茨城キリスト教大学

「JA常陸さとみ加工所」に見学に行きました

2017年10月10日(火)
JA常陸と地域連携センター共同企画で生活科学部食物健康科学科の学生を対象にした「JA常陸さとみ加工所見学会」を開催

本学、生活科学部食物健康科学科の学生を対象にした「JA常陸さとみ加工所見学会」を、10月10日に実施しました。

これは、JA常陸と地域連携センターの共同企画として実現したものです。

食物健康科学科の学生13名と共に常陸太田市里美地区にある「JA常陸さとみ加工場」に出向き、ジェラートやヨーグルトの生産現場を見学しました。
 

まずは設備の見学から

加工所を見学する際の説明を受けます。

白衣に着替え、施設の説明を受けます。

設備見学の様子

ジェラート設備の見学です。

見学の様子

ヨーグルト設備の見学です。

JA常陸エリア内で生産されている地元食材を使用した食品は、品質はもとより安全・安心を考えた生産・管理体制は大いに参考になりました。

また、JA常陸が運営している直売所の見学もありました。
地元食材の販売やレストランは多くの方で賑わっており、生産から販売までの行程を感じとることが出来ました。
里美ジェラートの試食を行いました。
ジェラートの感想に職員の方も興味津々です。
全員で記念写真!

「りんご目揃い会」も見学しました。

最後に「りんご目揃い会」も見学しました。
今年出荷するリンゴを生産者が持ち寄り、出荷規格や色や味、糖度を品評するものです。
関係者のみが集う会合ですので、大変貴重な機会となりました。
リンゴの種類も数もとても多かったです。
糖度や形などをリンゴと紙に書いています。
記載された紙には品種や重量、蜜入りの有無も記載されていました。

関連リンク

地域連携センターについて

地域連携センターについて

地域連携センターでは、学生ボランティアの他にも地域に貢献できる講習や講演会を企画しています。
 
地域社会との連携、地域活動のほかに、公開講座・県民大学など各種講座運営、聴講生に関すること、広報誌「みどりの」編集・発行、地域・教育ボランティアに関することを担当しています。
 
気になる方は、地域連携センターまでお問い合わせください。

取扱窓口時間

平日 8:45〜16:45
※昼休み時間もオープンしています。
土曜日 8:45〜11:50
※日・祝及び大学指定の休日等は閉室となります。
※学内行事等の事由で閉室日・閉室時間が変更になる場合があります