茨城キリスト教大学

教育課程方針(カリキュラム・ポリシー)

茨城キリスト教大学は、建学の理念実現をめざして別に設定するディプロマ・ポリシーに基づき、次の方針により教育課程を編成します。

全学教養課程

全学教養課程は下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。

1. すべての学生の人間的成長を促し、もって次代の創造に参画するよき市民の育成をめざします。
2. キリスト教の精神に基づいた全人格的教育の展開を通して、現代社会において自立した個人として、またよき隣人として、自他を尊び「共に生きる」精神を育みます。
3. 自然ならびに人間社会に対する畏敬をもって調和と共生を図るために自ら行動することができる人物の育成をめざします。あわせて、心身の健康に関心を持ち、その促進のために科学的視点をもって行動することができる人物の育成をめざします。
4. 充実したリテラシー教育の展開とともに、自然、歴史、地域社会、先人の知恵とあわせて現代科学におけるさまざまな知見に学ぶ機会を提供することにより、高度情報社会をしなやかに生きるバランス感覚と行動力に優れた人物を育みます。
5. 世界の多様性の認識と異文化への理解を深めるとともに、自身の言語と文化を尊び継承し発展させることができる人物の育成をめざします。
6. 言語や文化の異なる者とのさまざまな交流や共同体験を通して、たがいの文化を尊重しつつ人類社会の成員として共生していくための開かれた精神と幅広い視野を備えた人物を育みます。
7. 教養ある専門職従事者の育成に積極的に貢献します。教養ある人格こそがその専門性を高めるとの観点にたち、それぞれの学部・学科・専攻においてめざされている専門性を支え、それを広げ、活かすために不可欠なものとして教養教育を位置づけます。また優れた専門性は、教養ある人物から紡ぎだされるものであるとの観点にたち、すべての年次において教養教育と専門教育を有機的に配置し、相互の関連性と統合性を重視したカリキュラム展開を図ります。
 8. 全学に学ぶ学生同士の積極的な交流を通して、自らの専門性を相対化して捉える視点を養うとともに、将来、他分野との協働を通して人類福祉のために積極的に貢献することができる人物を育みます。

文学部

現代英語学科

現代英語学科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。
1. 1、2年次には、英語の「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能および非言語コミュニケーション技能の伸長をめざし、実用的なレベルの英語運用能力を身につけるための必修科目を配置します。また、英語を専攻する者として必要な知識を学び、国際社会における英語の役割を理解し、英語圏以外の文化に対しても広い視野と公平さを身につけることを目的とした「現代英語基礎演習Ⅰ」「現代英語基礎演習Ⅱ」を設置します。
2. 3、4年次には、グローバル化社会を生き抜く職業人に必要なスキルと教養を身につけるための選択科目を「グローバル・コミュニケーション」「ホスピタリティ」「言語教育」「言語と文化」「演習」「アクティブ・ラーニング」の各分野に幅広く設置します。英語圏の文学・歴史・文化について研究し、「生きる意味とは」「幸福とは」など、人のもつ根本的な問いについての答えを探求し、その過程で人間としての成長を図ります。
3. 実習などを含む「アクティブ・ラーニング」分野の科目だけでなく、他の科目においても学修への能動的な参加を促すグループワーク等の授業手法を取り入れます。
4. 年度当初に英語力診断テストを実施し、学修成果を客観的に評価します。また、年に一度学内TOEICの受験補助を行い、各学生が卒業時までに各自に必要な英語力を身に付けられるよう指導します。
5.
学修成果の評価は、各科目のシラバスにおける授業の到達目標に照らし合わせ、成績評価の方法・基準に応じて適正に行います。
6. 英語力に関する学修成果だけでなく、全人的成長についても、「DCEポートフォリオ」を活用して評価し、学修者が自律的、能動的に学修する態度を身につけるよう総合的に支援します。

