茨城キリスト教大学

[生活科学部食物健康科学科]ヒトの健康と安全を守る、食のプロフェッショナルになる。

生活科学部食物健康科学科

ヒトの健康と安全を守る、食のプロフェッショナルになる。

人間が健康を維持するための基本は、栄養バランスに優れた適量の食事を規則正しくとること。食物健康科学科ではこの基本を守り、健康的な食生活が送れるように、人々をサポートする人材を育成しています。栄養、食の安全、食育に精通したプロフェッショナル養成のため、充実のカリキュラムと設備を調えています。

>

食物健康科学科の特徴

管理栄養士をめざして基礎をじっくり学ぶ

1・2年次で栄養や人体の構造といった基礎知識を身につけ、3年次からは、対象者に応じた栄養管理や教育のあり方について多数の事例をもとに学ぶことにより、実践力を養成。臨地実習では実際の現場を体験し、卒業後の実務につなげます。

正しい食事の取り方と栄養バランスを学ぶ

近年高まる食育のニーズをふまえ、ライフステージ別に専門知識を修得する科目を設置。栄養教諭をめざす課程では、小・中学校の食に関する指導のあり方を実践的に学びます。教員採用試験においても着実な成果を挙げています。

食品の衛生管理を学ぶ

食中毒や放射性物質の問題など、食の安全はヒトが健康に生活する上で、大切な項目の一つです。「公衆衛生学」「食品衛生学」をベースに、実験をとおして食中毒が発生するしくみやその防止法などについて理解を深めます。

資格取得について

取得資格

  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 栄養士
  • 栄養教諭一種
  • 中学校教諭一種(家庭)
  • 高等学校教諭一種(家庭)
  • 食品衛生監視員(任用)
  • 食品衛生管理者
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会福祉主事(任用)

食物健康科学科の学びについて

学科の特徴

健康の維持・増進、疾病の回復に必要な栄養を満たす、食事提供や栄養教育に必要な知識と技術、食生活の衛生・安全を支えるための知識、そして、健康的な食習慣の確立をめざす食育の専門知識を、講義や実習・実験をとおして修得します。すべての学びが資格取得につながっています。

学びのキーワード

栄養学、医療と栄養管理、食品衛生、食べ物と健康、調理学、実習(病院・保健所・給食施設)、栄養教育、運動生理学

研究活動を通じて、考えを共有し、
お互いをフォローする姿勢を確立。

「開放的なゼミで自主的に研究を進行」
ミネラルなどの微量の栄養素が、生体内でどのように働くか、また、その過不足が健康にどう影響するのかが、梶田ゼミの研究テーマ。私たちのグループではマグネシウム摂取不足の影響を、実験動物を用いて、その生体成分や排泄物、さらには遺伝子発現などを分析し、調べています。アットホームな雰囲気のゼミで、互いの得手不得手を教え合いながら、いつも楽しく実験に取り組んでいます。

小安 里歩 さん 生活科学部 食物健康科学科
2018年3月卒業
茨城県立日立北高校 出身
【梶田 泰孝ゼミ:マグネシウム摂取不足による栄養素代謝変動の解明】

食を見つめながら、誰かの力になれる自分になれます。

今まであまり深く考えなかったこと、例えば学校給食が提供されるまでの流れ、体内での消化のしくみ、砂糖などの調味料が果たしている味以外の役割などについて、新しい発見がたくさんあります。ここで学ぶことは、自分のためでもあり、誰かのためにもなるでしょう。食を見つめながら他人の役に立てることは素敵だと感じます。

長津 愛美 さん 生活科学部 食物健康科学科 3年
茨城県立勝田高校 出身

ひらめきが形になったフグ肝の加工品。
新たな研究テーマを後輩に託して。

「学生の意見を尊重してくれる環境」
市場に流通していないフグ肝の研究は、このゼミだからこそできる貴重な経験です。先生は学生の意見や自主性を尊重してくださるので、学生が主導となって研究を進められます。今後は社会に出た時、他職種と関わる中で、今まで培ったものをどう発揮していくかを学びたいと思います。そして、管理栄養士として特化できることで社会に貢献していきたいです。

