茨城キリスト教大学

看護学研究科 看護学専攻

概要

社会の保健医療ニーズに応える高度専門職業人の育成

現代の高度化する医療にあっては、より専門的な看護の知識と実践力が求められています。本研究科では、看護実践のリーダーとしてチーム医療を推進できるマネジメント能力をもつ高度専門職業人の育成を目指します。
 

高度専門能力を支える実践看護学研究やその教育の担い手の育成

看護の質を向上させるための実践研究を推進し、医療施設との共同研究や人材交流など協力体制を充実させます。同時に最先端医療の中での看護の役割を開発する教育者の育成を目指します。 

慢性病者の在宅医療システムの開発

治療から予防へ。
国民ひとりひとりが参加する健康づくりが推進されています。地域医療・保健施設と協力して、慢性疾患を中心とした在宅看護方法論の開発を目指します。これをリードする看護実践者を育成し、地域・医療施設・大学が協同して、大学・地域連携教育システムを構築します。 

専門職業人の自立とキャリア形成

すでに看護職として働いている方の上級能力育成だけでなく、卒業生のキャリアアップの場として、地域と協同で必要な人材を育てていきます。 

Evidence based Nursingを支える基礎看護科学研究やその教育の担い手の育成

看護学はケアを追求する実践科学であり、質を高めるには基礎研究と臨床研究が不可欠です。実証的な研究に基づいた新たな看護技術の開発研究と、これを教授する人材の育成を目指します。
 

本大学院の特色

〔1〕昼夜間開講制

 学部からの進学者だけでなく、広く社会人のリカレント、リフレッシュメントを対象とする教育・研究の機関となるため、本大学院では昼夜間開講制を採っています。昼間仕事をもっている方のために、夜間にも授業を開講しています。

〔2〕長期履修制度

 職業を有している等の事情により、定められた修業年限で大学院の教育課程の履修が困難な者に限り、標準修業年限2年を超え、3年間で修学できる長期履修制度を導入しています。

修業年限

学びの計画によって、2年履修、3年履修を選択します。(4年まで在学可能)
修業年限は、大学院出願時に選択しますが、1回に限り変更が可能です。(詳細については、学生募集要項を参照のこと。)
 

カリキュラム

履修について

本大学院は社会人の方の履修を可能にするため、昼夜間開講制をとっています。時間割は、毎年4月上旬の専攻別ガイダンスで、受講者と相談の上、調整しています。 授業は、月曜日から土曜日(場合によっては集中)と夏期等休業中に集中講義の形で行われています。夜間の場合は、6時限目(17:40~)、7時限目(19:15~)に行われています。  

単位について

論文コースの場合は、共通選択科目6単位以上、専門共通科目8単位以上、看護専門科目8単位以上、看護特別研究8単位の合計30単位以上を修得しなければならない。 ※CNSコースの場合は、共通選択科目6単位以上、専門共通科目8単位以上、看護専門科目12単位以上、看護学実習6単位、課題研究2単位の合計34単位以上を修得しなければならない。 
1年次
  授業科目 単位
  授業科目 単位
共通選択科目 保健統計学特論 2 専門科目
実践看護学分野
生活支援看護学領域
慢性看護学特論 2
教育方法学特論 2 慢性看護学援助特論Ⅰ 2
発達心理学特論 2 慢性看護学援助特論Ⅱ 2
カウンセリング特論 2 生活支援看護学特論Ⅰ 2
栄養生理学特論 2 生活支援看護学特論Ⅱ 2
障害者支援特論 8 生活支援看護学特論Ⅲ 2
マネジメント特論 8 生活支援看護学演習Ⅰ 2
専門共通科目 看護学研究法特論 2 生活支援看護学演習Ⅱ 2
看護理論特論 2 看護学特別研究
(生活支援看護学)
8
看護倫理特論 2 専門科目
実践看護学分野
発達支援看護学領域
発達支援看護学特論Ⅰ 2
看護形態機能学 2 発達支援看護学特論Ⅱ 2
ヘルスプロモーション特論 2 発達支援看護学特論Ⅲ 2
コンサルテーション特論 2 発達支援看護学演習Ⅰ 2
看護管理学特論 2 発達支援看護学演習Ⅱ 2
      看護学特別研究
(発達支援看護学)
8
専門科目
基礎看護科学分野
基盤実証看護学領域
看護生体情報学特論 2 専門科目
実践看護学分野
精神看護学領域
精神保健学特論 2
看護生体情報学演習 2 臨床精神看護学特論 2
応用看護技術学 2 精神看護学演習 2
応用看護技術学演習 2 看護学特別研究
(精神看護学)
8
看護マネジメント特論Ⅰ 2  
看護マネジメント特論Ⅱ 2
看護マネジメント演習 2
看護教育学特論Ⅰ 2
看護教育学特論Ⅱ 2
看護教育学演習 2
看護学特別研究
(基盤実証看護学)
8
2年次
専門科目  授業科目 単位数 専門科目 授業科目  単位数
基礎看護科学分野
基盤実証看護学領域
看護学特別研究
(基盤実証看護学)
8 実践看護学分野
発達支援看護学領域
看護学特別研究
(発達支援看護学)
8
実践看護学分野
生活支援看護学領域
慢性看護学演習Ⅰ 3 実践看護学分野
精神看護学領域
看護学特別研究
(精神看護学)
8
慢性看護学演習Ⅱ 3  
看護学特別研究
(生活支援看護学)
8
課題研究 2
慢性看護学実習 6

入試情報

出願について

事前相談
研究内容・履修期間等について担当教員による事前相談を必ず行うこととします。
Ⅰ期試験に出願する場合は 2017年9月22日(金)まで、Ⅱ期試験に出願する場合は 2018年2月6(火)までに、入試広報部にお問い合わせいただき事前相談を済ませて下さい。(詳細については、学生募集要項(8月下旬公表予定)を参照のこと。)
特に以下の場合には注意が必要です。
心身に持病・障がいのある方は、時間的余裕をもってご相談下さい。本学が必要と判断した場合には、健康診断書が出願書類の一つになります。 

出願方法

インターネットを利用したWeb 出願となります。
出願登録および検定料振込は出願期間最終日16 時30 分までとなります。

※紙媒体での「学生募集要項」(冊子)は配付しません。

入試要項

看護学専攻Ⅰ期

1.出願期間 2017年9月25日(月)〜10月5日(木)〈窓口・郵送必着〉
※出願登録は最終日16時30分までとなります。
窓口受付は、9時〜16時30分。(ただし、土曜日の午後および日曜祝日は除きます)
2.検定料振込期間 2017年9月25日(月)〜10月5日(木)〈窓口・郵送必着〉
※検定料振込は最終日16時30分までとなります。
3.試験日 2017年10月14日(土)
4.合格発表日 2017年10月18日(水)
5.入学手続期間 2017年10月19日(木)〜10月31日(火)<窓口・郵送必着>
※10月25日(水)窓口受付不可

看護学専攻Ⅱ期

1.出願期間 2018年2月7日(水)〜2月22日(木)〈窓口・郵送必着〉
※出願登録は最終日16時30分までとなります。
窓口受付は、9時〜16時30分。(ただし、土曜日の午後および日曜祝日は除きます)
2.検定料振込期間 2018年2月7日(水)〜2月22日(木)〈窓口・郵送必着〉
※検定料振込は最終日16時30分までとなります。
3.試験日 2018年3月3日(土)
4.合格発表日 2018年3月7日(水)
5.入学手続期間 2018年3月8日(木)〜3月23日(金)<窓口・郵送必着>