茨城キリスト教大学

[看護学部看護学科]高度な知識・技術を持ち、心の通ったケアを行える看護職者に。

看護学部看護学科

高度な知識・技術を持ち、心の通ったケアを行える看護職者に。

社会では今、病院だけでなく、高齢者施設での看護や在宅での支援といった、身近な看護へのニーズが高まっています。求められるのは、心の通ったケア。看護学科では、少人数教育による丁寧な指導を通じて高度な専門知識・技術と、豊かな人間性を備えた看護の専門職者を育てます。

>

看護学科の特徴

少人数教育で看護学プラスαの力を養う

看護学の基礎を学ぶ「科学的思考基礎演習Ⅰ」では、少人数のグループに分かれ、自ら調べて発表し、課題を解決する能力を養います。複数の領域の教員が指導にあたるため、多角的な視野も身につけることができます。

地域と連携し、地域に貢献する看護学を学ぶ

学外実習は、水戸赤十字病院、日立製作所日立総合病院など地域を代表する医療機関や、保健所、市町村保健センター、高齢者施設などで実施。また、在宅看護や原子力災害など、地域性をふまえた授業も行います。

養護教諭一種免許状も取得できるカリキュラム

養護教諭は学校の「保健室の先生」として、児童や生徒の健康管理、心の悩み相談、保健教育を行います。本学科では「養護教諭一種免許状」の資格取得が可能。看護師の資格を併せ持つ先生として活躍が期待されます。

資格取得について

資格取得

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格[選択制]
  • 養護教諭一種[選択制]
  • 社会福祉主事(任用)

看護学科の学びについて

学びのフィールド

1・2年次では、人間の生命の尊さを理解し、看護の基本的な知識・技術・態度を身につけます。3年次からは学外実習で実践的な看護技術を磨くとともに看護観を深め、健康問題の原因解明と解決方法などについて、広い視野から考えられる能力を養います。

学びのキーワード

看護学、病院実習、セルフケア、グループワーク、産業保健、公衆衛生、メンタルヘルス、保健室の先生

自分の専門性や能力を
社会のために役立てる道を探して。

地域に根ざした看護を専門的に学べるだけでなく、総合大学の学生としてさまざまな視点に出会えるところも、この学科で学ぶ魅力のひとつ。大学や実習先で多くの人と出会い、新たな看護観を発見することができました。看護師と保健師、両方の国家試験に合格して、地元から世界まで、自分の活躍できる場を広げていきたいです。

荒川 佳帆 さん 看護学部 看護学科
2018年3月卒業
茨城キリスト教学園高校 出身

患者さまの不安にいち早く気づき、
正しい知識で支えられるように。

「患者さまの生きる希望について研究」
実習を重ねる中で、高齢者の身体機能の低下や、長い人生から得たそれぞれの価値観について考えるようになりました。当人の望むような充実した人生とするために、看護師はいかにサポートすればいいかを研究したくて、辻ゼミへ。「慢性呼吸器疾患を抱える高齢患者の生きる希望」をテーマに選び、患者さまへのインタビューから、今は論文をまとめているところです。

毛利 栞菜 さん 看護学部 看護学科
2018年3月卒業
茨城県立日立第一高校 出身
【辻 容子ゼミ:老年看護】

チームワークで課題を解決しながら
協力の大切さを学んでいます。

「一人ひとりの性格や個性に合わせた指導」
ゼミでは、温かいタオルを首の後ろに当てたときのリラックス効果について研究。ラベンダーの香りの有無で生体反応に違いが出るかどうかを調べています。心電図で自律神経反応を見るという慣れない実験や解析も、先生の熱心なご指導のもとで、なんとか進められています。先生は学生一人ひとりのことをよく見て、個性に合わせた関わり方をしてくださると感じます。

