茨城キリスト教大学

教員一覧

教授 David C. Yoshiba

授業科目
Academic Communication Skills A (Listening & Speaking)、
Academic Communication Skills B (Reading & Writing)
研究内容

CALL(ICTを活用した英語教育)
主な著書・論文
「インターネットと異文化理解-語学学習を中心に」『文化交流学を拓く』(世界思想社)、Sunshine Writing(開隆堂、共著)、“Using Moodle in University Audio-Visual English Classes”(『日本ムードル協会全国大会(2017)発表論文集』、共著)、“Virtual Servers for Language Teachers- Rational and Practicalities” (『言語文化研究所紀要』9号)、“CMC Implementation in Korean and Japanese Classrooms: considerations on social language” (『言語文化研究所紀要』9号)、“Archiving student writing using MediaWiki in the language classroom”(Ho Chi Minh University of Foreign Languages and Technology Proceedings , Special edition, 2013)

教授 上野 尚美

授業科目
英語コミュニケーション教育研究A(英語教育学概論)、
英語コミュニケーション教育研究B(英語教育学演習)、
英語教育学研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
研究内容
英語教育学 

主な著書・論文
Teaching English Pronunciation to Japanese English Majors: A Comparison of a Suprasegmental-oriented and a Segmental-oriented Teaching Approach,Liber Press、『英語教育にスパイスを!』(音羽書房鶴見書店、共著)、『講談社英和中辞典』(講談社、共著)、『英語語義語源辞典』(三省堂、共著)、“Education Activities : A Task-based Curriculum for EFL Instruction and Teacher Training”(『茨城キリスト教大学言語文化研究所紀要』第13号、共著)、“English Teacher Education at IC: Accomplishments and Future Directions”(『茨城キリスト教大学紀要』第44号)、“Developing a Teacher Training Program for English Teachers in Japan : Enabling Nonnative English Speakers to Teach Solely in the Target Language”(『茨城キリスト教大学紀要』第47号)

教授 東海林 宏司

授業科目
英語コミュニケーション教育研究E
(ICTを活用した英語教育)、
英語コミュニケーション言語研究E
(応用言語学)
研究内容
応用言語学(特にコーパス言語学の手法を用いたデータ分析に基づく語彙や表現の使用法の研究) 

主な著書・論文
ハーバート・C. モートン著『ウエブスター大辞典物語』(共訳、大修館書店)、「CD-ROM 版 OED の分析」( 共著、Lexicon 第20号・21号、岩崎研究会)、“Stress in Compounds, Phrases, and Phrasal Verbs”(『英語英文学叢誌』第20号、早稲田大学英語英文学会)、『ジュニアプログレッシブ英和・和英辞典』(編集委員、小学館)、『プロフェッショナル英和辞典 スペッド ベガ 社会科学編』(発音執筆、小学館)

教授 三上 司

研究内容
言語変化のメカニズム解明を目指した言語理論の研究  

主な著書・論文
『音声学・音韻論』(〈英語学文献解題〉第6巻、研究社、共著)、『例解現代英文法辞典』(大修館、共著)、『高校基本英和辞典』(旺文社、共著)、「非該当条件と離接的順序付け」(『意味と形のインターフェイス』下巻、くろしお出版)、「古英語における強勢規則について」(『現代の英語学』、開拓社)、"High Vowel Deletion in Old English"(English Linguistics Today、開拓社)、「不規則動詞の分類について」(『現代英語学の歩み』、開拓社)、「英語の嵌入閉鎖音について」(『実験音声学と一般言語学』、東京堂出版) 

教授 村上 美保子

授業科目
英語コミュニケーション教育研究C(第二言語習得論概論)、
英語コミュニケーション教育研究D(第二言語習得論演習)、
英語コミュニケーション教育研究F(小学校英語教育)、特殊演習A、
英語教育学研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
研究内容
英語教育学、Task-Based Language Learning / Teaching

