茨城キリスト教大学

2017年度韓瑞大学校への海外留学生 AK 2月分報告書

【韓国】韓瑞大学校
A.K.(現代英語学科)
at Hanseo University 【Korea】

こんにちは!留学を始めてから来月で、間も無く1年が経とうとしています。今この報告書を書きながら、1年前の自分について思い出していますが、「韓国のことも良く知らない。留学プランも前例がない状態で、ずいぶん思い切ったことをしたな」と、いろんな意味で笑いが込みあげてきます。

さて、今月についてですが、2月は冬・春休み最後の月です。日本の外務省から毎週の様に届いていた、朴槿恵大統領の退陣デモに関する注意喚起のメールもいつの間にか送られることがなくなりました(とりあえずは安心して生活できます)。日本は小春日和のような日もあるそうですが、韓国は小春日和とは程遠い極寒の毎日です。連日曇りや雨、雪、晴れ間の見えない日々が続いていたので、塞ぎ込みがちな日々が続いていますが、大学周辺の木々の蕾が日に日に増えており、確実に春へと近付いています。

新学期は来月(3月)からで、毎日が手持ち無沙汰だったので、今月は久しぶりに日本人の友人とプチソウル旅行に行ってきました。まずは홍대(弘大・ホンデ)です。ホンデは日本でいう渋谷や原宿のような場所です。久しぶりのソウルでテンションの上がった私は、友人と共に雑貨や服、バック、化粧品などたくさん買いました。他にもソウル特別市には명동(明洞・ミョンドン)というホンデに似た場所があります。どちらも安い値段でそこそこの質の商品が買えるので、買い物が好きな人にはオススメです!次に訪れたのは、광장시장(広蔵市場)という市場です。文字通り広い!広いけど、お店や人でごった返してるので、巨大な蔵の中を人の間を縫うようにして進まなければいけません。そして、古着、韓服(チマチョゴリ)、螺鈿細工、織物、衣料品、手芸用品、青果、野菜、精肉、鮮魚、台所用品、婚需(結婚に必要な品)など、とにかく取り扱っている品数が多く、不思議な雰囲気が漂っており、五感で楽しめる場所でした。

私の一番の目的は한복(韓服・チマチョゴリ)の購入です。前々から留学の記念に欲しいと思っていたので、今回思い切って購入しました。韓服は着物とは違い、上下2つから成る服で、上着とスカートをそれぞれ選んで世界に1つの自分だけの韓服を作ることができます。私は少しフォーマルな韓服が欲しかったので、色もあえて濃い色にしました。別のお店で韓服にマッチする靴を買い、トータル(日本円で)1万4千円ほどで揃いました。頭に飾る髪飾り専門のお店もありましたが、私は去年の誕生日に韓国人の友人からプレゼントで貰っていたので、髪飾りに関しては購入しませんでした(でも案の定、店先で見ていたら可愛くて欲しくなっちゃいました)。こちらも観光で訪れてもよし、ご飯や買い物をしに来てもよしの場所です。久しぶりのソウルは韓国感満載の楽しい時間でした。

韓国人の方と韓国語で会話できる時間も長くなったり、分からなくても韓国語で何とか伝える術も身について来たので、外に出て人と触れ合ったり、知らないものを見たり聞いたり感じたりする瞬間がとても楽しいです。

色々お話ししましたが、来月からは留学2年目突入です。次年度はICから文化交流学科の学生が、新たに1年間の留学生として韓瑞大学校で過ごすので、待ち遠しい気持ちでいっぱいです。去年1年間の経験を生かして、今年度も猪突猛進して行きます!

まとまらない文章でしたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。

チマチョゴリ
ヒール付きの靴