茨城キリスト教大学

カンボジアでのボランティア活動は
自分を見つめ直すための貴重な経験。

ボランティアでカンボジアを3回訪問しました。毎回新たな出会いや発見があり、視野が広がりました。この経験がきっかけで日本語教員への興味が湧き、研究テーマであるファストファッションの問題やフェアトレードについても知ることができました。

小泉 朱里 さん 文学部 文化交流学科 3年
茨城県立日立第二高校 出身

毎日が発見の連続だったカナダでの留学生活。
自分の考え方が変化し、積極性も身につきました。

3年次に交換留学制度を利用し、カナダのファンショーカレッジで7カ月間の留学を経験しました。留学先ではEAPという英語を専門的に学ぶクラスに所属。能動的な授業スタイル、国際性豊かな同級生に囲まれ、とにかく毎日が発見の連続でした。特に印象深かったのは、ホストファミリーの存在です。私を家族の一員として受け入れ、接してくれま
した。また、私が日本人だというと日本のアニメや技術の素晴らしさを語ってくれる人が多いことに驚きました。日本を離れて客観的に見ることで、日本の素晴らしさに気づき、日本人であることを誇りに思うようになりました。留学後は語学力以上に、自分の考え方の変化を感じました。人見知りだった私が、英語しか話せない環境で、フレンドリーな人々との交流をとおして、積極的になることができました。

髙場 菜央 さん 文学部 現代英語学科 4年
茨城県立日立第一高校 出身
【交換留学:ファンショーカレッジ(カナダ)】

一緒にがんばる仲間が集まる「教職指導室」は試験対策だけでなく、心の支えにもなりました。

教員をめざすきっかけは、中学校の恩師の存在です。私の努力を認めてくれたことが嬉しく、次への原動力になったことの恩返しがしたいと考えました。3年次から採用試験を意識し始め、教職指導室に足を運びました。テキストを借りて学習を進めると同時に、対策講座に参加。出題傾向や学習方法、教材の選択などの指導だけでなく、挫折しそうになった時に見守ってくださっていると感じることで、さらにがんばることができました。4年次には友人と夜まで勉強を続け、協力することの大切さも学べました。頼れる先生や仲間の存在は大きな支えとなりました。

西野 碧恵 さん 文学部 児童教育学科 児童教育専攻
2019年3月卒業
茨城県立水戸第二高校 出身
【教員採用試験合格:水戸市立渡里小学校】

トピックス

ニュース

前へ

学生一人ひとりを支え、ともに歩む

知と心を育む2つの施設

社会で生きていくための力や
仕事に対する考え方が身につきます。

経済に関する基本的な知識から、社会に出てから役立つ知識まで身につけられます。幅広い分野を学べるので、物事の考え方やとらえ方が変化しました。特に会計や簿記では、身近な「お金」に関する理解が深まり、社会で生きていく力が得られたと感じます。

髙瀬 雄成 さん 経営学部 経営学科 4年
茨城県立太田第一高校 出身

患者さまの心に寄り添い、
望む人生を送る手助けができるように。

患者さまに心の通ったケアができるように、さまざまな視点で物事を見る力を養える学科です。低年次からの実習で現場を知ることは、自分なりの看護のあり方を発見することにもつながります。今後は患者さまに寄り添ったケアのための関わり方も学んでいきたいです。

滝 冬香 さん 看護学部 看護学科 4年
茨城県立日立第一高校 出身

ひらめきが形になったフグ肝の加工品。
新たな研究テーマを後輩に託して。

「学生の意見を尊重してくれる環境」
市場に流通していないフグ肝の研究は、このゼミだからこそできる貴重な経験です。先生は学生の意見や自主性を尊重してくださるので、学生が主導となって研究を進められます。今後は社会に出た時、他職種と関わる中で、今まで培ったものをどう発揮していくかを学びたいと思います。そして、管理栄養士として特化できることで社会に貢献していきたいです。

斎藤 恵理奈 さん 生活科学部 食物健康科学科
2019年3月卒業
茨城県立佐和高校 出身
【大貫 和恵ゼミ:食品加工学、食品学】

患者さまが「どうしてほしいか」を
常に患者さまの立場で考えられるように。

「入院中の子どもの権利について研究」
「集中治療室に入院している子どもの権利を守る看護」をテーマに研究に取り組んでいます。医療機器に囲まれた夜も明るい病棟での制限された生活、面会制限で家族がいない状況は、子どもの成長発達の妨げになっています。治療に加え、成長発達の面でも何ができるか、病院で3週間の事例研究を行いました。正解のない難しいテーマですが、これからも常に考えていきたいと思っています。

征矢 芽久 さん 看護学部 看護学科
2019年3月卒業
茨城県立水戸第二高校 出身
【松澤 明美ゼミ:小児看護学】

さまざまな意見や考え方にふれることで
多面的な視野やチームで動く大切さを実感。

「創作活動をとおして視野が広がっていく」
ゼミではさまざまなテーマに沿って、紙粘土やロウ、石膏などで作品を作り、発表、質疑応答を行います。視点の違いが作品の違いとなり、その人らしさや表現の多様さにふれることで、多面的な視点が身につき、異なる意見を肯定的に捉えることができるようになりました。また、ゼミでは発表する機会が多く、必然的に「相手にどう伝えるか」ということも考えるようになりました。

内山 大河 さん 文学部 児童教育学科 児童教育専攻 4年
茨城県立日立第一高校 出身
【小林 信悟ゼミ:美術、図画工作】

英語で会話する楽しさを
たくさんの人に伝えていきたい。

英語の教員をめざす自分にとって、積極的に英語を話す機会や留学生と関わることのできる環境は魅力です。英語のみの授業も、厳しいからこそ理解できた時の喜びは大きいと感じます。ホテル業界やエアライン業界など興味深い分野も学べ、視野が広がります。

飛田 伸也 さん 文学部 現代英語学科 3年
茨城県立勝田高校 出身