石塚 彩乃 さん 看護学部 看護学科
2017年3月卒業
茨城県立緑岡高校 出身
【廣瀬 美和ゼミ:生理・脳科学手法を用いた看護技術の検討】

考えたり友人と相談したりしながら
看護を学べる楽しいキャンパスライフ。

専門的な知識を身につけるだけではなく、考える力を養う授業も多いのが特徴。例えば「呼吸困難の原因には何がある?」など、仲間と相談し合いながら勉強に励んでいます。保健師や養護教諭をめざすコースもあり、進路に幅ができる点もおすすめ。他学科の友人とも子どもの教育について話し、刺激や楽しみをもらっています。

鈴木 花菜 さん 看護学部 看護学科 3年
茨城県立太田第一高校 出身

カリキュラム

1年次

1週間かけて行う早期看護体験実習で看護の仕事に対する視野を広げます。

人体の構造と機能、疫病の成り立ちと回復の促進

人体構造機能学A・B 生化学
栄養・代謝学 感染と防御(微生物学)

健康支援と倫理・社会
医療倫理 保健医療福祉行政論
社会保障制度論 保健医療看護経済学

健康現象の疫学と統計
公衆衛生学
看護学の基本
1.早期看護体験実習 看護学概論
2.援助技術論A(日常生活の援助技術)
科学的思考基礎演習Ⅰ(看護学へのアプローチ) 
科学的思考基礎演習Ⅱ(コミュニケーションと人間関係) 
3.科学的思考基礎演習Ⅲ(ヘルスアセスメントの基礎)
看護関係法規
看護学の発展
国際看護論演習
早期看護体験実習
1.早期看護体験実習[1年次]

近隣地域の医療機関、保健機関、福祉施設における臨地の見学実習や事後の振り返り学習をとおして、さまざまな健康状態にある地域の人々を対象とした看護の広がりと多様性を学びます。実習の体験をとおして看護学への関心を高める機会とします。

援助技術論A(日常生活の援助技術)
2.援助技術論A(日常生活の援助技術)[1年次]

すべての看護行為に共通する基礎的技術を学びます。また、さまざまな発達段階や健康段階にある対象者の日常生活行動の援助技術や、健康状態の診断、治療に伴う援助技術を学習します。

科学的思考基礎演習Ⅲ(ヘルスアセスメントの基礎)
3.科学的思考基礎演習Ⅲ(ヘルスアセスメントの基礎)[1年次]

看護の対象となる人々の健康状態を正しく判断するための基礎的知識と技術の習得をめざします。人体の構造と機能、心のはたらきに関する知識をもとに、問診、視診、打診、聴診などの技術や評価方法について学習します。

2年次

演習で科学的思考によるアプローチの方法を学び、病院での基礎看護学実習に生かします。

人体の構造と機能、疫病の成り立ちと回復の促進
人体構造機能学演習 食物健康実習
病理病態学 薬理学
疾病治療論A(成人・高齢者)
疾病治療論B(小児・母性・精神)
健康支援と倫理・社会
カウンセリング技術
健康現象の疫学と統計
疫学
看護学の基本
看護倫理
科学的思考基礎演習Ⅳ(ヘルスアセスメントの応用)
1.援助技術論B(診療に伴う援助技術)
精神保健(発達段階と場に応じたメンタルヘルス)
2.健康教育論(理論・実践) 基礎看護学実習
看護展開の基礎
科学的思考基礎演習Ⅴ(看護実践力の基礎)
成人看護学概論
高齢者看護学A(高齢者の健康と障害)
3.小児看護学A(健康な小児の生活支援)
母性看護学A(リプロダクティブヘルスケア)
精神看護学A(心の基本理解と健康)
公衆衛生看護学概論
在宅看護学A(在宅療養者・家族の理解)
看護展開の応用
成人看護学A(セルフケア)
公衆衛生看護活動展開論A(発達・健康課題と看護)
学校保健
公衆衛生看護学実習A(活動展開の基礎)
看護学の発展
国際看護論演習
援助技術論B(診療に伴う援助技術)
1.援助技術論B(診療に伴う援助技術)[2年次]

