学園キリスト教センター


優しい時間が、愛に包まれた人を育てる


茨城キリスト教学園は、1947年に日本とアメリカのクリスチャンの祈りから生まれた、その名の通りキリスト教主義の学園です。
最も大切にしてきたのは、「隣人を、自分のように愛しなさい」という、キリスト教の「隣人愛」。考えの違う他者も受け容れる寛容の精神。意見の異なる人と交流し、愛に包まれた人を育てる。学園キリスト教センターはこの精神に沿って様々な活動を行っています。また、優しい心の癒し場でもあります。
 

アンネのバラ


茨城キリスト教学園では、平和を願い命の尊さを学ぶ活動の一つとして、市内の聖イエス会マリア教会より頂いた「アンネのバラ」を接ぎ木して、毎年希望する団体に苗木をお贈りしています。
毎年5月頃に募集をはじめ、6月12日のアンネフランクの誕生日にお贈りしています。
 

キリスト教教育


1947年、戦争の荒廃の中から生まれた学園が最初に掲げたのは「隣人愛」。

建学の精神を今も大切に、それぞれの学校・園でキリスト教主義の教育の時間を持っています。

 
 
 

チャプレンからのメッセージ

学園チャプレン 野口 良哉

 茨城キリスト教学園は、今から七十二年前に、日米のキリスト者たちの篤き祈りのうちに、その産声を上げました。それ以来、キリスト教の精神に基づく教育をその理念として掲げ、認定こども園、中学校・高等学校、そして、大学において、それを実践してきております。
 いわゆる“ミッション・スクール”として、本学園は、その草創期において一時的に他のミッション・スクール同様、キリスト教の伝道(ミッション)を重視する時もありました。しかしながら、現在はそうではなく、むしろ、別な意味での“ミッション・スクール”、すなわち、キリスト教主義の教育機関として、真の使命(ミッション)に生きる人間、とりわけ、学園スクールモットーである“Peace, Truth, Love (平和と真理と、愛)”に生きる人間の育成を目指しております。
 

卒業生はチャペルで結婚式を挙げる事ができます

キリスト教式結婚式

学園(認定こども園、中学校、高等学校、大学、大学院)の卒業生で、希望があればキアラ館で結婚式をすることもできます。
ただし、学校行事優先になりますので、土曜日など、学園の諸行事と重ならない日での開催になります。

また、あくまでも商業目的ではありませんので、いわゆる結婚式場のような華やかさはありませんが、静かに、シンプルに、そして、内容のあるキリスト教式結婚式をすることができます。
詳しくは下記のお問い合わせよりご連絡ください。


 

お問い合わせ

学園キリスト教センターについて

学園キリスト教センターは、本学のキリスト教教育活動を主導する部署であり、具体的には、大学チャペル礼拝や前後期のキリスト教講演会、クリスマス特別礼拝や卒業記念礼拝の企画・運営等を行っています。
また、学生のみなさんからの聖書やキリスト教に関する質問や相談も受け付けております。

TEL:0294-52-3215(代表) FAX:0294-53-9120 E-mail:kiara@icc.ac.jp

窓口取扱時間

平日 8:45〜16:45
※12:30~13:30は昼休時間
土曜日 8:45〜11:50
※日・祝及び大学指定の休日等は閉室となります。
※学内行事等の事由で閉室日・閉室時間が変更になる場合があります。