児童教育学科

児童教育学科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。


児童教育専攻

1.
教育学・教育心理学・児童学などの初等教育に関わる知識や理論、および特別支援教育にかかわる分野を設定します。あわせて音楽・美術・体育・労作体験などの実習的分野の経験や、初等教育現場などで子どもたちとふれあう体験から学ぶ教育課程をふんだんに取り入れ、「頭と心と身体」をバランスよく鍛える教育課程を展開します。
2. 学科専門科目は教養科目との融合を図りつつ、1年次は基幹及び関連科目課程、2年次は初等教育(小学校)課程、3年次は初等教育(幼稚園)及び特別支援教育課程、4年次は専門領域研究・実践課程で構成することで、豊かな知的探求心と感性、健康な身体を併せ持ち、教育分野を中心とした領域で活躍できる人材を育成します。
3. 3、4年次の演習では、教育におけるさまざまな課題について自ら探求し深く思索する姿勢を育てます。授業では、グループ・ディスカッション、ディベート等のアクティブ・ラーニングを取り入れ、自ら学ぶ力を伸ばします。
4.
学修成果の評価は、各科目のシラバスにおける授業の到達目標に照らし合わせ、成績評価の方法・基準に応じて適正に行います。
5. 4年間を通して「IC教職履修カルテ」の各評価シートに基づき、具体的・効果的且つ実践的に学修成果を把握し、教職をめざして学修を重ねていくことで、何を学んだのかを振り返り、今後の課題を明らかにして行動化するための手がかりを得ることを支援します。

幼児保育専攻

1. 保育の現場において高い専門性をもって活躍できる人材の育成をめざし、教育学や保育学の知識や理論、音楽・美術・体育に関する基礎的な技能とその現場での応用、また子どもの発達に関わる現代的な課題への臨床的対応などについて学ぶことのできる科目群を設定します。
2. 保育所・認定こども園や福祉施設等での保育実習によって、自己の子ども観を問い直し、保育者として必要な実践的思考力を育成します。
3. 実習後の事後指導を通し、各自が自己課題を明確化しながら今後の具体的な取り組みを考えてゆくことを支援します。
4. 3、4年次の演習では、保育におけるさまざまな課題について自ら探求し、深く思索する姿勢を育てます。
5. 授業では、グループ・ディスカッション、ディベート等のアクティブ・ラーニングを取り入れ、自ら学ぶ力を伸ばします。
6. 学修成果の評価は、各科目のシラバスにおける授業の到達目標に照らし合わせ、成績評価の方法・基準に応じて適正に行います。
7. 保育実習では、実習日誌に記録した内容をもとに、保育者として自らを省察する力をつけるための学修を支援します。
8. 4年間を通して「IC教職履修カルテ」の各評価シートに基づき、具体的・効果的且つ実践的に学修成果を把握し、教職をめざして学修を重ねていくことで、何を学んだのかを振り返り、今後の課題を明らかにして行動化するための手がかりを得ることを支援します。

文化交流学科

文化交流学科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。
1. 1年次には、文化交流の基礎的知識およびスキルの習得を目的とした「文化交流入門」「基礎演習Ⅰ」を配置します。また、1、2年次に履修する科目として、「文化人類学」「社会学」「歴史学」「人文地理学」を設置します。これらの基幹科目を通して、文化交流学科の応用分野である国際共生、観光、地域貢献、および日本語教育にかかわる、導入的基礎知識を得ることを支援します。
2. 2年次には、「基礎演習Ⅱ」「基礎演習Ⅲ」を配置することで、文化交流にかかわる基礎的知識およびスキルの更なる向上をめざします。また、基幹科目に加え、「民俗学」「考古学」「東洋史」「西洋史」「日本史」などの、文化を学ぶ上での基礎となる科目群を設置します。これらにより、1年次に得た基礎知識を深めるとともに、文化交流全般における視野の一層の拡大をめざします。
3. 3、4年次には、応用分野に関する科目群を配置するとともに、「文化論演習」を通して、文化交流に関する知識とスキルを応用・発展させます。さらに、卒業論文は選択ですが、執筆に必要なスキルや方法論を習得する機会として「卒業研究」を配置し、段階的指導を実践します。
4. 「文化交流体験」「海外ボランティア」「ジャーナリズム研究」「情報社会論」などの、国内外でのフィールドワークやアクティブ・ラーニングに関する授業を、積極的に実施します。
5. 学修成果の評価は、各科目のシラバスにおける授業の到達目標に照らし合わせ、成績評価の方法・基準に応じて適正に行います。
6. 国内外でのフールドワークやアクティブ・ラーニングに関する評価は、当該活動で課している報告書等で評価し、学科独自のニューズ・レターでその成果を学内外に発表します。

