茨城キリスト教大学

幼児保育専攻

文学部児童教育学科 幼児保育専攻

理論と実践をじっくり学び
ワンランク上の保育者になる。

地域の子どもたちとふれあいながら、理論と実践の双方を、4年間かけてじっくりと積み上げていきます。豊富な体験型学習と併せて、子どもの心身の発達についても深く学ぶことができるため、確かな実践力と、子どもたちから愛される人間性を兼ね備えた、保育・幼児教育のプロへと成長していけます。

>

児童教育学科 幼児保育専攻の特徴

日常的に子どもと交流できる環境で学ぶ

キャンパス内には附属の認定こども園があり、実習や行事を通じて日常的に子どもと交流することができます。さらにサークル活動で子どもとの接し方を学ぶなど、授業以外でも学びの幅を大きく広げられる環境です。

子どもの心と身体の発達について深く学ぶ

子どもの心理や言語の発達過程、年齢や時期に応じたケア、および特別な支援が必要な子どもへの対応を深く学べる心理系の科目が充実しています。さらに現場における必要性から、保護者の心理を学ぶ科目も設置しています。

しっかり準備してから実習に臨む

実習に際しては、要点を確認するとともに、指導案の書き方などを入念に指導します。終了後はレポート提出により課題発見につなげる事後指導を実施。実践力を確実に高められるよう、きめ細かく指導を行っています。

取得資格について

取得資格

  • 保育士
  • 学芸員
  • 幼稚園教諭一種
  • 社会教育主事(任用)
  • 日本語教育施設の教員資格
  • 社会福祉主事(任用)

児童教育学科 幼児保育専攻の学びについて

学びのフィールド

保育・幼児教育の専門性を深めるとともに、英語やコンピュータなど社会で役立つ知識やスキルも習得できます。さらに、カウンセリングをはじめとする心理系の授業や実習・演習などの体験型学習も充実。理論と実践をじっくり学べる4年制大学ならではの教育を提供します。

学びのキーワード

保育、充実の体験型学習、保護者の心理、保育相談支援、幼児教育、カウンセリング、障害児保育、保育実習

人間の基盤となるものに目を向けて
明るく楽しい雰囲気で学べます。

子どもの心理や感情は、人の基盤となるもの。授業をとおして私は「あいさつ」や「子どもとの距離のとり方」の大切さも学びました。グループワークでは、男女誰もが協力し合って仲良くやっています。学びにのめりこめる環境で毎日が充実。保育士と幼稚園教諭の資格を両方取得できることも、学科の大きな魅力です。

江橋 優太 さん 文学部 児童教育学科 幼児保育専攻 3年
茨城県立石岡第二高校 出身

さまざまな創作活動をとおして
豊かな表現力が身につきます。

「自分たちの歌や衣装で音楽劇を披露」
幼児の音楽教育というテーマで、楽しい詩に歌をつけたり、自分たちでお手玉を作って工夫しながら音楽遊びをしたりします。幼稚園や保育所、老人ホームなど、さまざまな場所へボランティアに行き、手作りの歌や衣装による音楽劇を披露することも。創作活動をとおして豊かな表現力を身につけるとともに、さまざまな世代の方とコミュニケーションをとることもできます。

岡田 紗也加 さん 文学部 児童教育学科 幼児保育専攻 4年
茨城県立水戸第三高校 出身
【青山 真以子ゼミ:幼児の音楽教育】

カリキュラム

1年次

保育・幼児教育の基礎知識や子どもとの関わり方を学び、演習や心理学系の授業で、より専門的な保育士・幼稚園教諭への下地を築きます。

基幹科目

音楽Ⅰ・Ⅱ 美術Ⅰ・Ⅱ 1.基礎演習

専門科目

保育原理 教育原理 保育者論
保育の心理学Ⅰ・Ⅱ 保育課程論
保育内容研究・人間関係
保育内容研究・言葉

資格科目

教職論

基礎演習
1.基礎演習[ 1年次 ]

大学生活への導入・学びの基礎固めを目的とし、3年次以降に行う保育実習をより効率的なものにするための基礎知識・基礎技能を習得する場です。幼児保育専攻の教員が1年次生に関わり、それぞれの専門領域の基礎知識を提示するオムニバス形式の授業です。

