茨城キリスト教学園宗教センター

ホーム > 茨城キリスト教学園宗教センター

 

Chapel チャペル  受ける愛

2014年度のチャペル テーマは「Think Globally, Act Locally~地球規模で考え、足元から行動する~」

聖句「あなた方は地上に富を積んではならない。・・・富は、天に積みなさい。・・・あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。」マタイによる福音書6章19〜21節

 

火曜(11/4)

水曜(11/5)

木曜(11/6)

大学お休みのためチャペルもお休み

野口良哉先生

学園宗教主事

「後の祭り、祭りの後

〜クロノスとカイロス〜」

ハリス・アイヴス先生

文学部教授

「John 11: 25 and Ryunosuke Akutagawa's Concept of Faith in Doctor Ogata's Memorandum.」

火曜(11/11)

水曜(11/12)

木曜(11/13・県民の日)

熊崎伸一郎先生

高校教員

東海林宏司先生

大学文学部教員

大学学長

二松亭ちゃん平

斎須博先生

火曜(11/18)

水曜(11/19)

木曜(11/20)

ジョー・マッコーミック氏

オクラホマクリスチャン大学関係者

山田耕一氏

本部事務局長

宮﨑晶子先生

文学部教員

 

前期のスピーカーリスト

 2014年前期のチャペル新聞が出来ました! PDFは こちら

祈りの時 ~平日14時45分よりキアラ館にて実施中~

この度の東日本大震災で被害を受けられた皆様に 謹んでお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

当センターでは2011年3月22日(火)より、被災時間を覚えて、PM2:45頃~15分程度、被災者のための<祈りの時>を持っています。 キアラの鐘を鳴らして、祈りの時をキャンパス内にお知らせします。 「○○のために祈って欲しい」など、祈りに関するリクエストがありましたら、当センターアドレスkiara@icc.ac.jpまでご連絡ください。

日時:毎週月~金 14:45-15:00 15分間程度

場所:キアラ館1Fアリーナ、または事務室

 

◇素朴な疑問Q&Aコーナー◇⑩ Q:「ニワトリが先か、卵が先か?」とよく問われますが、キリスト教での見解は何かありますか?

 

 

A:まことに興味深いご質問、ありがとうございます。・・・「ニワトリが先か、卵が先か?」。学者から酒場の酔客までを巻き込んできたこの大命題に、しばらく前に、遺伝学者、哲学者、養鶏業者から成る英国のグループが結論を出したという話を聞いたことがあります。これは、ディズニーが映画「チキン・リトル」をDVD発売するに当たり依頼していた質問に答えたものだそうです。  

 

それによると、その答えは「卵が先」。ノッティンガム大学のブルック・フィールド教授(進化遺伝子学)らによると、「生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく、ニワトリ以外の鳥が途中でニワトリになることはあり得ない。このためニワトリ以外の鳥が産んだ卵が、突然変異でニワトリの特性を備えた卵になった」と結論付けたと言います。夢を売るディズニーの質問に対して、なんと夢のない結論でしょうか。
ちなみに、聖書は(少なくとも文字通りの聖書では)これとは正反対の答えを主張しています。聖書によれば、人間は神の創造によるもので、最初の人間アダムとエバは、まさに結婚適齢期に造られたと考えられています。つまり、全てのものは、成熟した状態で造られたという訳です。このような考え方を「成熟創造論」(Mature Creation Theory)と言いますが、これによれば、先の命題への結論は明瞭。すなわち、「ニワトリが先」ということになります。仮に卵が先だったら、誰がその卵を温めるのか、ということになります。※ちなみに、この立場が必ずしもキリスト教の立場を代表している訳ではりません。「ニワトリが先か、卵が先か?」。さて、あなたはどちらが先だと思いますか?(回答者:宗教主事)

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム「私と学園」アーカイブはこちら

チャペルの意義

本学におけるチャペル礼拝は、「祈り」の場であり、「聖書」のメッセージに耳を傾け、その問いかけを聴く大切な時です。これらのことを通して、人間を超えた《真理》への畏敬をもって、静かに自分自身を見つめる思索の場、内省の時を持ちたいものです。
「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネによる福音書8章32節)

本学チャペルにおいては、具体的に、共に讃美歌を歌い、聖書を読み、祈りつつ、奨励に耳を傾けます。

 

 

お問い合わせ:茨城キリスト教学園キリスト教センター

〒319-1295茨城県日立市大みか町6-11-1 TEL 0294-52-3215 FAX 0294-53-9120 E-Mail kiara@icc.ac.jp

フッタ

Copyright(C) Ibaraki Christian University All Rights Reserved.