斎藤 恵理奈 さん 生活科学部 食物健康科学科
2019年3月卒業
茨城県立佐和高校 出身
【大貫 和恵ゼミ:食品加工学、食品学】

体や病気について学んだ知識も管理栄養士の仕事に生かしたい。

祖母の食事の変化がきっかけで食の大切さを実感。病気や食について学べるこの学科を選びました。食材や調味料の働き、体と栄養素のしくみなど、学んだことを日常生活に生かしています。病気やライフステージごとの食事についても学びたいと思います。

酒井 美優卯 さん 生活科学部 食物健康科学科 3年
福島県立磐城桜が丘高校 出身

カリキュラム

1年次

現代の社会背景や食品学・栄養学などを学び、管理栄養士として働くための基礎力を習得します。

基幹科目
有機化学 生化学Ⅰ 食品学Ⅰ 1.基礎栄養学Ⅰ
専門基礎分野
食品学実験 食品化学 2.調理学実習Ⅰ・Ⅱ
解剖生理学Ⅰ 解剖生理学実験
分析化学実験 食文化論
専門分野
給食経営管理論Ⅰ 給食実務演習
3.管理栄養士入門Ⅰ 食事摂取基準論
人間生活領域
人間と社会環境 保育学 児童臨床学 衣服環境論
居住環境論 家庭電気・機械及び情報処理
応用専門分野
生活経営論 生活経済学
基礎栄養学Ⅰ
1.基礎栄養学Ⅰ[1年次]

『栄養の定義と栄養素の働きを理解』
主として五大栄養素の科学、消化・吸収の過程、健康機能について学びます。このほか生命活動に不可欠な水や非栄養成分についても学び、専門科目を学ぶための基礎知識を身につけます。

調理学実習Ⅰ・Ⅱ
2.調理学実習Ⅰ・Ⅱ[1年次]

『基本的な調理技術を実習をとおして修得』
使用するさまざまな食材の調理特性について学びながら、調理技術を身につけます。実習室には手元カメラと6台のモニターを設置し、先生の師範が各実習台からよく見えるようになっています。

管理栄養士入門Ⅰ
3.管理栄養士入門Ⅰ[1年次]

『管理栄養士の使命や役割、活動分野を理解』
管理栄養士としての使命、役割、職業倫理を理解するとともに、病院・施設、学校、保健所などに勤務する卒業生や管理職による講話をとおして、各職域における管理栄養士の活動を理解します。

2年次

給食調理実習や、学内での治療食調理など、実践的な科目が増えます。

基幹科目
公衆衛生学Ⅰ
専門基礎分野
食品衛生学 食品衛生学実験 解剖生理学Ⅱ 生化学Ⅱ
調理学 調理学実験 食品学Ⅱ 食文化論
専門分野
1.栄養教育論Ⅰ・Ⅱ 2.ライフステージ栄養学Ⅰ・Ⅱ
臨床栄養学Ⅰ・Ⅱ 臨床栄養学実習 公衆栄養学Ⅰ
給食経営管理論Ⅱ 給食経営管理実習 I・II
栄養学実験
人間生活領域
人間と社会環境 保育学 児童臨床学 衣服環境論
居住環境論 家庭電気・機械及び情報処理 栄養統計処理
応用専門分野
生活経営論 生活経済学
栄養教育論Ⅰ・Ⅱ
1.栄養教育論Ⅰ・Ⅱ[2年次]

『栄養教育の基礎知識・方法などを修得』
健康の保持・増進や疾病の予防・改善にとって重要な栄養教育。この科目では必要な基礎知識、栄養教育のあり方、実施上の要点、評価方法などを学びます。実習では対象別栄養教育の方法、教材作成も実践します。

ライフステージ栄養学Ⅰ・Ⅱ
2.ライフステージ栄養学Ⅰ・Ⅱ[2年次]

『対象者に応じた栄養アセスメントを』
授乳期、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、高齢期など、人間のライフステージにおける生理学的特徴や必要な栄養を学びます。ライフステージに応じた食生活を指導できる力を身につけます。