主な著書・論文
『タスク・プロジェクト型の英語授業』(大修館、共著)、『児童が創る課題解決型の外国語活動と英語教育の実践』(高陵社書店、共著)、『英文法導入のための「フォーカス・オン・フォーム」アプローチ』(大修館、共著)、『英語教育学体系 第5巻:第二言語習得 SLA 研究と外国語教育』(大修館、共著)、“The Effects of Focused and Unfocused Written Feedback in an English as a Foreign Language Context” SYSTEM , volume 36, Issue 3, pp.337-352(共著)、「ESL 政策を堅持する香港の英語教育から日本の英語教育への示唆(その1・その2)」星城大学『人文研究論叢』第8号 pp.105-126(共著)、『文法項目別 英語のタスク活動とタスク—34 の実践と評価』(大修館、共著)、“A Study of Fostering English Speaking Ability-Implementation of Tasks and Their Effects -"(『大みか英語英米文学研究』 第20号 茨城キリスト教大学、共著)

准教授 唐戸 信嘉

授業科目
英語コミュニケーション文化研究A(英語文学・文化概論)、
英語コミュニケーション文化研究B(英語文学・文化演習)、
英語コミュニケーション文化研究C(翻訳概論)、
英語コミュニケーション文化研究D(翻訳演習)、
英語文学・文化研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
研究内容
18世紀および19世紀イギリスの文化と文学

主な著書・論文
『ゴシックの解剖—暗黒の美学』(青土社、単著)、チャールズ・ディケンズ著『オリバー・ツイスト』(光文社古典新訳文庫)(翻訳)、ダニエル・デフォー著『ロビンソン・クルーソー』(光文社古典新訳文庫)(翻訳)、『鳥と人間をめぐる思考─環境文学と人類学の対話』(勉誠出版、共著)、『神話・象徴・図像II』(楽瑯書院、共著)、「Jude the Obscure における『婚姻』と『家族』の概念─1890年代イギリスの人類学的議論を踏まえて」(『関東英文学研究』第6号)、“Historical Sense and Regionalism in The Return of the Native : Thomas Hardy and the Philologist William Barnes”(『日本ハーディ協会会報』第39号)

講師 Yuliya Dzyabko

英語コミュニケーション言語研究C (意味論・語用論概論)、
英語コミュニケーション言語研究D (意味論・語用論演習)、
英語コミュニケーション言語研究F (社会言語学)
研究内容
語彙意味論及び社会言語学(言語政策、言語アイデンティティ、言語イデオロギーを中心に)
主な著書・論文
「日本語・ウクライナ語社会言語学辞典「言語政策」のターミノロジカル・フィールド」(イヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学出版)、“Language, religion and national identity of Ukrainian people living in Japan” (『茨城キリスト教大学紀要』第54号、共著)、“Content of the language variety concept in sociolinguistics (in Ukrainian and Japanese languages)” (In Society Semantics Syntax Pragmatics I, Wydawnictwo KUL)、“Language ideology and nation-state building in Meiji Japan” (Linguistic Herald ‘Language and Society’, 10), “Semantic structure of the terminological field “language attitudes” in the Japanese language” (Linguistic Herald ‘Language and Society’, 8)

講師 三輪 健太

授業科目
英語コミュニケーション言語研究A(形態論・統語論概論)、
英語コミュニケーション言語研究B(形態論・統語論演習)

研究内容
英語及び日本語に基づく統語操作の研究

主な著書・論文
「素性の上方志向の継承と残余」(『JELS 36』)、「「[太郎が] と [花子が] 結婚した」と言えないわけ —日本語の等位名詞句と格—」(『〈不思議〉に満ちたことばの世界』開拓社)、「等位接続句におけるラベリングの問題と等位構造制約」(『学習院大学英文学会誌 2014』)、「構文発展史からみる直接受身文の統語構造」(『日本エドワード・サピア協会研究年報』第31号)、“‘Problems of Agree’ in Problems of Projection”(『JELS 33』)

講師 真弓 香代子

授業科目
英語コミュニケーション教育研究A
(英語教育学概論)、
英語コミュニケーション教育研究B
(英語教育学演習)
研究内容
応用言語学 (Language teacher education, teacher development)
主な著書・論文
Mayumi, K., & Hüttner, J. (2020). Changing beliefs on English: study abroad for teacher development, ELT Journal, 74(3), 268–276.、Mayumi, K. (2018). Professional Development for Language Teachers: What Do Transborder Teachers Bring back to the Classroom? Unpublished PhD thesis.University of Southampton, UK.

授業担当教員

竝木 崇康(兼任講師)  
Mari Le Pavoux(兼任講師)