茨城キリスト教大学

新型コロナウイルス感染症における本学の対応について

新型コロナウイルスに関する情報は、日々状況が変化していくため、対応も合わせて更新していきます。定期的に最新の情報をご確認ください。

本学の対応

茨城キリスト教大学では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止および学生及び教職員ならびに関係者の安全を目的として、学長を代表とする「新型コロナウイルス対策会議」を組織し、感染症対策に関するあらゆる事例(授業方針、キャンパス内外で実施される課外活動等)について、随時審議しています。

授業方針(9月9日掲出)

本学独自の『茨城キリスト教大学授業形態ガイドライン』を策定し、授業方針を定めています。

最新情報

キャンパス内への入構について(9月9日更新)

茨城県に対する国の「緊急事態宣言」が9月30日(木)まで延長されたことをうけ、本学ではキャンパス内への立ち入りをひき続き制限します。
なお、必要とされる学内への立ち入りは認められておりますので、詳細は学内ポータルサイト(IC-UNIPA)を確認してください。

大学拠点接種のお知らせ (9月1日更新)

本学では、新型コロナワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、9月5日より、学生および教職員を対象とした大学拠点接種を実施します。

本学関係者の新型コロナウイルス感染症の発生状況について(9月18日更新)

2021年9月6日(月)、本学関係者1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。

※本件に関して人権の尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。