2年次

保育実習(施設)、初等教育実習で実習施設の概要や職務の内容を理解し、個別の関わりの大切さを学びます。

基幹科目

キリスト教教育論 1.労作体験Ⅰ・Ⅱ
幼児体育Ⅰ・Ⅱ

文化交流を実践する

社会的養護 社会福祉 相談援助 乳児保育
社会的養護内容 家庭支援論 子どもの保健Ⅰ・Ⅱ
音楽Ⅲ・Ⅳ 美術Ⅲ・Ⅳ 保育内容研究・健康
保育内容研究・環境
保育内容総論 子育て支援論 2.保育相談支援 
幼児理解と教育相談 3.子ども文化論
キリスト教保育 発達障害学 言語発達心理学
身体表現 幼児保育特殊演習 A・B・C

文化を学ぶ

教育行政学 教育方法論
初等教育実習Ⅲ 初等教育実習Ⅳ

1.労作体験Ⅰ・Ⅱ
1.労作体験Ⅰ・Ⅱ

畑を耕し、タネをまいて育て、収穫した大豆から豆腐を作ったり、栽培したハーブを使って草木染めをしたりするなど、一連のプロセスを体験します。その中で、自然と人間との関わりを見つめ直すとともに、普段は埋もれている、生活の中の重要な知識や技能を身につけます。

保育相談支援
2.保育相談支援[ 2年次 ]

子どもの発達や保育における専門性を有する保育士は、保護者が抱える子育ての戸惑いや不安に寄り添うことも求められます。本授業では保護者支援に関する心構え、支援方法や技術について学習。保育所や児童福祉施設における支援のあり方についても考察します。

子ども文化論
3.子ども文化論[ 2年次 ]

子どもの生活や遊び、文化の歴史をいろいろな角度から考え、遊びの中にある学びについても実践をとおして知っていきます。また、身近な素材から簡単にできるおもちゃを制作することで、保育者として大切なことも学びます。

3年次

2年次での実習で学んだことや、自らの課題をふまえて、 保育実習(保育所・施設)、 初等教育実習を行います。

基幹科目

幼児保育演習Ⅰ・Ⅱ

専門科目

保育内容研究・表現Ⅰ・Ⅱ 保育方法の研究
子どもの食と栄養 子どもの保健Ⅲ 児童家庭福祉
1.障害児保育 保育実習Ⅰ(保育所) 2.保育実習指導Ⅰ
保育実習Ⅰ(施設) キリスト教保育 発達障害学
言語発達心理学 身体表現 幼児保育特殊演習 A・B・C
地域発達臨床論 子育て支援演習A・B

資格科目

小学校国語科研究 小学校算数科研究
小学校生活科研究 小学校体育科研究


障害児保育
1.障害児保育[3年次 ]

障がい児保育の理念や制度、保育する上での配慮すべき点などの基本的な知識を学びます。その上で、障がいのある子どももそうでない子どもも、ともに成長できる保育とはどのようなものかについて、みんなで議論し、障がいのある子どもの保育のあり方について理解を深めます。

保育実習指導Ⅰ
2.保育実習指導Ⅰ[ 3年次 ]

保育実習Ⅰ(保育所)3年次5月、および保育実習Ⅰ(施設)3年次9月を行うための基礎知識と必要な援助技術などを習得。実習は不安なこともありますが、子どもたちや施設利用者と直接ふれ合って、学びが深まります。この授業をとおし、実習への意欲を高めます。

4年次

これまでの学びを振り返るとともに、保育所・幼稚園への就職をめざします。

基幹科目

幼児保育演習Ⅲ・Ⅳ

専門科目


保育実践研究A・B 卒業研究 保育実習指導Ⅱ
保育実習Ⅱ(保育所) 保育実習Ⅲ(施設)
キリスト教保育 発達障害学 言語発達心理学
身体表現 幼児保育特殊演習 A・B・C
地域発達臨床論 子育て支援演習A・B


資格科目
保育・教職実践演習(幼稚園)
1.保育・教職実践演習(幼稚園)[4年次 ]

