茨城キリスト教学園宗教センター

ホーム > 茨城キリスト教学園宗教センター

 

Chapel チャペル  受ける愛

チャペルは学生の皆さんのみならず、一般の方、卒業生の方々をいつでも歓迎しております。

 

2015年度のチャペル テーマは「平和とは何か~シャローム~ 」

聖句「平和を実現する人は幸いである。 その人たちは神の子と呼ばれる」マタイによる福音書5章9節

 

火曜(7/7)

水曜(7/8)

木曜(7/9)

12:00-12:30

藤山修先生 大学兼任講師

「神の子と呼ばれる人は・・・」

 

12:00-12:30

プレイズ・チャペル

W/リエゾンメンバー

12:00-12:30

細川知正先生 学園理事長

「平和が本当に好きですか?」

火曜(7/14)

水曜(7/15)

木曜(7/16)

12:00-12:30

現代英語学科

インターン生

12:00-12:30

プレイズ・チャペル

W/リエゾンメンバー

12:00-12:30

阿久戸義愛先生

大学兼任講師

火曜(7/21)

水曜(7/22)

木曜(723)

12:00-12:30

原口なおみ先生

文学部

12:00-12:30

プレイズ・チャペル

W/リエゾンメンバー

小又香織さん(卒業生)

12:00-12:30

石田隆雄先生

文学部

火曜(7/28)

水曜(7/29)

木曜(730)

12:00-12:30

音楽Ⅰ受講生による

さとうきび畑

試験開始

チャペルは9月に再開

試験期間

 

 2014年度後期チャペル新聞 こちら 

 

祈りの時 ~平日14時45分よりキアラ館にて実施中~

この度の東日本大震災で被害を受けられた皆様に 謹んでお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

当センターでは2011年3月22日(火)より、被災時間を覚えて、PM2:45頃~15分程度、被災者のための<祈りの時>を持っています。 キアラの鐘を鳴らして、祈りの時をキャンパス内にお知らせします。 「○○のために祈って欲しい」など、祈りに関するリクエストがありましたら、当センターアドレスkiara@icc.ac.jpまでご連絡ください。

日時:毎週月~金 14:45-15:00 15分間程度

場所:キアラ館1Fアリーナ、または事務室

 

わたしと学園 5th season ⑧ 中村良美さん(食物健康科学科助手)

 私は3年前に本学を卒業し、本年4月より食物健康科学科の助手になりました。
私は毎日、助手室のある7号館に向かうためにキアラ館の前を通ります。キアラ館の前を通ると、初任者礼拝で聞いた「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」という言葉を思い出します。先生方や学生さん、職員の方々、様々な立場の人と接する環境にあるからこそ、人への感謝の気持ちや優しさ、思いやりの心のような目に見えないものを大切にしていかなければと思います。キアラ館は私にとって初心にかえることのできる場所です。どんな時も初心を忘れず、目に見えない大切な何かを見失わないように心がけていきたいと思います。
在学中は恵まれた学びの環境の中で親身になってくださる先生方の支えがあり、管理栄養士になることができました。その御恩を夢にむかって努力する学生さんに還元できるよう努めていきたいと思います。また、管理栄養士ですので、美味しそうな料理に含まれる目に見えない栄養素の大切さも伝えていきたいです。
    

                                         私と学園 5th season

チャペルの意義

本学におけるチャペル礼拝は、「祈り」の場であり、「聖書」のメッセージに耳を傾け、その問いかけを聴く大切な時です。これらのことを通して、人間を超えた《真理》への畏敬をもって、静かに自分自身を見つめる思索の場、内省の時を持ちたいものです。
「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネによる福音書8章32節)

本学チャペルにおいては、具体的に、共に讃美歌を歌い、聖書を読み、祈りつつ、奨励に耳を傾けます。

 

 

お問い合わせ:茨城キリスト教学園キリスト教センター

〒319-1295茨城県日立市大みか町6-11-1 TEL 0294-52-3215 FAX 0294-53-9120 E-Mail kiara@icc.ac.jp

フッタ

Copyright(C) Ibaraki Christian University All Rights Reserved.