茨城キリスト教学園宗教センター

ホーム > 茨城キリスト教学園宗教センター

 

Chapel チャペル  受ける愛

2016年度のチャペル テーマは「~自由~ 」

聖句「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」

ヨハネによる福音書8章32節

 

火曜(7/26)

水曜(7/27)

木曜(7/28)

12:00-12:30

叶多博美先生

看護学部教員

「旅する道」

12:00-12:30

プレイズ・チャペル

リエゾン・オフィス

(ジョエル、ヒロ&ジョニー) 

12:00-12:30

野口良哉先生

「フリーマーケットの“フリー”とは?~自由を求め続ける〜」

 

今年度のチャペルスピーカーリストは こちら

2015年度のチャペルスピーカーリストは こちら(一番下に過去年度のリストのリンクがあります)

 

祈りの時 ~平日14時45分よりキアラ館にて実施中~

当センターでは2011年3月22日(火)より、被災時間を覚えて、PM2:45頃~5分程度、被災者のための<祈りの時>を持っています。 キアラの鐘を鳴らして、祈りの時をキャンパス内にお知らせします。 「○○のために祈って欲しい」など、祈りに関するリクエストがありましたら、当センターアドレスkiara@icc.ac.jpまでご連絡ください。

日時:毎週月~金 14:45-15:00 15分間程度

場所:キアラ館1Fアリーナ、または事務室

 

チャペルの意義

本学におけるチャペル礼拝は、「祈り」の場であり、「聖書」のメッセージに耳を傾け、その問いかけを聴く大切な時です。これらのことを通して、人間を超えた《真理》への畏敬をもって、静かに自分自身を見つめる思索の場、内省の時を持ちたいものです。
「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネによる福音書8章32節)

本学チャペルにおいては、具体的に、共に讃美歌を歌い、聖書を読み、祈りつつ、奨励に耳を傾けます。

 

2016年度コラム ?キリスト教用語の基礎知識⑧¿   シャローム

 今回は、必ずしもキリスト教用語とは言えませんが、キリスト教界でよく使われる「シャローム」という言葉について、少し述べさせていただきます。

 キリスト教センターの機関紙の名称にもなっている“シャローム”。元来、旧約聖書の原語ヘブライ語で「平和」という意味があります。ちなみに、聖地エルサレムは、イェル(町)・シャローム(平和)で、「平和の町」を語源としています。ただ、皮肉なことに、今、そんなエルサレム周辺は決して平和ではありませんが・・・。
 それはさておき、“シャローム”という言葉は、「平和」を意味すると同時に、イスラエルでは現在、「あなたに平和がありますように」(シャローム・アレヘン)という意味で、挨拶の言葉にもなっています。そして、実はなんと、この挨拶の言葉は、イスラエルと対峙するアラブ諸国の挨拶の言葉“アッサラーム・アレイクム(あなたに平和がありますように)”と語源的には同じなのです。
 ところで、そんな“シャローム”という挨拶。何を隠そう、朝昼晩いつでも使えます。そして、さらに、別れ際の「さよなら」の意味でも使えるのです。便利ですね。ですから、私は「キリスト教の精神と文化(旧キリスト教概論)」の受講学生たちに、常々、「シャローム」で挨拶し合うことを勧めている次第です。
 さて、しばらく前の夏休みのある日、大好きなコカコーラ・ゼロを買いに近くのマツキヨにそれはそれはひどい恰好で買い物に行った時のことです。会計を済ませた後、逃げるように立ち去ろうとした私の背後からあの言葉が聞こえてきたのです。「シャロ~ム」。振り向くと、そこに店員とおぼしき白衣の女性が立っており、私の方を向いて微笑み、「先生のキリ概(=“キリスト教概論”の略称)取りました」と言い放ったのです。突然のことにしどろもどろになりながら「シャローム」とやっとのことで返した私の心に、当然のことながら、平和(平安)はありませんでした!? (学園宗教主事)

 

2016コラムインデックスはこちら

 

お問い合わせ:茨城キリスト教学園キリスト教センター

〒319-1295茨城県日立市大みか町6-11-1 TEL 0294-52-3215 FAX 0294-53-9120 E-Mail kiara@icc.ac.jp

フッタ

Copyright(C) Ibaraki Christian University All Rights Reserved.