茨城キリスト教大学

2016年度1・2年次対象キャリア支援報告

コミュニケーション力・主体性・自己肯定感を育成

キャリア支援センターでは、学生自らが納得できる進路を「選択・実現」し、「継続」させていくためには、4年間を通して「さまざまな社会経験を積む」ことが重要と考え、低年次支援に力をいれています。広く社会を知った上で自分の進路を考えること、社会で求められる「コミュニケーション力」「主体性」を身につけること、未来を恐れず踏み出すための「自己肯定感」を持つことは、生の経験を通して得られるものだからです。
その「さまざまな社会経験を積む」動機付けと事前準備のため、1・2年次生対象に2つの取り組みを実施しています。

1年次対象 キャリア講座

EQ(行動特性検査)を利用した自己理解と大学生活の目標設定

受講者合計 577名 <2016年度入学生1年次終了時点での受講率92.1%>
1年次生の必修授業『大学基礎演習』の中で全員にEQ検査用紙を配布・回収し、その結果を用いて実施する講座です。
1年次前期
(推奨)90分
 1)4年間のキャリアスケジュールを知る。
 2)就職環境と社会で求められる力を知る。
 3)EQ検査結果を用いた自己分析(ワーク)。
 4)4年間の目標設定。
 5)キャリア支援センターの使い方。

1・2年次対象 チームビルディング「自己の探求」

参加者合計 144名 <2015年度入学生 2年次終了時点での参加率26.8%>
2日間、1・2年生混合のグループ学習を通して、コミュニケーションのコツや自分らしい他者への貢献、自分の強みを知るプログラムです。学生は、2年次までに都合のよい時期を選んで1回参加できます。
2017年度からの導入検討のため、今年度は2月に1日間の短縮バージョンも実施しました。

【 内 容 】
8月8・9日、9月14・15日に実施
個…個人、G…グループ
1日目
・あなたの学習スタイル(個・G)
・記者会見(G)
・総当りインタビュー(個・G)
・コンセンサスを求めて(G)ほか
2日目
・私の価値観(G)
・ライフポジション(個)
・私を活かすコミュニケーション(G)
・課題解決(G)
・イメージ交換(個・G)
・私の得たこと・学んだこと(個・G)ほか  

2月17日に実施
個…個人、G…グループ
1日バージョン
・あなたの学習スタイル(個・G)
・記者会見(G)
・総当りインタビュー(個・G)
・課題解決(G)
・イメージ交換(個・G)
・私の得たこと・学んだこと(個・G)

2016年度チームビルディング参加者感想抜粋

・全く知らない人と共通点をみつけて話していくおもしろさ、真逆の人と話して、話の広がるおもしろさを体験しました。
・あがり症で、初めての人と話すことや人前で話すことを避けていたが、やってみると自分にできないことはないのだ、ということに気づいた。
・コミュニケーション力に自信がつきました。夏休みに施設実習に行きましたが、わからないことがあったら積極的に職員さんに聞くなど、この講座を受けていなかったら出来なかったと思ったことがたくさんありました。
・メンバーから「すごく素敵な意見をもっている」など、私の知らない私の長所を引き出してもらい、嬉しさと、感謝の気持ちをもちました。
・学科以外の友達を作りたいと思いました。他学科の人話すとたくさん刺激をもたえるし、いろんな視点から物事を見れるようになると感じました。