茨城キリスト教学園宗教センター

ホーム > 茨城キリスト教学園宗教センター

 

Chapel チャペル  受ける愛

2016年度のチャペル テーマは「~自由~ 」

聖句「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」

ヨハネによる福音書8章32節

 

火曜(5/24)

水曜(5/25)

木曜(5/26)

12:00-12:30

細川知正理事長

「“自由”に感謝 “愛”の優先」

12:00-12:30

プレイズ・チャペル

リエゾン・オフィス

(ジョエル&ヒロ&学生)

12:00-12:30

齋藤一男監督

「“弱さ”を通して“希望”を表現する 」

12:40-14:45

映画「かがみ」上映

火曜(5/31)

水曜(6/1)

木曜(6/2)

12:00-12:30

佐藤恵一牧師

兄弟団日立教会

「幸せな人」

 

12:00-12:30

プレイズ・チャペル

リエゾン・オフィス

(ジョエル&ヒロ&学生)

12:00-12:30

唐戸信嘉先生

文学部教員

火曜(6/7)

水曜(6/8)

木曜(6/9)

12:00-12:30

アンネのバラ・チャペル

 

12:00-12:30

原口なおみ先生

文学部教員

12:00-12:30

加倉井義忠先生

中高聖書科教員

2015年度のチャペルスピーカーリストは こちら(一番下に過去年度のリストのリンクがあります)

 

祈りの時 ~平日14時45分よりキアラ館にて実施中~

当センターでは2011年3月22日(火)より、被災時間を覚えて、PM2:45頃~5分程度、被災者のための<祈りの時>を持っています。 キアラの鐘を鳴らして、祈りの時をキャンパス内にお知らせします。 「○○のために祈って欲しい」など、祈りに関するリクエストがありましたら、当センターアドレスkiara@icc.ac.jpまでご連絡ください。

日時:毎週月~金 14:45-15:00 15分間程度

場所:キアラ館1Fアリーナ、または事務室

 

チャペルの意義

本学におけるチャペル礼拝は、「祈り」の場であり、「聖書」のメッセージに耳を傾け、その問いかけを聴く大切な時です。これらのことを通して、人間を超えた《真理》への畏敬をもって、静かに自分自身を見つめる思索の場、内省の時を持ちたいものです。
「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネによる福音書8章32節)

本学チャペルにおいては、具体的に、共に讃美歌を歌い、聖書を読み、祈りつつ、奨励に耳を傾けます。

 

2016年度コラム <キリスト教用語の基礎知識③ "教会"> 

 

  教会とは何か?辞書を引いてみますと「①信仰を同じくする人の共同体。主としてキリスト教で用いる語で、他の宗教でも用いる場合がある。②教会堂に同じ。」(広辞苑・第五版)などと説明されています。
新約聖書に112回登場する「教会」という言葉は、原語のギリシア語では"エクレシア"であり、その直訳は「呼び出された者たち」です。それゆえ、第一義的には、教会とは、キリスト者(クリスチャン)の集まりであり、集会であるということになります。建物としての教会は、厳密には「教会堂」であり、建物自体を「教会」と呼ぶのはあくまでも二次的な呼び方です。ですから、仮に建物としての教会堂が存在しなくても、キリスト者が複数集まり、そこで礼拝をささげているのであれば、それは立派な「教会」ということになるのです。
ところで、「教会」は、元来、イエス・キリストの遺志を受け継いだ弟子たちに聖霊(神の霊)が働くことによって誕生したと聖書に記されておりますが、現在は、大きく分けて、①カトリック教会、②東方教会(ギリシア正教会など)、③プロテスタント諸教会の三つの流れがあります。
今年度は、チャペル週報に、そんな「教会」の案内を掲載していますので、ぜひ、一度、お近くの「教会」を訪れてみて下さい。また、「教会」についてご質問のある方は、お気軽にキリスト教センターへお越し下さい。

 (学園宗教主事)

2016コラムインデックスはこちら

 

お問い合わせ:茨城キリスト教学園キリスト教センター

〒319-1295茨城県日立市大みか町6-11-1 TEL 0294-52-3215 FAX 0294-53-9120 E-Mail kiara@icc.ac.jp

フッタ

Copyright(C) Ibaraki Christian University All Rights Reserved.