茨城キリスト教大学

2016年度韓瑞大学校への海外留学生 AK 8月分報告書

【韓国】韓瑞大学校
A.K.(現代英語学科)
at Hanseo University 【Korea】

안녕하세요! (アンニョンハセヨ)

こんにちは。みなさん夏バテなどしていないでしょうか?私は今、長い夏休みを終え、韓国に戻り、このレポートを書いています。韓国はまだまだ暑い日が続いています。

私は数日前に韓国に戻ってきたのですが、仁川空港から寮に1人で行くのは初めての経験でしたので、少し心配でした。1人では何かあったときに対応しきれないと思い、当日は目白大学の友人と、仁川空港で待ち合わせをしました。空港からはソサン市の市街地までの高速バスに乗り、ソサン市から寮まではタクシーを使い、無事寮に到着できました。

寮ではすでに入寮している学生がいたので、久しぶりの再会を喜びました。韓国と日本は近いので、飛行機に乗って空港に着いても何だか日本にいるような感覚でしたが、大学周辺の大好きな食堂に行き、本場のキムチチゲを食べると「韓国に戻ってきたんだ」と、その時に改めて感じました。

実はこのレポートを書いている今日から、韓瑞大学校の後期が始まったんです。後期は少し挑戦した時間割を作りました。例えば、実習授業が含まれる授業や、英語学科の3年生の授業などです。前期は右も左も分からない状態で、毎日の授業をこなすのに精一杯でしたが、後期は韓国語も喋れるようになってきたので、視野や行動範囲を広げようと思い切ってみました。

実習授業はスキーの授業で、座学の授業を行い、冬休みに実際にスキーを行う授業です。韓瑞大学校は学科数がとても多いので、ユニークな授業が存在します。例えば、オペラの授業、バドミントンの授業、そして私が今学期に履修したスキーの授業です。また、韓国はカジノが合法なので韓瑞大学校にはカジノ学科が存在しています。(機会があったら授業を取ってみたいですね)

また、今学期は日本語学科の授業も取ってみました。何故なら韓国語を勉強できる機会が少なくなってしまったからです。前期は韓国語の語学学校(通称語学堂)にも通っていましたが、大学の授業の都合上、後期は語学堂に通える時間が無くなってしまったので日本語学科の授業を履修し、日本語を通して韓国語を勉強できる環境作りにしてみました。

まだ後期が始まったばかりなので、これからも沢山大変な事が待ち受けていると思いますが、めげずに頑張りたいと思います!

韓瑞大学校
授業の様子