学校紹介

茨城キリスト教学園
創設の祈りを未来へ繋ぐ総合学園

茨城キリスト教学園は、大学院、大学、高等学校、、中学校(中高一貫)、大学付属認定こども園(みらい園・せいじ園)からなる、聖書の「隣人愛」の教えを基にした、キリスト教主義の教育を行う総合学園です

大学院
3つの研究科と4つの専攻

・文学研究科-英語芸米文学専攻、教育学専攻
・生活科学研究科-食物健康科学専攻
・生活科学研究科-心理学専攻(2020年4月開設)
・看護学研究科-看護学専攻

昼夜間開講制と長期履修制度があります。

茨城キリスト教大学
豊かな未来を切り拓く
4つの学部と8つの学科・専攻

・文学部-文化交流学科、現代英語学科、児童教育学科 児童教育専攻、児童教育学科 幼児保育専攻
・生活科学部-心理福祉学科、食物健康科学科
・看護学部-看護学科
・経営学部-経営学科

茨城キリスト教
学園高等学校
心豊かで、実力のある、自立した国際人を育成する。

人生の中で最も大切な時期を過ごす高校時代。本校はキリスト教の「隣人愛」の精神に基づいた全人教育の中で、世界で活躍するリーダーを育成するためのグローバル教育を実施し、生徒一人ひとりの目標に合わせて自己実現を支える確かな学力と心を養成します。この方針の下で、幅広いスポーツ活動や文化・表現・研究活動も盛んです。

茨城キリスト教学園
中学校
世界に触れる。自分に気づく。
生徒一人ひとりの人生に、
意義ある学園生活を。

キリスト教に基づく人間教育の中で、人との関わりや自身の尊さを知り、豊かな人生を歩むこと。いくつもの国際交流の場で、世界に触れ、文化を知り、国際的な感覚を身につけること。本校では、中学・高校一貫の学園生活を通じ、一人ひとりが自分に気づき、夢を実現するためのサポートをします。

茨城キリスト教
大学附属
認定こども園
みらい園・せいじ園

学園で現存する中で、戦後すぐに最初に生まれたのは、平和な社会の担い手育成を目指した「シオン学園幼稚園」でした。
その後「聖児幼稚園」の時代などを経て、現在「みらい園」「せいじ園」2つの認定こども園として地域の幼児教育と子育て支援の営みを担い続けています。