人を対象として、最適な健康を維持・増進するための看護援助を学びます。Aでは糖尿病患者が行う自己血糖測定の演習などを行い、Bでは救命救急や手術を受ける患者の看護について学びます。

小児看護学A・B
2.小児看護学A・B[2~3年次]

『小児の健康保持・増進のための支援を考察』
子どもの成長発達や、子どもと家族の健康をより促進させるための看護援助のあり方について学びます。また、健康障がいのある子どもと家族の問題解決に必要な援助方法についても学びます。

精神看護学実習
3.精神看護学実習[3年次]

『対象に応じた看護を実施できるように』
精神障がい者の回復、社会復帰、地域生活維持のための看護を学びます。対象者との関わりを振り返るとともに、保健医療福祉チームの一員としての役割を意識し、自己の倫理観を確認します。

4年次

公衆衛生看護学実習と、看護師・保健師の国家試験対策を実施。養護教諭をめざす学生は養護実習を履修します。

看護展開の応用
公衆衛生看護管理論(健康危機管理を含む)
学校健康相談 産業保健
公衆衛生看護学実習B(活動展開の応用)


看護学の発展
国際看護論演習 国際看護論
看護マネジメント(医療安全含む)
看護教育学 研究方法論 研究方法論演習Ⅰ・Ⅱ
看護生体情報論 リハビリテーション看護
がん看護 1.災害看護(放射線災害を含む)
ターミナルケア論 代替療法と看護
生と死の倫理
科学的思考基礎演習Ⅶ(看護プロフェッショナルへの学び)
総合実習
災害看護
1.災害看護[4年次]

『災害が人々の健康生活に及ぼす影響を知る』
災害時における医療と看護の特殊性を理解し、被災地域のために活動できる基礎的能力を養います。演習をとおして、安全かつ安心して生活できる環境づくりと看護活動について考えます。

看護学科

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格*1
早期看護体験実習[必修] 基礎看護学実習[必修]
公衆衛生看護学実習A[必修]
高齢者看護学実習[必修]
成人看護学実習[必修]
母性看護学実習[必修]
精神看護学実習[必修]
小児看護学実習[必修]
在宅看護学実習[必修]
公衆衛生看護学実習B[保健師必修]
総合実習[必修]
養護教諭一種*2 - - - 養護実習[必修]

[必修]:上記の資格取得に必修となる実習。
[保健師必修]:上記の保健師国家試験受験資格取得に必要となる実習。
*1:2020年度入学者より、保健師国家試験受験資格の取得課程は選抜制になりました。
*2:履修要件あり。

ニュース

進路・就職

卒業後の道

看護師は、医療機関や高齢者施設での看護、在宅での支援、さらには国際看護と活躍の場が広がっています。保健師も、地域の保健所や保健センターのほか、一般企業で産業保健師として働くなど、多様な道が開けています。また本学科では、養護教諭一種免許状の取得が可能で、看護師の資格を併せ持つ養護教諭としての活躍が期待されます。

進路イメージ

医療・看護関係
  • 医療機関
  • 訪問看護ステーション
  • 看護教育機関 など
 
保健関係
  • 保健所
  • 市町村保健センター
  • 企業保健センター
  • 学校保健室(養護教諭) など
 
福祉関係
  • 社会福祉協議会
  • 地域包括支援センター
  • 社会福祉施設
  • 在宅福祉サービス施設 など

就職実績(2020年5月1日現在)

%
  • 医療業、保健衛生
  • 地方公務
  • 学校教育
  • その他の教育、学習支援業
就職者81
就職希望者81

主な就職先(2020年3月卒業生)

  • ㈱日立製作所日立総合病院
  • ㈱日立製作所ひたちなか総合病院
  • 水戸赤十字病院
  • 水戸協同病院
  • 土浦協同病院
  • 水戸済生会総合病院
  • 茨城県立中央病院
  • 茨城県立こども病院
  • 筑波メディカルセンター病院
  • つくばセントラル病院
  • 牛久愛和総合病院
  • 茨城県西部メディカルセンター
  • 福島労災病院
  • いわき市医療センター
  • 津田沼中央総合病院
  • 埼玉病院
  • 筑波大学附属病院
  • 日本医科大学付属病院
  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 順天堂大学医学部附属浦安病院
  • 東京歯科大学市川総合病院
  • 昭和大学横浜市北部病院
  • 東邦大学医療センター大森病院
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター
  • 茨城県(保健師)
  • 高萩市(保健師) ほか

卒業生の声

看護学科卒業生の声

患者さまの安心・安全を第一に考えながら 看護師としての知識を深め、地域に貢献していきたい。

多岐にわたる保健師の仕事に魅力を感じてもらいたい。

看護師になりたいという学生が多い中、保健師の仕事に興味を持ち、保健師になりたいと思ってもらえるような授業や実習を展開しています。糖尿病や認知症など身近なテーマを取り上げ、病気のメカニズムや予防法について、対象者への指導案の作成をとおして学びます。また、地域や保健師の仕事を理解するため、日立市の保健師と住民の方を講師に招き、事例や体験談を聞く機会も設けています。

叶多 博美 看護学部 看護学科 教員

「こころ」を理解することで、人との接し方が深くなります。

看護とは、「こころ」をキーワードにして学んでいく学問だと思います。人の心は、目で見たり手で触れたりできるものではありませんが、必ず個々に存在します。その心と接していくときに試されるのが、自分自身の感性です。そのため、学生時代にはまず、自分のアイデンティティーをしっかりと確立することが重要なのです。これは現場で人間関係を築く際にも欠かせない素養となります。また、私の専門である精神領域では、抽象的な現象について説明する機会も多いので、なるべく具体的な例を挙げるとともに、もし私だったらと考える「状況的エンパシー(共感)」を持って相手に接することの大切さを強調しています。心の成り立ちや働きについてはいまだわからないことが多い中、少しでもそれを理解し、病で苦しむ人たちの手助けができる存在になることを、学生も、私たち教員自身もめざしています。

栗原 加代 看護学部 看護学科 教員

療養者と家族に寄り添いながら、自立を支える看護専門職をめざして

看護学科では、看護職にとって最も大切な「深い人間理解」を学びます。看護展開に必要な科学的思考と判断力を身につけるため、演習科目を柱に、4年間を通じて看護の各領域を体系的・総合的に積み上げていきます。

前田 和子 看護学部 看護学科 教員

看護学科教員一覧

看護学科の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。