2021年度(令和3年度) 入学者選抜における主体性評価について

一般選抜入学試験および大学入学共通テスト利用入学試験共通『主体性評価』について

「平成 33 年度大学入学者選抜実施要項の見直しに係る予告 29 文科高第 355 号高等教育 局長通知)」 」(平成 29 年 7 月 13 日公表、以下「予告」とする)において、「一般選抜の課題の改善」として「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」をより積極的に評価するために、調査書等の積極的な活用を促し、どのように活用するのかを募集要項等に明記することが指示されました。
茨城キリスト教大学では、学生一人一人が主体的に学びに向き合い、振り返りによって学びを改善しながら成長する「学びのプロセス」を重視しています。
このような考え方に基づき、大学入学者選抜の「面接等を課さない一般選抜」では、以下の方法により主体性評価を行います。