茨城キリスト教大学

幼児保育専攻

文学部児童教育学科 幼児保育専攻

理論と実践をじっくり学び
ワンランク上の保育者になる。

地域の子どもたちとふれ合いながら、理論と実践の双方を、4年間かけてじっくりと積み上げていきます。豊富な体験型学習と併せて、子どもの心身の発達についても深く学ぶことができるため、確かな実践力と、子どもたちから愛される人間性を兼ね備えた、保育・幼児教育のプロへと成長していけます。

>

児童教育学科 幼児保育専攻の特徴

日常的に子どもと交流できる環境で学ぶ

キャンパス内には附属の認定こども園があり、実習や行事を通じて日常的に子どもと交流することができます。さらにサークル活動で子どもとの接し方を学ぶなど、授業以外でも学びの幅を大きく広げられる環境です。

子どもの心と身体の発達について深く学ぶ

子どもの心理や言語の発達過程、年齢や時期に応じたケア、および特別な支援が必要な子どもへの対応を深く学べる心理系の科目が充実しています。さらに現場における必要性から、保護者の心理を学ぶ科目も設置しています。

しっかり準備してから実習に臨む

実習に際しては、要点を確認するとともに、指導案の書き方などを入念に指導します。終了後はレポート提出により課題発見につなげる事後指導を実施。実践力を確実に高められるよう、きめ細かく指導を行っています。

取得資格について

取得資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種
  • 日本語教育施設の教員資格
  • 社会教育主事(任用)
  • 社会福祉主事(任用)
  • 学芸員

児童教育学科 幼児保育専攻の学びについて

学科の特徴

保育・幼児教育の専門性を深めるとともに、英語やコンピュータなど社会で役立つ知識やスキルも習得できます。さらに、カウンセリングをはじめとする心理学系の授業や実習・演習などの体験型学習も充実。理論と実践をじっくり学べる4 年制大学ならではの教育を提供します。

学びのキーワード

保育、カウンセリング、子育て相談支援、幼児教育、保護者の心理、保育実習、充実の体験型学習、障害児保育

保育を広い視野でとらえるようになり、学びが深まりました。

認定こども園が学内にあって、保育を身近に感じながら学べると思い、この大学を選びました。専攻の仲間とは授業だけでなく、実習やボランティアなどの情報を共有しながら、一緒に学びを深められます。現場経験の豊富な先生が多く、幼稚園教諭についても保育士に関しても、実践的な指導を受けられるのも大きな魅力です。

川木 郁香 さん 文学部 児童教育学科 幼児保育専攻 4年
茨城県立那珂高校 出身

子どもの心について学びながら
保育への理解を深めています。

「さまざまな研究テーマからアプローチ」
気さくな江尻先生のもとで、現代の子どもたちに関する諸問題について、心理学的な観点から探求しています。これまで私たちが選んできたテーマは「気になる親に対する保育士の対応」「子どもをほめるメリット」「一人親と二人親の育児負担の違い」など実にさまざま。各自の関心を論文などで調べ、要点をまとめて、互いに発表し合うことで、さらに理解を深めていきます。

阿部 まどか さん 文学部 児童教育学科 幼児保育専攻 4年
茨城県立日立北高校 出身
【江尻 桂子ゼミ:発達心理学(乳幼児~児童期の心の発達)】

たくさんの絵本やお話との出合いを
子どもたちに楽しんでもらえるように。

『絵本やお話をとおして「子ども」を学ぶ』
ゼミの見学で素話を見て、自分でもやってみたいと思ったことに加え、保育者として自分の強みになるものが欲しいと考え、原口先生のゼミを選びました。読み聞かせの基本である絵本の持ち方から、年齢や季節に応じた絵本の選び方、間の取り方など、お話の世界に引き込むテクニックが学べます。また、さまざまなわらべうたやお話にふれ、子どもについての学びを深めることができます。

千葉 まゆ さん 文学部 児童教育学科 幼児保育専攻 4年
茨城県立那珂高校 出身
【原口 なおみゼミ:子どものことばを育てる文学】

机に向かって行う勉強だけでなく実際に手や体を動かしながら楽しく学べます。

保育の現場で男性ならではの関わり方や働きをしたいと考え、学内に認定こども園があるICに進学を決めました。障がいや社会的養護に関する知識について学びを深め、障がいのある子どもやその保護者に寄り添った支援ができる保育者になるのが目標です。

川又 亮介 さん 文学部 児童教育学科 幼児保育専攻 4年
茨城県 水戸啓明高校 出身

カリキュラム

1年次

保育・幼児教育の基礎知識や子どもとの関わり方を学び、演習や心理学系の授業で、より専門的な保育士・幼稚園教諭への下地を築きます。

基幹科目

1.音楽Ⅰ・Ⅱ 美術Ⅰ・Ⅱ 2.基礎演習

専門科目

保育原理 教育原理 保育者論
保育の心理学 子どもの理解と援助
保育の計画と評価 幼児教育課程論
保育内容教育法・人間関係
保育内容教育法・言葉

資格科目

教職論

音楽Ⅰ・Ⅱ
1.音楽Ⅰ・Ⅱ[1~2年次]

