茨城キリスト教大学

総長からのメッセージ

“建学の理念”という土台

<茨城キリスト教学園>は、第二次世界大戦の余燼が冷めやらぬ1947年に、戦火を交えた日本とアメリカのクリスチャン達の手によって設立されました。
豊かな自然に恵まれた美しい学園のキャンパス、そこに学ぶ園児、生徒、学生達を目にする時、そしてここで育てられ巣立って行った多くの先人達を思う時、学園に注がれた神の深い愛と豊かなご計画に感動を覚えます。
 
学園創立者達の祈りと思いは
“この地にキリスト教精神を土台として愛に満ち、平和と真理を追い求める、学問と教育の場を創り上げたい”。
これこそが学園の土台です。
 
学園はこの土台を、創立者達の思いを誇りとします。
学園のこれまでの歴史も、これからの歩みも、この土台の上に立っています。

創立70周年を期に定められた
スクールモット—

学園はこれを求め続けてゆきます。
学園正門脇に置かれた石碑“求めよ”は、このことを指しています。
学園で育ち学園を巣立っていく一人ひとりがこのモットーに養われ、共鳴し、更に彼らを通して社会が共鳴してゆく。
これが私達の夢です。
環境は厳しくとも、教育、研究レベルを高く維持し、園児、生徒、学生に対するきめ細かいサービスを提供します。そして何より学園は、関りをもつすべての方々に好意を持たれる存在であり続けます。

創立者達の祈りを土台とし、園児、生徒、学生に求められ地域に愛されるものとして全力で夢を追い続ける学園に変わらぬご支援をお願い致します。

 

2019年4月1日
総長 細川 知正