生活科学部

心理福祉学科

心理福祉学科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。
1. 人びとの生活を支援する「心理」と「福祉」に関連する幅広い知識を身につけ、対人支援において心の面と環境の面からアプローチできる専門性を身につける教育を行います。
2. 初年次教育では、グループ学習などを通じて対人支援に必要なコミュニケーション能力の向上と主体的学修の習慣化を図ります。
3. 1、2年次に配置する専門基礎科目では、「心理」と「福祉」の両面から学ぶことで、人々の生活について心の面と、環境の面から興味・関心を高め、より専門的な学び動機づけを高めます。
4. 2~4年次に配置している心理カウンセリング系科目群、福祉系科目群の教育では、専門基礎科目の学修を踏まえ、各学生の興味・関心に応じてさらに高度な知識・技術を養います。
5. 講義・演習科目では、グループディスカッション、プレゼンテーション、ロールプレイやフィールドワークなど能動的学修を取り入れることで主体的な学修を促進し、学んだ知識・技術の定着をめざします。
6. 実験科目においては、心理検査や心理調査、模擬面接などの体験を通じて、より専門的な実践力を養います。
7. 実習科目では、社会福祉施設等現場でのボランティアや実習を通して、それまでの講義・演習科目での学びを試行することでコミュニケーション能力ならびに対人支援の実践力等を養います。また、「社会福祉援助技術現場実習」「社会福祉援助技術現場実習指導」では、社会福祉士国家資格取得に必要な実習を行い、社会福祉士として求められるソーシャルワークの知識・技術・価値観の修得を図ります。
8. 各科目の学修成果については、シラバスの学修目標、ルーブリックなどによって評価を行います。

食物健康科学科

食物健康科学科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。
1. 食物健康科学に関連する幅広い知識と専門性ならびに管理栄養士、栄養士、食品衛生監視員、栄養教諭、家庭科教諭等の専門職業人に必要な適性や知識・技術を身につけるための教育を行います。
2. 1年次の初年次教育、教養教育では、他学部の学生との交流や専門教育との連携を通して、ものごとを多角的に考究する態度や幅広い人間性と社会性を育むとともに主体的学修の習慣化を図ります。
3. 1、2年次に配置している専門基礎分野の科目の教育では、食物健康科学への興味・関心を高めるとともに、専門性の土台となる食と健康にかかわる基礎知識の修得をめざします。
4. 2~4年次に配置している専門分野の科目の教育では、専門基礎科目の学修をふまえ、さらに人々の健康づくりを担う専門職に必要な高度な知識・技術の習得ならびに応用力の育成をめざします。
5. 講義科目においては、学生参加型学習、グループ学習など双方向型の教育方法を通して、主体的・能動的な学修態度を育みます。
6. 実験・実習科目においては、多様な形態のグループ学習を通して、コミュニケーション能力ならびに専門職としての実践力・指導力等を養います。特に3、4年次の臨地実習や教育実習での現場実習においては、各職域の専門性について、知識・技術・態度の修得をめざします。
7. 4年次の卒業研究では、1~3年次までの学修や自らの興味・関心をふまえ、卒業研究のテーマを自ら考え、主体的に取り組む能力、科学的・論理的な思考および総合力を養います。
8. 初年次からの学修過程については、個人毎に履修系統図に基く学修計画を作成し、アセスメントテスト、学修ポートフォリオの結果等を踏まえて自己評価を行ないます。

