TOP > 第9回ひむかの国こども落語全国大会で優秀賞受賞!

第9回ひむかの国こども落語全国大会 優秀賞受賞(中学)

日時: 2017年 7月29日(土)予選・30日(日)決勝
場所: 日向市文化交流センター(宮崎県日向市)
結果: 優秀賞(決勝進出)


本校中学3年生の野島君が、宮崎県で行われた第9回ひむかの国こども落語全国大会に出場し、見事優秀賞を受賞しました!

Q.全国大会での優秀賞受賞おめでうございます。今の気持ちを聞かせてください。
A.出場5年目にして決勝に残れたので、今までにない達成感です。

Q.どういった大会のシステムなんですか?
A.1日目が予選という形で、全員が発表を行い、その日の夜のレセプションで2日目の決勝戦に残る8名が発表されるんです。それで2日目に改めて同じ演目を8名が発表して賞が決まります。決勝に残ったのは初めてなので、とても嬉しかったです。

Q.落語を始めたのはいつですか?
A.小学校4年生のときに、日立シビックセンターのキッズ落語教室で始めました。それはもうなくなってしまったんですが、今は家で父や母に稽古をつけてもらったり、高校の斎須先生(第3回社会人落語日本一決定戦優勝の二松亭ちゃん平先生!)にたまに見ていただいてます。小学5年生から今の大会に出ています。

Q.最後に、好きな教科と将来の夢は?
A.好きな教科は理科と国語です。将来は…落語家かもしれません。でも今はプログラミングにも興味があるので、そちら方面かもしれないですね。
 
-野島君、ありがとうございました!これからの活躍も期待しています!-
 

ページの先頭へ戻る