3年次

1・2年次で学んだ知識や技術を活用して、給食施設や病院での実習に臨みます。

基幹科目
総合演習Ⅰ・Ⅱ
専門基礎分野
社会福祉概論 公衆衛生学Ⅱ 生化学実験
運動生理学 医学一般 I 食品加工学
食品加工学実習 食文化論
専門分野
1.管理栄養士入門Ⅱ 基礎栄養学Ⅱ
応用栄養学実習 I・II 2.栄養教育論Ⅲ・栄養教育論実習
応用臨床栄養学実習 臨床栄養学Ⅲ 3.臨床栄養学Ⅳ
公衆栄養学実習 公衆栄養学Ⅱ
4.臨地実習Ⅰ(給食経営管理)・臨地実習Ⅱ(臨床栄養)
人間生活領域
人間と社会環境 保育学 児童臨床学 衣服環境論
居住環境論 家庭電気・機械及び情報処理 栄養統計処理
応用専門分野
学外実習事前事後指導Ⅰ・Ⅱ 5.学校栄養指導論Ⅰ・Ⅱ
管理栄養士入門Ⅱ
1.管理栄養士入門Ⅱ[3年次]

『管理栄養士の使命や役割、活動分野を理解』
管理栄養士としての使命、役割、職業倫理を理解するとともに、病院・施設、学校、保健所などに勤務する卒業生や管理職による講話をとおして、各職域における管理栄養士の活動を理解します。

栄養教育論Ⅲ・栄養教育論実習
2.栄養教育論Ⅲ・栄養教育論実習[3年次]

『栄養教育の基礎知識・方法などを修得』
健康の保持・増進や疾病の予防・改善にとって重要な栄養教育。この科目では必要な基礎知識、栄養教育のあり方、実施上の要点、評価方法などを学びます。実習では対象別栄養教育の方法、教材作成も実践します。

臨床栄養学Ⅳ
3.臨床栄養学Ⅳ[3年次]

『疾病別の栄養、食事療法を理解する』
医療現場において傷病者の実態を把握することは重要です。この授業では栄養状態の評価や栄養補給について学び、医療・介護制度やチーム医療における管理栄養士の役割について理解します。

臨地実習Ⅰ・Ⅱ
4.臨地実習Ⅰ(給食経営管理)・臨地実習Ⅱ(臨床栄養)[3年次]

『給食の運営・管理をとおして要点を理解』
学外の実習施設で現場の仕事内容を学びます。給食施設での臨地実習Ⅰ、病院での臨地実習Ⅱ、保健所または保健センターでの臨地実習Ⅲを設定。実務を通じて管理栄養士の役割を理解します。

学校栄養指導論Ⅰ・Ⅱ
5.学校栄養指導論Ⅰ・Ⅱ[3年次]

『栄養教諭の使命、役割を理解する』
食習慣の乱れなど多くの問題を抱える現代社会。子どもにとっては小さい頃から正しい食習慣を身につけることが大切です。「食の指導者」としての栄養教諭の役割を、実践的に学びます。

4年次

保健所実習を実施。管理栄養士の国家試験対策も並行して、学びと実践を関連づけながら学習します。

基幹科目
卒業演習
専門基礎分野
医学一般II 運動栄養生理学実験
公衆衛生学実験 食文化論
専門分野
疾病予防のための栄養学
1.臨地実習Ⅲ(公衆栄養)
人間生活領域
人間と社会環境 保育学 児童臨床学
衣服環境論 居住環境論
家庭電気・機械及び情報処理 栄養統計処理
応用専門分野
学外実習事前事後指導Ⅲ
卒業研究
国家試験対策演習Ⅰ・Ⅱ
臨地実習Ⅲ
1.臨地実習Ⅲ(公衆栄養)[4年次]

『給食の運営・管理をとおして要点を理解』
学外の実習施設で現場の仕事内容を学びます。給食施設での臨地実習Ⅰ、病院での臨地実習Ⅱ、保健所または保健センターでの臨地実習Ⅲを設定。実務を通じて管理栄養士の役割を理解します。

食物健康科学科

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
管理栄養士国家試験受験資格 - - 臨地実習Ⅰ(給食経営管理)[必修]
給食施設 5日間


臨地実習Ⅱ(臨床栄養)[必修]
病院 10日間
臨地実習Ⅲ(公衆栄養)[必修]
保健所、保健センター 5日間
栄養教諭一種 - - - 栄養教育実習[必修]
茨城県内小・中学校 5日間
※事前に1日観察実習あり
中学校教諭一種
高等学校教諭一種
- 介護等体験[必修]
福祉施設 5日間
介護等体験[必修]
特別支援学校 2日間
中等教育実習Ⅰ・Ⅱ[必修]
中学校または高等学校 最低15日間