看護学部

看護学科

看護学科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。
1. 看護専門職として社会に貢献できる看護実践者の育成をめざし、幅広い職業選択を可能にするために、看護師国家試験受験資格に加えて、選択履修により保健師国家試験受験資格や養護教諭一種免許状を取得できる教育課程を編成します。
2. 豊かな人間性を育むために、建学の精神であるキリスト教の基礎知識や、人文・社会・自然のすべての側面から全学教養課程を学ぶ構成とし、また倫理的態度を身につけていくための科目を段階的に配置します。
3. 看護展開において必要な科学的思考と判断力を養うための演習科目を、1~4年次を通し展開するとともに、アクティブ・ラーニングを主軸とし、看護技術の実践能力を強化します。
4. 科学的知識・技術、問題解決能力、コミュニケーション能力を含む専門職人としての確かな実践力を体系的に養うため、専門基礎科目、看護学の基本、看護展開の基礎、看護展開の応用、看護学の発展の順に学修を積み重ねていくかたちで教育課程を構成します。
5. 地域の特性を活かし、放射線利用や災害と看護に関する専門的知識を学ぶ科目を設置します。
6. 自らの関心を深め自律的・能動的に学修する態度を育成するとともに、生涯学習の動機づけを図るため、4年次に選択科目を配置し、研究方法論演習と総合実習を必修とします。
7. 教育目標に基づく各教科の目的達成を確認しつつ、客観的臨床能力試験の合格及び、最終学年に計画されている研究方法論演習、総合実習の学修過程と成果、持って教育目標の達成を最終的に確認します。

経営学部

経営学科

経営学科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施します。
1. 経営学科では「豊かな教養と専門性を備えた人材の育成」を念頭に、学問的素養を高め、経営学の各々の専門分野での知識や技能を育む一方、広く社会のニーズに合致するため、対人能力や問題解決能力に優れた資質を持つ人材の育成を重視します。そのため講義形式の授業に加えて、グループワークを多く取り入れた演習授業を初年度から行い、リーダーシップ力を養う参加型の実践教育を活用します。卒業後は民間企業や公的機関等で活躍し、将来、国際社会や地域社会に広く貢献できる質の高い人材の育成をめざします。
2. 社会で必要な知識・能力においては、①一般教養と倫理性(基礎学力・社会常識、倫理観と豊かな人間性の醸成)、②業務基本スキル(コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、問題解決能力)、 ③専門的知識・能力(専門知識・技能、分析、意思決定、リーダーシップに関わる総合的能力)が重要であると考え、それらをバランスよく修得できるよう教育課程を編成します。
3. 1、2年次においては、基礎的な能力を高めるために、入門科目とともに演習科目を必修とし、上記②、③の能力を育成するとともに、専門科目では、マネジメント、会計・ファイナンス、地域イノベーションの3分野を中心に、学生の将来の進路に応じた必要科目を年度別、段階的に選択できるように配置します。
4. 3、4年次には経営演習ゼミナールによって、指導教員の下で更に自らの専門性を磨く密度の高い教育を行います。
5. 評価においてはGPA制度による公正かつ客観的な運用に努め、「学生が何を身に付けたか」を重視して学生の進級判定、卒業認定、学修支援を行います。
6. 今日求められているグローバル社会で活躍する人材と地域社会に貢献する人材の育成を主眼として、専門科目に両系統(グローバルと地域)に関する充実した選択科目群(プログラム)を設置し、履修条件を満たした学生には修了認定を与えるグローバルビジネス・プログラムと地域マネジメント・プログラムを取り入れます。

文学研究科

文学研究科では、ディプロマ・ポリシーで掲げる人材を養成するため、各専攻において以下のカリキュラム・ポリシーを編成し、実施します。各専攻では中心となる分野に分け、各分野に必要な専門知識と研究能力を養います。さらに、広い視野から人文学的な教養を身につけたり、高度な専門学的学問の応用能力を養成したりすることを目的として関連科目を設置します。また、年次毎に研究計画書と研究報告書を作成し、計画的に研究を構想・実行する能力も高め、高度な専門性を備えた修士論文を完成させ、授業とは別に評価します。