4年間の学びの集大成として、グループ討論やロールプレイなどをとおして、保育者としての職務内容の理解や指導力、対人関係能力が身についているかを確認します。自ら作成した保育指導案をもとに模擬授業もします。

幼児保育専攻

資格取得に向けた学外実習スケジュール

  1年次 2年次 3年次 4年次
保育士 - - 保育実習Ⅰ(保育所) [必修]
保育所11日間


保育実習Ⅰ(施設)[必修]
福祉施設12日間
保育実習Ⅱ(保育所)[選択必修]
保育所11日間


保育実習Ⅲ(施設)[選択必修]
福祉施設12日間
幼稚園教諭一種 - 初等教育実習Ⅲ[必修]
茨城キリスト教大学附属認定こども園5日間


初等教育実習Ⅳ[必修]
幼稚園15日間
- -

[必修]:上記の資格取得に必修となる実習。
[選択必修]:上記の資格取得でどちらかを必ず選択しなければならない選択必修となる実習。

進路・就職

卒業後の道

本専攻では4年間で保育士、幼稚園教諭一種、社会福祉主事(任用)などの資格が取得できます。1・2年次は資格を取得するための授業や理論を中心に学習。実習は2年次からスタートし、以後卒業まで、豊富な実習・演習をとおして実践力を養います。保育所、幼稚園、さらに双方の機能を併せ持つ「認定こども園」と、活躍の場はますます広がっています。

進路イメージ

  • 保育所保育士
  • 児童養護施設職員
  • 障害児施設職員
  • 幼稚園教員
  • 乳児院職員
  • 被虐待児童などの受け入れ施設職員
  • 認定こども園教員・保育士
  • 母子生活支援施設職員
  • 教育関連自治体職員 など 

進路実績(2017年5月1日現在)

%
  • 医療、福祉
  • 教育、学習支援業
  • 卸売業、小売業
  • 製造業
  • サービス業
  • 公務
  • 建設業
  • 不動産業、物品賃貸業
就職者72
就職希望者73

主な就職先(2017年3月卒業生)

  • 日立市立かみね保育園
  • 日立市立みずき保育園
  • ひたちなか市立つだ保育所
  • ひたちなか市立東石川保育所
  • 水戸市立河和田保育所
  • 那珂市立菅谷幼稚園
  • 水戸市立石川幼稚園
  • 東海村立とうかい村松宿こども園
  • 鹿嶋市立平井認定こども園
  • 桜ノ牧保育園
  • 瓜連保育園
  • 三宝保育園
  • つばさ保育園
  • ひじり保育園
  • チューリップ保育園
  • 日生湯島保育園ひびき
  • はなのわ幼稚園
  • 水戸幼稚園
  • 烏山聖マリア幼稚園
  • 認定こども園大久保幼稚園
  • 麻生こども園
  • いばらき中央認定こども園
  • 児童養護施設チルドレンズ・ホーム
  • 児童養護施設誉田養徳園
  • ㈱こども体育研究所
  • 警視庁 ほか 

卒業生の声

子どもにも、保護者にも もっと寄り添っていけるように自分の保育力のさらなる レベルアップを追求中。

保育の学びは「他者との関わり」を考える体験の場にもなります。

ここでは、子どもたちの生活全般について学べます。その範囲はとても広く、子どもの言葉や身体の発達、心理、食生活、身体表現や音楽、美術、さらには特別支援や、保護者を取り巻く環境なども含まれます。私が担当する「美術」や「幼児保育演習」では、折り紙や絵の具、粘土などの素材を使いながら幅広い表現を行いますが、この体験を通じて、子どもたちの多様な表現と、その気持ちを理解できるように努めてほしいと考えています。

佃 彰一郎 文学部 児童教育学科 教員

幼児保育専攻教員一覧

児童教育学科 幼児保育専攻の教員一覧

高度な専門性と、豊富な現場経験を兼ね備えた教員は、学生の飛躍的な成長を支える原動力。成績優秀なだけではない、他者に寄り添い支えられる、真に優れた人材の育成に向けて、大学全体でチームワークを組み、持てる力の限りを尽くして取り組んでいます。