茨城キリスト教大学

2018年度リンネ大学への海外留学生 AS 10月分報告書

【スウェーデン】リンネ大学
A.S.(現代英語学科)
Linnaeus University 【SE】

秋があっという間に過ぎ去り、冬が近づいてきています。10月のスウェーデンは本当にきれいで、最高に素敵な自然を見ることができた1ヶ月でした。また、今月はいろいろなことがあり、日本とは違うなと実感した1ヶ月でした。今回は、私が今月こちらに来て起こったハプニングをまとめます。

スウェーデンでは、私のように3か月以上スウェーデンに滞在する際は居住許可というビザのようなものをとる必要があります。他の国では、日本で取得してから渡航するという感じだと思いますが、スウェーデンの居住許可書は、日本でオンライン申請をした後に、その許可書を持ってスウェーデンに渡航します。その後、スウェーデンで移民局に行き、居住許可書の申請をして、IDカードを取得するというのが流れです。日本にいる際に降りた許可書を持って、移民局に行く日を予約して、スウェーデンについて1週間後には、移民局に行って申請しました。カードは1週間後あたりにあなたの住所に送ると言われたので、待っていたのですが、一向に届かなかったので、おかしいと思ったので、移民局に確認しに行きました。移民局の係の方いわく、あなたのカードはすでに配達されているということでした。同じ寮に住んでいる友達たちも、9割近くの友達が同じような状況で、なぜだかわかりませんが、みんなのカードが届かないという事件が起こりました。そのため、まず初めに警察署に行き、カードの紛失届となくなったカードを無効にするための書類を書いてもらいました。しかし、警察署では、そのようなレポートを書く対応に追われているのか、警察署に行って、自分の番が呼ばれるまで、2時間以上待ちました。次の日には、移民局に行ったのですが、私の留学している街ヴェクショー全体で大規模停電があったので、その日は作れないというものでした。そして、違う日にまた移民局に行き1時間近く待ったのですが、その日はコンピューターが壊れてしまっているので来週以降に来てくださいと言われて、正直なところ、なんでこんなに来なきゃいけないんだというのが気持ちでした。そして、5度目にして、やっと新しいカードの申請ができました。予約もできるのですが、一番早く予約できて3週間後とかだったので、待ちました。今では、これもこれでいい経験だったなと思えます。ちゃんと新しいカードが届くことを願っています。

次は、私の寮で起こったハプニングです。私の寮は学校の敷地内にあり、とても立地も良く、部屋も広く、防音効果もあるので、夜友達と映画鑑賞をしたり、騒いでいても、そんなに迷惑になることはありません。寮は3階建てで、各階3つのグループ(コリドーといいます)に分かれています。私のコリドーは6部屋あり、その6人でキッチンとリビングを共有しています。毎週2人組で掃除をして、不動産会社が綺麗に使えているか毎週チェックしに来ます。ほかの場所に比べて私のいるところの共有リビングは広いので、とてもいい場所です。また、ほかのコリドーには行けないようになっていて、セキュリティはしっかりしています。しかし、ある日、ほかのコリドーで日本人と一緒に日本人パーティーの主催を考えていて夜1時過ぎに自分のコリドーに戻ったら、共有のリビングルームのテレビがなくなっていました。ほかのコリドーでは、私が留学に来てから2か所ですでにテレビが盗まれ、私のコリドーのテレビも何者かによって盗まれました。さらに、同日には違うコリドーで冷蔵庫に入っていた生卵が共有のリビングルームに投げつけられていたそうです。治安が悪いなと思いつつ、海外っぽいなと、犯人すごいなと少し思ってしまいました。

このようなハプニングもありますが、日本ではなかなかできない経験なので、楽しみながら毎日を過ごしています。スウェーデンでの留学は本当に楽しいものです。もし来年度に留学したいと考えている人がいるのであれば、私は全力でスウェーデンをおすすめします。残り3か月しか残っていなくてとってもさみしいですが、残りの日数も悔いなく楽しみたいと思います。