すべての看護行為に共通する基礎的技術を学びます。また、さまざまな発達段階や健康段階にある対象者の日常生活行動の援助技術や、健康状態の診断、治療に伴う援助技術を学習します。

健康教育論
2.健康教育論(理論・実践)[2年次]

人々が健康になるための保健行動を促すための基本的な理論を学び、人々が主体的に健康づくりに取り組むための支援のあり方について考えます。演習では、施設や地域で行われる小集団を対象とした健康教育を取り上げ、企画書の作成、指導案・教材作成、プレゼンテーション、評価を実施し、看護職に求められる能力を養います。

小児看護学A
3.小児看護学A(健康な小児の生活支援)[2年次]

子どもの成長発達や子どもと家族の健康をより促進させるための看護援助のあり方について学びます。また、健康障がいのある子どもと家族の問題解決に必要な援助方法について学びます。

3年次

高齢者・成人・母性・精神・小児・在宅などの各領域に関する看護学実習を実施します。

健康現象の疫学と統計
保健統計
看護展開の応用
科学的思考基礎演習Ⅵ(看護実践力の応用)
成人看護学B(ペリオペレイティブケア・クリティカルケア)
高齢者看護学B(高齢者の健康障害と看護)
1.小児看護学B(小児の健康障害と看護)
母性看護学B(ペリネイタルケア)
精神看護学B(心を病む人の理解とセルフマネジメント)
在宅看護学B(在宅療養を支える看護)
公衆衛生看護活動展開論B(公衆衛生看護技術)
公衆衛生看護活動展開論C(組織活動・社会資源)
成人看護学実習 高齢者看護学実習
小児看護学実習 母性看護学実習
2.精神看護学実習 在宅看護学実習
看護学の発展
国際看護論演習
小児看護学B[2〜3年次]
1.小児看護学B(小児の健康障害と看護)[3年次]

子どもの成長発達や子どもと家族の健康をより促進させるための看護援助のあり方について学びます。また、健康障がいのある子どもと家族の問題解決に必要な援助方法について学びます。

精神看護学実習[3年次]
2.精神看護学実習[3年次]

精神障がい者の回復、社会復帰及び地域生活維持のために、精神障がい者と家族に対する看護を学びます。精神障がい者との関わりを振り返り自己を洞察するとともに、保健医療福祉チームの一員としての役割を意識し、自己の倫理観を確認します。

4年次

公衆衛生看護学実習と、看護師・保健師の国家試験対策を実施。養護教諭をめざす学生は養護実習を履修します。

看護展開の応用


公衆衛生看護管理論(健康危機管理を含む) 
学校健康相談
産業保健
公衆衛生看護学実習B(活動展開の応用)


看護学の発展


国際看護論演習 国際看護論
看護マネジメント(医療安全含む) 看護教育学
研究方法論 研究方法論演習Ⅰ・Ⅱ
看護生体情報論 
リハビリテーション看護 がん看護
1.災害看護(放射線災害を含む)
ターミナルケア論
代替療法と看護 生と死の倫理
科学的思考基礎演習Ⅶ
(看護プロフェッショナルへの学び)
総合実習
災害看護[4年次]
1.災害看護(放射線災害を含む)[4年次]

災害時における医療と看護の特殊性を理解し、被災地域のために活動できる基礎的能力を養います。演習をとおして、安全で安心して生活できる環境づくりと看護活動について考えます。

看護学科

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格*1
早期看護体験実習[必修] 基礎看護学実習[必修]
公衆衛生看護学実習Ⅰ[必修]
老年看護学実習[必修]
成人看護学実習[必修]
母性看護学実習[必修]
精神看護学実習[必修]
小児看護学実習[必修]
在宅看護学実習[必修]
公衆衛生看護学実習Ⅱ[保健師必修]
総合実習[必修]
養護教諭一種*2 - - - 養護実習[必修]