英語英米文学専攻

1. 英米文学、英語学、英語教育の3分野に分け、各分野において専門性を身につける為に必要な科目群を開講します。英米文学の分野では、文学をリベラル・アーツとして学ぶことを、英語学の分野では、英語を言語学的な観点から解明することを、英語教育の分野では、英語教育理論の修得と研究を目標とする科目群を配置します。
2. 1年次は、3分野の科目を幅広く履修し、その理論や実践を修得するとともに、学生自らが設定した研究テーマを中心に修士論文等の作成に向けた準備を整えるための研究指導を実施します。
3. 2年次以降は1年次の学びをふまえ、より専門的な理論と実践を修得するとともに、研究の遂行と修士論文を完成させるための指導を実施します。また、大学院での学びの実践への活用とキャリア教育の一環として、インターンシップ等を奨励します。なお、文学研究科が適当と判断した場合は、英語英米文学専攻の英語教育分野に限り、特定課題研究の成果をもって修士論文に代えることを認めます。
4. 授業の形式としては、講義・演習ともに、学生と教員の双方向性を重視し、アクティブ・ラーニングを積極的に取り入れます。
5. 学修の評価は、学生の事前準備・発表・討論・レポートおよび英語技能の修得の程度、修士論文をもとに行います。

教育学専攻

1. 教育学、臨床教育、教育心理学、特別支援教育の4分野における理論と実践を学ぶとともに、カウンセリングを中心とした対人支援の技術を修得するための科目群を配置します。あわせて現代における教育や心の問題に関し教育・心理学の観点から理解するとともに、その支援の方法を学ぶための科目を配置し、これらの学びを通して教育や心理臨床等における専門職業人として地域に貢献できる能力を修得できるよう支援します。
2. 1年次は、教育・臨床教育・教育心理学・特別支援教育の4分野の科目を幅広く履修し、その理論や実践を修得することができるよう教育課程を編成します。また学生自らが設定した研究テーマを中心に修士論文等の作成に向けた準備を整えるための研究指導を実施します。
3. 2年次以降は1年次の学びをふまえ、より専門的な理論と実践を修得するとともに、研究の遂行と修士論文を完成させるための指導を実施します。また、大学院での学びの実践への活用とキャリア教育の一環として、学生による地域での教育ボランティア活動等を奨励します。
4. 授業の形式としては、講義・演習ともに、学生と教員の双方向性を重視し、アクティブ・ラーニングを積極的に取り入れます。
5. 学修の評価は、学生の事前準備・発表・討論・レポートおよびカウンセリングや心理検査等の技能の修得の程度、修士論文をもとに行います。

生活科学研究科

食物健康科学専攻

生活科学研究科食物健康科学専攻では、食教育の基本となる食物そのものを深く探求する「食物科学分野」と食物と栄養摂取、健康・疾病の関係を探究する「人間栄養分野」の2分野、及び極めて高度な専門応用科目と教育支援に関わる食教育支援科目から構成される専門関連分野を設置します。
1. 1年次は研究計画の作成方法について指導し、各自の研究テーマについて主体的に研究を進める能力の修得を支援します。また高度な専門知識と技能を、専攻が編成する講義、演習、実習により修得させます。
2. 2年次以降は、高度な専門知識と技能を、講義、演習、実習により修得させる一方、課題研究に積極的に取り組み、新たな知見を含む科学論文を作成し、未解明の課題を解決する論理的思考法と先端的な実験技術を学ばせます。さらに研究成果を学会で発表する機会を与え、プレゼンテーション能力を養うとともに、教育研究者に求められる指導力、教育力を伸ばします。
3. 学修成果は、シラバスに記載した目標に対する達成度、所定の単位を修得した後の修士論文の審査、口頭試問の結果を総合的に評価します。

看護学研究科

看護学専攻

看護学研究科では、ディプロマ・ポリシーに掲げる人材を養成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成します。
1. 看護学を探求する研究心と自ら進んで学修する意欲を向上させ、高い倫理観と責任感を備えた高度専門職業人の育成を目指します。
2. 共通選択科目、専門共通科目、専門科目を設置し、看護学の科学化や学問体系化を行い、社会の保健、医療、福祉のニーズに応えるべく研究や教育の担い手としての能力を育成します。
3. 多様化、複雑化する看護機能に対応する高度な看護実践を実現するためにより専門的な知識と技術を学修し、科学的かつ論理的に課題解決に取り組むことのできる能力の育成を目指します。
4. 主体的、積極的に自らの研究課題に取り組む学修方法を推奨するため、実験、実習、演習などのアクティブ・ラーニングをとおして専門職業人としての教育力と研究力を養います。
5. 学修への参加や態度、レポート、プレゼンテーションなどから総合的に評価し、さらに修士論文または課題研究論文を作成し最終試験を評価します。