茨城キリスト教学園宗教センター

ホーム > 茨城キリスト教学園宗教センター

 

Chapel チャペル  受ける愛

2016年度のチャペル テーマは「~自由~ 」

聖句「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」

ヨハネによる福音書8章32節

 

火曜(1/17)

水曜(1/18)

木曜(1/19)

金曜(1/20)

W科ウィーク

12:00-12:30

望月珠美先生

「今がいちばんいいときよ」

W科ウィーク

12:00-12:30

岩﨑眞和先生(withプレイズ)

「私のイニシャル・ケース(番外編)」

W科ウィーク

12:00-12:30

佐藤なつのさん(4年生)

「I am I~生きてます、半分世界~」

W科ウィーク

12:00-12:30

大築明生先生

「受け入れられる体験」

火曜(1/24)

水曜(1/25)

木曜(1/26)

 

12:00-12:30

滝田薫先生

「近未来 サバイバルの方法」

12:00-12:30

プレイズ・チャペル ジョエルさん&ヒロさん

今年度最終チャペル

12:00-12:30

野口良哉主事

with BRO

 

 

今年度のチャペルスピーカーリストは こちら

2015年度のチャペルスピーカーリストは こちら(一番下に過去年度のリストのリンクがあります)

 

祈りの時 ~平日14時45分よりキアラ館にて実施中~

当センターでは2011年3月22日(火)より、被災時間を覚えて、PM2:45頃~5分程度、被災者のための<祈りの時>を持っています。 キアラの鐘を鳴らして、祈りの時をキャンパス内にお知らせします。 「○○のために祈って欲しい」など、祈りに関するリクエストがありましたら、当センターアドレスkiara@icc.ac.jpまでご連絡ください。

日時:毎週月~金 14:45-15:00 15分間程度

場所:キアラ館1Fアリーナ、または事務室

 

チャペルの意義

本学におけるチャペル礼拝は、「祈り」の場であり、「聖書」のメッセージに耳を傾け、その問いかけを聴く大切な時です。これらのことを通して、人間を超えた《真理》への畏敬をもって、静かに自分自身を見つめる思索の場、内省の時を持ちたいものです。
「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネによる福音書8章32節)

本学チャペルにおいては、具体的に、共に讃美歌を歌い、聖書を読み、祈りつつ、奨励に耳を傾けます。

 

2016年度コラム⑰【特別寄稿】創立者の一人ハリー・ファックス先生召天

 学園創立70周年になる2017年の到来を待つかのように、今年の元旦、学園創立者のお一人、ハリー・ファックス先生[写真左下]が95歳で天に召されました。あの「創立の祈り」[写真右下]の唯一の生存者(右端に立っている)でもありました。宣教師の子供として日本に生まれ、自らも弟のローガン先生と共に日本宣教やキリスト教教育に大きく貢献したことは改めて述べるまでもありません。
 昨年10月にハリー・ファックス先生とスカイプを通してお話をした際、ハリー先生は何か大きな覚悟をもって(=死を意識して)お話しして下さったように思います。あれが私(野口)にとってはハリー先生との最後の会話になりました。
 そんなハリー・ファックス先生は、学園や教会の内外で多くの日本人に影響・感化を与えて来られました。ことに、キリスト教信仰の実践・具現化ということにおいては、まことに良き模範を示して下さいました。ハリー先生には、こんなエピソードが残されています。
 ハリー・ファックス先生が学園で聖書の授業をしている際、一人の学生が立ち上がって、宣教師たちの車使用や贅沢に見えた衣食住を責め立てたそうです。「私たち学生が貧しさに喘いでいるのに、あなたがた宣教師が豪華な暮らしをしていたのでは、福音も何もあったものではない!」。それに対し、ハリー先生は俯かれ、しばらく顔を上げられなかったそうです。開かれた聖書には涙も落ちたと言います。そして、その後、ハリー先生はなんと本当に車を売り飛ばして自転車に乗り替え、洋服も農家の方から分けてもらったもんぺに、靴も草履に、お昼は日の丸弁当になったのでした。
 そんな謙虚で、真摯な姿を目の当たりにした学生たちは、むしろ、自分たちの若気の至りを後悔し、ハリー先生に深く謝罪し、後日、車は買い戻してもらったようです。このようなハリー・ファックス先生が残された精神的遺産を、私たちは吟味し、しっかりと受け継いでいきたいものです。   

 

「信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、 信仰はそれだけでは死んだものです。」
(ヤコブの手紙2章17節)  (学園宗教主事)

  

    ハリー・ファックス先生             創設の祈り   


 

2016コラムインデックスはこちら

 

お問い合わせ:茨城キリスト教学園キリスト教センター

〒319-1295茨城県日立市大みか町6-11-1 TEL 0294-52-3215 FAX 0294-53-9120 E-Mail kiara@icc.ac.jp

フッタ

Copyright(C) Ibaraki Christian University All Rights Reserved.