進路・就職

卒業後の道

本学科は管理栄養士・栄養士養成施設であるため、卒業と同時に管理栄養士国家試験受験資格ならびに栄養士免許が得られます。また、食品衛生監視員と食品衛生管理者の養成施設としても認可を受けているので、所定の単位を修得することにより、食品衛生監視員と食品衛生管理者の資格を得られます。さらに、選択コースで、家庭科教諭や栄養教諭の教員免許状も取得可能。活躍の場が大いに広がります。

進路イメージ

  • 病院
  • 保健所
  • 市町村保健センター
  • 学校(栄養教諭)
  • 中学校教員(家庭)
  • 高校教員(家庭)
  • 給食受託会社
  • 公務員
  • 社会福祉施設(保育所・児童養護施設・特別養護老人ホームなど)
  • 食品関連企業(製造・販売・開発)
  • 食品分析関連企業
  • 市町村管理栄養士
  • 研究機関
  • 大学院進学 など

就職実績(2019年5月1日現在)

%
  • 卸売業、小売業
  • 医療、福祉
  • 宿泊業、飲食サービス業(医療施設における管理栄養士業務を含む)
  • 教育、学習支援業
  • 複合サービス事業
  • 製造業
  • 公務
  • その他
就職者81
就職希望者82

主な就職先(2019年3月卒業生)

  • 常陸大宮済生会病院
  • 北水会記念病院
  • 筑波大学附属病院
  • 上の原病院
  • 山王台病院
  • 東京医科大学
  • 茨城医療センター
  • 笹木歯科クリニック
  • エムズ歯科クリニック
  • 特別養護老人ホーム成華園
  • 特別養護老人ホーム石名坂聖孝園
  • 介護老人保健施設小川敬愛の杜
  • 認定こども園すみれこども園
  • どろんこ会
  • ㈱カワチ薬品
  • ウエルシア薬局㈱
  • ㈱クリエイトエス・ディー
  • シダックス㈱
  • ㈱カスミ
  • ㈱ヨークベニマル
  • 日清医療食品㈱
  • 富士産業㈱
  • ㈱日京クリエイト
  • ㈱ベネミール
  • 東京フード㈱
  • 水戸農業協同組合
  • 結城市立結城東中学校(家庭)
  • 茨城県立水戸聾学校(栄養)ほか

卒業生の声

食物健康科学科卒業生の声

対象者を近くで感じ、接することができる環境で、一人ひとりに合わせた食事を考え実践する毎日。

食の安全や微生物について学び、食の奥深さにふれよう。

私が担当する授業では、食の安全性について、中でも食中毒の原因や予防に関わる微生物について学びます。また、微生物の培養や顕微鏡での観察、同定、増殖などの実験を行い、どれくらいの速度で増殖するのか、増やさないためにはどうすればいいのかを考えます。

熊田 薰 生活科学部 食物健康科学科 教員

将来の活躍をめざして、みな熱心に学んでいます。

ICは、県内では初めて設けられた管理栄養士課程大学であり、管理栄養士および栄養教諭、家庭科教諭の育成に関して、優れた実績を保っています。国家資格取得に向けて課題も多く、レポート類もしっかりチェックされる学科ですが、学生はみなやりがいをもって臨んでいます。教育熱心な教員が多く、現場で活躍する卒業生との協力体制もとれていますから、4年間でしっかり成長することができます。

井川 聡子 生活科学部 食物健康科学科 教員

自分でやってみることで「驚き」や「気づき」が実感できます。

「食品加工学実習」では、化学的・物理的な観点から、身近な食品について学びます。例えば、うどんは、塩の入れ方で食感がまったく異なってきます。塩により小麦粉の成分が変性し、粘弾性が増したコシの強い食感に変わるのです。実際に作って試食してみると違いに驚く学生も多く、みな楽しみながら学んでいます。また「応用栄養学実習」では、自分たちで考えた献立を他班の学生に食べてもらって評価し合うため、多くの発見があります。

大貫 和恵 生活科学部 食物健康科学科 教員

食物健康科学科教員一覧

食物健康科学科の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。