茨城キリスト教大学

動物実験等に関する情報・実績

動物実験に関する外部検証結果について

茨城キリスト教大学では「動物実験に関する外部検証事業」を実施しました。以下に検証結果等を公開いたします。 
学内において動物等の飼養保管または実験を行える施設の状況

施設名 部屋数
動物実験室兼飼育室
動物実験計画書の審査結果

2018(平成30)年度
委員会開催日 申請件数 承認件数 保留件数 再審査の結果承認 取り下げ 不承認
2018.06.11(月) 1 1        
2018.06.11(月) 1 1        
2018.06.11(月) 1 1        

2017(平成29)年度
委員会開催日 申請件数 承認件数 保留件数 再審査の結果承認 取り下げ 不承認
2017.06.01(木) 1 1        
2017.06.12(月) 1 1        
2017.10.07(土) 1 1        

2016(平成28)年度
委員会開催日 申請件数 承認件数 保留件数 再審査の結果承認 取り下げ 不承認
2016.05.26(木) 2 2        
2016.10.18(火) 1 1        

 2015(平成27)年度
委員会開催日 申請件数 承認件数 保留件数 再審査の結果承認 取り下げ 不承認
 2015.05.19(火)  4        
 2015.09.15(火)  1        
2014(平成26)年度
委員会開催日 申請件数 承認件数 保留件数 再審査の結果承認 取り下げ 不承認
2014.04.15(火) 1 1        
2014.05.27(火) 3 3        
2014.07.15(火) 1 1        
2014.10.14(火) 1 1        
 
動物種類ごとの飼養保管状況

2018(平成30)年度

動物種類 マウス ラット
匹数 0 52 52
 
2017(平成29)年度

動物種類 マウス ラット
匹数 0 80 80
 
2016(平成28)年度 
動物種類 マウス ラット
匹数 62 0 62


2015(平成27)年度
動物種類 マウス ラット
匹数 82 36 118
 
2014(平成26)年度
動物種類 マウス ラット
匹数 117 38 155
 

教育訓練の実施

1.日時・場所・参加人数

場所 参加人数
2018.09.26 7号館3階
生理学実験室
86名

2.対象者

・実験動物試料を扱う授業の履修者(食物健康科学科1年生)
・次年度動物実験を行う予定の学生及び教職員

3.講師

梶田 泰孝(茨城キリスト教大学 生活科学部教授・茨城キリスト教大学 動物実験委員会委員)

4.内容(全75分)

(1) 教育訓練の目的について
適正な動物実験等の実施並びに実験動物の適切な飼養及び保管を実施するために必要な基礎知識の修得を目的とする教育訓練の受講が求められていることについて説明した。
(2) 動物実験の必要性
我々の日常生活に関わる動物実験の結果について、いくつかの例を挙げ動物実験の必要性について説明した。
(3) 動物実験に係る関連法規および本学の規程等について
動物実験を実施するにあたって必要な項目を中心に進めた。動物実験の意義、法律や省令、本学の規程、動物実験等に関する3R(Refinement,Replacement,Reduction)について講義を行った。
(4) 動物の飼養・保管・衛生および動物福祉について
動物を扱う際の注意点や、衛生面から見た動物の飼育方法について、さらには動物由来感染症やヒトと動物の共通感染症について講義を行った。
(5) 動物実験室の取り扱いについて
スライドを用いて本学の動物飼養施設内の様子、設備、使用方法、器具の消毒等について説明を行った。