[必修]:上記の資格取得に必修となる実習。
[保健師必修]:上記の保健師国家試験受験資格取得に必要となる実習。
*1:2012年度入学者より、保健師国家試験受験資格の取得課程は選択制になりました。
*2:履修要件あり。

進路・就職

卒業後の道

看護師は、医療機関や高齢者施設での看護、在宅での支援、さらには国際看護と活躍の場が広がっています。保健師も、地域の保健所や保健センターのほか、一般企業で産業保健師として働くなど、多様な道が開けています。また本学科では、2010年度から養護教諭一種免許状の取得が可能になり、看護師の資格を併せ持つ養護教諭としての活躍が期待されます。

進路イメージ

 医療看護関係
  • 医療機関
  • 訪問看護ステーション
  • 看護教育機関など

保健関係
  • 保健所
  • 市町村保健センター
  • 企業保健センター
  • 学校保健室(養護教諭)など

福祉関係
  • 社会福祉協議会
  • 地域包括支援センター
  • 社会福祉施設
  • 在宅福祉サービス施設など

就職実績(2018年5月1日現在)

%
  • 医療、福祉
  • 公務
就職者70
就職希望者70

主な就職先(2018年3月卒業生)

  • ㈱日立製作所日立総合病院
  • ㈱日立製作所ひたちなか総合病院
  • 水戸赤十字病院
  • 水戸協同病院
  • 土浦協同病院
  • 水戸済生会総合病院
  • 茨城県立中央病院
  • 茨城県立こども病院
  • 筑波メディカルセンター病院
  • つくばセントラル病院
  • 筑波記念病院
  • 牛久愛和総合病院
  • 霞ヶ浦医療センター
  • なめがた地域医療センター
  • 虎の門病院
  • 聖路加国際病院
  • 埼玉県立小児医療センター
  • 東京都立松沢病院
  • 東京都立小児総合医療センター
  • 高島平中央総合病院
  • 岡崎市民病院
  • 筑波大学附属病院
  • 自治医科大学附属病院
  • いわき市(保健師)
  • 大熊町役場(保健師)
  • ㈱日立製作所 日立健康管理センタ(保健師) ほか

卒業生の声

看護学科卒業生の声

なんとなく話を聞いてほしい、子どもたちが気軽に相談できる保健の先生でありたいです。

「こころ」を理解することで、人との接し方が深くなります。

看護とは、「こころ」をキーワードにして学んでいく学問だと思います。人の心は、目で見たり手で触れたりできるものではありませんが、必ず個々に存在します。その心と接していくときに試されるのが、自分自身の感性です。そのため、学生時代にはまず、自分のアイデンティティーをしっかりと確立することが重要なのです。これは現場で人間関係を築く際にも欠かせない素養となります。また、私の専門である精神領域では、抽象的な現象について説明する機会も多いので、なるべく具体的な例を挙げるとともに、もし私だったらと考える「状況的エンパシー(共感)」を持って相手に接することの大切さを強調しています。心の成り立ちや働きについてはいまだわからないことが多い中、少しでもそれを理解し、病で苦しむ人たちの手助けができる存在になることを、学生も、私たち教員自身もめざしています。

栗原 加代 看護学部 看護学科 教員

科学的思考と倫理観を備えた、
人間性豊かな看護者をめざして。

看護学の基本から応用まで、科学的思考と倫理観を基盤としつつ、ワクワクしながら学び成長できるカリキュラムや教員、設備が整っているところが魅力です。また、看護の道への入口として、人間性を育む環境であることはもちろん、人と人との関係性を築くことも大切にしています。看護の対象者とともに生きていくことは、対象者も看護者も、ともに幸せに向かって進むということ。

片田 裕子 看護学部 看護学科 教員

看護学科教員一覧

看護学科の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。