令和元年10月台風19号により被災された方の学納金一部減免のお知らせ

●令和元年10月台風19号により被災された方の学納金一部減免について

このたびの令和元年10月台風19号により被災された受験生ならびにご家族の皆様に、心からお見舞い申し上げます。
 
本学では、このたびの台風19号の被災状況を勘案し、経済的に就学困難な受験生に対して就学機会を継続・確保するために、以下のような支援を行います。当支援制度は入学後に適用となるため、受験生の方で該当と思われる方は、入学後に必要書類をご提出いただくことになります。
該当する方で授業料等学納金の一部減免措置を希望される場合は、入試広報部までご連絡ください。

1.対象者

政令により特定非常災害に指定されたもののうち、本学が支援対象と定める災害によって被災し、以下の事項に該当する方。

災害の政令指定地域に居住地があり、次の各号のいずれかに該当し、経済的に就学困難である者とする。
(1)主たる家計支持者が災害により死亡または行方不明となった者
(2)家屋が全壊(全焼)の被害を受けた者
(3)家屋が半壊(半焼)の被害を受けた者

※主たる家計支持者の経済状況を家庭の所得状況を証明するもの(源泉徴収票等)により経済的に就学が困難であるか否かを判断するので、詳細については入試広報部に問い合わせること。


2. 学納金の一部減免措置の内容について

(減免額と減免適用回数)
(1)主たる家計支持者が死亡または行方不明となった場合の減免額は、入学手続時学納金の30%とする。減免適用回数は1回のみとするが、学長が特に必要と認める場合は、2回目以降の減免適用を行うことがある。
(2)全壊(全焼)の場合の減免額は、入学手続時学納金の30%とする。減免適用回数は1 回のみとするが、学長が特に必要と認める場合は、2回目以降の減免適用を行うことがある。
(3)半壊(半焼)の場合の減免額は、入学手続時学納金の20%とする。減免適用回数は1回のみとする。
 
※学納金とは、学則別表に定める入学金、授業料、設備拡充費、実験実習費をいう。実験実習費とは、学則別表に定める情報教育費、児童教育学科実験実習費、食物健康科学科管理栄養士養成・実験実習費、看護学科実験実習費をいう。
 

3. 提出書類

(1)特定非常災害被災在学生に対する学納金一部減免申請書(本学所定様式)
(2)家庭の所得状況を証明するもの。
(3)主たる家計支持者が死亡または行方不明となった場合は、そのことを公的に証明する書類。
(4)全壊(全焼)の場合または半壊(半焼)の場合は、そのことが記載された罹災証明書。
 

4. 申請方法・期限

入学後4月当初のオリエンテーション時に周知するので、その際の指示に従って申請すること。

問い合わせ・連絡先

【入学前】茨城キリスト教大学 入試広報部 Tel:0120-56-1890(直通)
【入学後】茨城キリスト教大学 学務部   Tel:0294‐52-3215(代表)