茨城キリスト教大学

学園資料センター

学園が築いてきた文化、歴史、先人たちの業績を次世代に継承する

学園資料センターは、2008年に設立されました。設立当時は、学園記念館の2階にありましたが、現在は、「キアラ館」の2階に移設されています。学園の60数年を振り返るとともに、今日まで大切に保管されてきた貴重な資料を整備し、また散逸してしまった資料の収集・保存・管理に努め、学園の100周年を見据えて、学園が築いてきた文化、歴史、先人たちの業績を次世代に継承することを、役割と捉えています。

学園資料センター6つの役割

1

法人の既存資料・新規受け入れ資料の整理と保存 

2

学園内外からの問い合わせに対する回答や資料の提供(閲覧・貸与) 

3

「学園資料センター年報」の編集 

4

学園発行の年史類の管理や編纂に関わること 

5

法人の業務に関する記録、資料の収集、整理、保管に関すること 

6

その他、理事会が必要と認めること 

保存の対象となる資料の内容

学園創立当時の教会、宣教師関係資料、公文書の写し、卒業生や旧教職員の手稿やインタビューの記録、新聞記事・参考文献のコピー、刊行物、記念品、教科書、ノート、写真(アルバム)、ビデオ、CD・DVD等 

学園に関する資料提供のお願い

資料センターでは、皆様からの幅広い資料提供(寄贈・借用)をお願いしております。

【提供していただきたい資料の内容】
★ 学園、各部局(幼稚園、中学校、高校、短大、大学などの)写真、
  刊行物、記念品、物品、アルバム、卒業アルバム、各種定期刊行物などの資料
★ 教職員、宣教師、アメリカの教会・大学、同窓会、留学時の写真など

お問い合わせ

お問い合わせや資料をご提供いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。

学園資料センター
  • tel:0294-52-3215(内線2724) 
  • e-mail:icarchives2k@icc.ac.jp
上記以外の日は、管財課(0294-52-3215 内線1400)までご連絡ください。

学園内配置図