『音楽表現に関する知識と技能を修得』
音楽表現に必要な知識と技能を身につけます。楽譜の読み書きに関する楽典、ピアノ伴奏による弾き歌い(伴奏を弾きながらの歌唱)の実技、幼児教育の現場で用いられる楽器の指導法について学びます。

基礎演習
2.基礎演習[1年次]

『学びの基本姿勢と基礎力を身につける』
2年次以降に行う幼稚園・保育園での実習をより効率的なものにするための基礎知識・技能を身につけます。教員がそれぞれの専門領域の基礎知識を提示するオムニバス形式の授業です。

2年次

初等教育実習で実習施設の概要や職務の内容を理解し、個別の関わりの大切さを学びます。

基幹科目

キリスト教教育論 幼児体育Ⅰ・Ⅱ

専門科目
子ども家庭支援の心理学 社会的養護Ⅰ・Ⅱ
社会福祉 乳児保育Ⅰ・Ⅱ 子ども家庭支援論
子どもの保健 1.音楽Ⅲ・Ⅳ 美術Ⅲ・Ⅳ
保育内容教育法・健康 保育内容教育法・環境
保育内容総論 2.子育て支援論 子育て支援演習
幼児理解 教育相談 3.子ども文化論
キリスト教保育 発達障害学 言語発達心理学
身体表現 幼児保育特殊演習 A・B・C
特別支援教育
資格科目

教育行政学 教育方法論
初等教育実習Ⅲ・Ⅳ

音楽Ⅲ・Ⅳ
1.音楽Ⅲ・Ⅳ[1~2年次]

『音楽表現に関する知識と技能を修得』
音楽表現に必要な知識と技能を身につけます。楽譜の読み書きに関する楽典、ピアノ伴奏による弾き歌い(伴奏を弾きながらの歌唱)の実技、幼児教育の現場で用いられる楽器の指導法について学びます。

子育て支援論
2.子育て支援論[2年次]

『支援・連携のあり方について理解を深める』
保育士は子育て支援になくてはならない存在です。この授業では子育て支援の制度、実施体系などについて学ぶほか、保護者支援や子どもの発達支援についても理論・実践の両面から学びます。

子ども文化論
3.子ども文化論[2年次]

『「遊び」について実践できるように』
子どもの生活や遊び、文化の歴史を多様な角度から考え、遊びの中にある学びを実践的に知ります。また、身近な素材から簡単にできるおもちゃを制作することで保育者として大切なことも学びます。

3年次

2年次で学んだことや、自らの課題をふまえて、保育実習(保育所・施設)を行います。

基幹科目

幼児保育演習Ⅰ・Ⅱ
1.労作体験Ⅰ・Ⅱ

専門科目

保育内容教育法・表現Ⅰ・Ⅱ 保育方法の研究
子どもの食と栄養 子どもの健康と安全
子ども家庭福祉 2.障害児保育
3.保育実習指導Ⅰ
保育実習Ⅰ(保育所) 保育実習Ⅰ(施設)
キリスト教保育 発達障害学 言語発達心理学
身体表現 幼児保育特殊演習 A・B・C
特別支援教育 地域発達臨床論
地域子育て支援実践演習
地域発達支援実践演習
資格科目

小学校国語科研究 小学校算数科研究
小学校生活科研究 小学校体育科研究


労作体験Ⅰ・Ⅱ
1.労作体験Ⅰ・Ⅱ[3年次]

『保育における自然体験に必要な知識・技能を』
畑を耕すところから大豆やハーブの栽培・収穫、それを使った加工までを体験します。その中で自然と人間の関わりを見つめ直し、普段は埋もれている生活の中の重要な知識や技能を学びます。

障害児保育
2.障害児保育[3年次]

『障害児保育の理念などを理解する』
障害児保育の理念や制度、保育する上で配慮すべき点などを学びます。障害のある子どももそうでない子どもも、ともに成長できる保育について議論し、障害児保育のあり方について理解を深めます。

保育実習指導Ⅰ
3.保育実習指導Ⅰ[3年次]

『実習生としての心構えと責任を持つ』
保育所と施設で行う保育実習に向けて、基礎知識や援助技術を学びます。実習では子どもたちや施設利用者と直接ふれ合い、学びを深めることができます。この授業をとおして実習への意欲を高めます。

4年次

これまでの学びを振り返るとともに、保育所・幼稚園への就職をめざします。

基幹科目

幼児保育演習Ⅲ・Ⅳ

専門科目


保育実践研究A・B 卒業研究 保育実習指導Ⅱ
保育実習Ⅱ(保育所) 保育実習Ⅲ(施設)
キリスト教保育 発達障害学 言語発達心理学
身体表現 幼児保育特殊演習 A・B・C
特別支援教育 地域発達臨床論
地域子育て支援実践演習 地域発達支援実践演習

