茨城キリスト教大学

子育て支援室アンネローゼ

学生とともに、
地域の子育て支援に貢献します

子育て支援室アンネローゼでは、012歳児親子など、地域に暮らす人々の参加できる様々な催しを企画・運営しています。本学教員が学生とともに参加し、教員の実践研究・学生の学びの場になっています。地域の方々との出会いの中で、親子も学生も教員も成長します。

参加募集中の講座一覧


赤ちゃんにもママにも優しい安眠講座

第3回子育てママのおしゃべりくらぶ


第3回子育てママのおしゃべりくらぶ

「子育てママのおしゃべりくらぶ」は、別室に託児を設けることで、子育てについてゆったりと語り合うことができる場を提供します。
初めての人とのおしゃべりが苦手な人でも大丈夫です。有資格者のファシリテーターがいます。
また子どもさんは、週に1回2時間程度、お母さんから離れても発達に影響することはありません。どうぞ気軽にお申し込みください。
 
開催日:【2019年】 1/8、1/15、1/22、1/29、2/5、2/12

第3回子育てカフェ

アンネローゼ子育てカフェは、子育て中のママ・パパのための「出会いの場」。
0歳から2歳までのお子さんを子育て中のみなさま、お子さんといっしょに参加してみませんか。

第1回 2018年11月11日(水)
第2回 2018年11月21日(水)
第3回 2018年12月12日(火)
第4回 2018年12月19日(火)


プレイ・グループ「クローバー」

「子育てが大変!」と感じている保護者の方、子どもさんの発達が気になっている保護者の方向けの親子教室です。
本学教員、保育士、学生が、子どもさんの発達を促す活動に取り組みます。

第1回 個別に設定
第2回 10/12
第3回 10/26
第4回 11/09
第5回 11/16
第6回 11/30
第7回 12/07
第8回 12/14
第9回 12/21
第10回 2019/01/11
第11回 01/25
第12回 02/08
第13回 02/15
第14回 02/22
第15回 03/08
第16回 03/15

【秋期公開講座13】第2回子育てママのおしゃべりくらぶ

「子育てママのおしゃべりくらぶ」は、別室に託児を設けることで、子育てについてゆったりと語り合うことができる場を提供します。
初めての人とのおしゃべりが苦手な人でも大丈夫です。有資格者のファシリテーターがいます。
また子どもさんは、週に1回2時間程度、お母さんから離れても発達に影響することはありません。どうぞ気軽にお申し込みください。

開催日: 10/16、10/23、10/30、11/6、11/13、11/20
 

【秋期公開講座14】赤ちゃんが来た(BP)プログラム

0歳児を初めて育てている保護者のための仲間・きずな・学びのプログラムです。生後2ヶ月から5ヶ月までのお子さんと子育て中のお母さんを対象とした全4回の講座を実施します。

開催日:12/4、12/11、12/17、12/25

【秋期公開講座15】ワーキングマザー講座

育休中、あるいはこれから仕事をしたいと考えている子育て中のお母さんを対象としています。「母となってはたらくこと」に前向きになれる4回講座です。

開催日:11/5、11/12、11/19、11/27

子育て支援室アンネローゼのTwitter @cocplus

子育て支援室アンネローゼ開所のご案内やイベント開催の報告をしております。

COCプラス事業について

COC+「文部科学省地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」とは、茨城大学を拠点校として、県内大学・高専など5校が参加、県と協働し、2015年度より5か年計画で、地域の発展を目指して、教育・研究を進める事業です。本学は特に、子育て支援の分野で、地域に根差した研究・教育に取り組んで参りました。

アンネローゼとは

ナチスドイツの犠牲となった少女アンネ・フランクの父親は、第二次世界大戦後、娘を偲び平和への願いを込めたバラ、アンネローゼを世界各国に贈りました。本学園にも、その一株が根をおろしています。子どもたちの健やかな成長を願って、子育て支援に取り組む私たちは、アンネローゼの名に恥じぬよう、一人ひとりを大切にする支援の場を作りたいと思います。

これまでの活動の記録

子育て支援室アンネローゼではさまざまなイベントを開催しています。過去に実施した内容はこちらから見ることができます。

子育て支援室アンネローゼについて

子育て支援室アンネローゼの活動

2歳未満の子どもと親のための「アンネローゼ子育てカフェ」、親支援プログラム(NP、BP、トリプルP)、発達支援などの子育て支援事業を、地域貢献・学生教育・実践研究の場として企画・運営しています。