資格科目
保育・教職実践演習(幼稚園)
1.保育・教職実践演習(幼稚園)[4年次]

『4年間の学びの集大成として取り組む』
グループ討論やロールプレイなどをとおして、保育者としての職務内容の理解や指導力、対人関係能力が身についているかを確認します。自ら作成した保育指導案をもとに模擬授業も行います。

幼児保育専攻

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
保育士 - - 保育実習Ⅰ(保育所) [必修]
保育所11日間


保育実習Ⅰ(施設)[必修]
福祉施設12日間
保育実習Ⅱ(保育所)[選択必修]
保育所11日間


保育実習Ⅲ(施設)[選択必修]
福祉施設12日間
幼稚園教諭一種 - 初等教育実習Ⅲ[必修]
茨城キリスト教大学附属認定こども園5日間


初等教育実習Ⅳ[必修]
幼稚園15日間
- -

[必修]:上記の資格取得に必修となる実習。
[選択必修]:上記の資格取得でどちらかを必ず選択しなければならない選択必修となる実習。

進路・就職

卒業後の道

本専攻では4年間で保育士、幼稚園教諭一種、社会福祉主事(任用)などの資格が取得できます。1・2年次は資格を取得するための授業や理論を中心に学習。実習は2年次からスタートし、以後卒業まで、豊富な実習・演習をとおして実践力を養います。保育所、幼稚園、さらに双方の機能を併せ持つ「認定こども園」と、活躍の場はますます広がっています。

進路イメージ

  • 保育所保育士
  • 認定こども園教員・保育士
  • 乳児院職員
  • 障害児施設職員
  • 教育関連自治体職員
  • 幼稚園教員
  • 児童養護施設職員
  • 母子生活支援施設職員
  • 被虐待児童などの受け入れ施設職員 など

進路実績(2019年5月1日現在)

%
  • 医療、福祉
  • 公務
  • 教育、学習支援業
  • 建設業
  • 卸売業、小売業
  • 金融業、保険業
  • 宿泊業、飲食サービス業
  • その他
就職者69
就職希望者69

主な就職先(2019年3月卒業生)

  • 日立市おおくぼ保育園
  • 日立市おおもり保育園
  • ひたちなか市立那珂湊第一保育所
  • ひたちなか市立那珂湊第二保育所
  • 水戸市立杉山保育所
  • 水戸市立新原保育所
  • 水戸市立内原保育所
  • 世田谷区立南大蔵保育園
  • つくば市立二の宮幼稚園
  • こどものいえ認定こども園
  • 御前山認定こども園
  • 認定こども園すみれこども園
  • 認定こども園こじか幼稚園
  • 認定こども園まさみ幼稚園
  • 茨城キリスト教大学附属認定こども園
  • 石川保育園
  • 元吉田さくら保育園
  • はーとぴあ保育園
  • 勝田あすなろ保育園
  • おーくす佐野保育園
  • みぎわ幼稚園
  • 栄光幼稚園
  • ひばり幼稚園
  • 愛恵会乳児院
  • 涸沼学園
  • 児童養護施設こどもの里
  • ウィステリアナーサリースクール ほか

卒業生の声

実習やボランティア活動で得られた経験が幼稚園教諭としての仕事に直結しています。

「子どもがわかる」確かな専門性や自信を身につけよう。

保育者は子どもたちとただ遊ぶだけではなく、体や心の発達過程、個々の気持ちを理解し、見通しをもって保育に当たることが大切です。本専攻では、4年間をかけて子どもや保育について多面的に学びます。ピアノ、読み聞かせ、制作などは実技をとおして修得し、大学で学んだことを実践につなげることができます。

清水 悦子 文学部 児童教育学科 教員

ユニークな授業をとおして、自然に対する理解を深めます。

現在、教育の現場では子どもたちの自然体験の充実が期待されており、本専攻でも「労作体験」の授業を設けています。これは「自然と関わる力」について、実体験をとおして学習するもの。子どもたちの野外活動をリードし、一緒にさまざまな自然を楽しめるような教員・保育者になれると同時に、子どもたちの成長を促す上で重要な生命観をどのように育てるか、といった視点も培うことができます。

穂積 訓 文学部 児童教育学科 教員

保育の学びは「他者との関わり」を考える体験の場にもなります。

ここでは、子どもたちの生活全般について学べます。その範囲はとても広く、子どもの言葉や身体の発達、心理、食生活、身体表現や音楽、美術、さらには特別支援や、保護者を取り巻く環境なども含まれます。私が担当する「美術」や「幼児保育演習」では、折り紙や絵の具、粘土などの素材を使いながら幅広い表現を行いますが、この体験を通じて、子どもたちの多様な表現と、その気持ちを理解できるように努めてほしいと考えています。

佃 彰一郎 文学部 児童教育学科 教員

幼児保育専攻教員一覧

児童教育学科 幼児保育専攻の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。